*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の勤めていたスーパーでの出来事
私の母は、私が小学校へ入学するのとほぼ同時に近所の食品スーパーで働き始めました。そのスーパーは自宅から徒歩で10分ほどの場所にあり、私の通っていた小学校の通学路にあったので、母に用がある時は学校帰りにスーパーに寄って母に会ったりしていました。

私が生まれ育ったところは東北地方のど田舎。母の勤めるスーパーはその地域では貴重な大きいスーパーでした。(今思えば、規模で言うと小さい方だと思います)この地域で「●●●(スーパーの名前)」といえば、誰もが知っている有名なスーパーで、そのスーパーで自分の母が働いているというのは、子供なりに自慢だったのを憶えています。

母は、そのスーパーで精肉部門を1人で担当していたのですが、私が行くと、一般客は入れない精肉部門の裏側の部屋へ入れてくれました。そういう特別な気分を味わえるのも嬉しかったですね(笑)母は、白衣にエプロン、白い長靴、頭には白い三角巾という服装で、ブロックになった肉をノコギリみたいな器械でスライスしたり、切った肉を計量して値段と商品名の書かれたラベルを印字して貼りながらパック詰めをしたりと、きびきびと働いていて、家で見る母親の姿とはまた違い、いつも圧倒されていました。

母は時々、私にもパック詰めの作業をやらせてくれました。トレイに大きなラップを張り、トレイを動かしながらラップを適度な大きさに切り、あまったラップをトレイの裏側に寄せ集めて、熱くなっている鉄板の上に軽く乗せて圧着し、ラップが剥がれないようにしていく作業です。これが意外とコツがいるんです。母はその作業を1パック作るのにほんの数秒(4秒ぐらい)で行っていましたが、私は1分ぐらいは掛かってしまうので、大抵はぐちゃぐちゃになってしまい、母がやり直してくれたりしていました。ある意味、私は母の勤めていたスーパーで貴重な社会勉強をしていたんですね。

スーパーの精肉部門は鮮魚部門と並んでいて、精肉と鮮魚担当の従業員の休憩場は鮮魚売場の裏側で同じ場所だったんですが、私は図々しくも、母と一緒に従業員の休憩場所でくつろいだりしていました(笑)鮮魚部門で働いていたのは、私の姉の同級生のお母さんや、70歳ぐらいのおばあさんだったりしたので、私のことをかわいがってくれ、とても居心地が良かったのを憶えています。暑さで変形したまま固まってしまい、売れ物にならなくなったアイスクリームとかをおやつとして私に出してくれたりして、すごく嬉しかったですね。

学校では受け入れられない私をここでは受け入れてくれる。
ここの人達は、私の存在を認めてくれている。


そんな感覚が子供ながらにあったように思います。でも。 そう楽しい時間は長くは続かないものですね。

ある日、またいつものように母のいるスーパーへ遊びに行きました。その時も、鮮魚部門のおばあさんになんか頂いて食べたような気がします。休憩が終わった後、私は母と一緒に精肉部門の部屋へ戻ったのですが、部屋に戻るなり母が私に、小さいながらも強い口調でこう言いました。

「挨拶もできないなら、もうここへ来るな!」

私にとってスーパーの裏側は小学校にいる時の数倍居心地の良い場所でした。けれども家ではなかったため、私は笑顔こそ学校よりは多かったのですが、母以外とは話せず、他の従業員の方とは首振りか笑顔のみの対応をしていたのでした。

母にとっては、そういう私の姿を目の当たりにするたびにショックだったのかもしれません。人並みに挨拶もできない我が娘の姿に、ずっと恥ずかしさや憤りを感じていたのでしょう。母を始め周りの方々は、私がどういう状態にあるのか知り得ないのですから。見たままで判断され、批判されても当然だと思いました。

母に言われた後、私はどうしたのかな。憶えていないのですが、そのまま家に帰ったような気がします。そうしてその後は、頻繁にスーパーへは行かなくなったのでした。いや、正確には行けなくなったんですね。そういう場所で話せないことを自分が一番良く知っていましたから。母に言われたからといって、すぐに話しだせるような単純なことではありませんでした。でも、もし許されたなら、あと半年ぐらいスーパーの裏側に通うことが出来たら、もしかしたら少しずつおばあさんとも会話できるような気もしたのですが。。。

緘黙の経験者だったら、もしかしたら誰でも経験のあることなのかもしれません。緘黙ゆえに自分自身の居場所を失ったり、好きなことを諦めなければならなかった経験。

人間というものは、こんなにも「言葉」によるコミュニケーションを重要視していること。「言葉」は、コミュニケーション手段の大半を占めていること。そういうことを、このことで身に染みて感じたように思います。

「挨拶ぐらいしろよ」「挨拶もできないのか」なんていう表現があります。挨拶は人間関係の基本、第一歩と言われます。挨拶が出来ない人は、人間関係を拒否していると思われるのでしょうか。逆に、挨拶さえ出来ていればある程度は許されてしまうのでしょうか。

挨拶ができなかったとしても、始まる人間関係もあるんじゃないか。ある程度関係を築いたからこそ言える、そういう挨拶もあるんじゃないか。なんて、私は思ったりもします。小さい子供が、いつの間にか知らない子と一緒に仲良く遊んでいるように、気持ちが通じさえすれば始まる関係だってきっとあるんですよね。

けれど、大人はいきなり知らない人と一緒に遊んだりはしませんよね。(たまにはいるかもしれませんが)子供にだけ通用する人間関係の築き方があるように思います。大人になるにつれ、そういう選択肢が減っていくように思います。だからこそ、緘黙症は歳を重ねるにつれ改善されにくくなるのかなと思います。

(2008年1月 微妙に追記・修正を加えました)



テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

喋れないといろいろな事を諦めてしまわなければいけなくなりますよねhttp://blog43.fc2.com/image/icon/i/F997.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">子供ながらに自ら選択肢を減らしたり、減らされたり。喋るってことは人間関係において必要不可欠なものだから、それが出来ないと人の側にいられなくなって、結局一人でいることが当たり前になる。でも寂しい気持ちってなかなか飼い馴らせないものですよねhttp://blog43.fc2.com/image/icon/i/F9C7.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">私はこれでいいんだなんて割り切れない。あたしも自らいろんな選択肢を捨て、狭い窮屈な日々を送ってきたかな。
●かんこ★さんへ

こんにちは~。コメントありがとうございます。
かんこ★さんもやっぱり似たような思い・経験があるのですね。
私は大人になった今でも、やっぱり後遺症があるせいで話しかけたりできず、
大勢の場所で一人きりになることが多いですね。
そしてまた、その孤独感・寂しさに慣れないのも昔と同じ。

どうせ同じ1人でいるのなら、堂々と凛とした気持ちで1人でいたいものだといつも思います。

「自分らしさ」というものを確立している人は、例え1人でいたとしても
端から見てとても格好いいと感じますよね。周りからも「寂しそう」と思われるのは
自分的にもすごくストレスの対象となったりします。。。

話がまとまりませんが、この辺で終わります(笑)
はじめまして
はじめまして。
つい先週初めて緘黙という言葉を知り、このサイトにたどり着きました。
幼い頃しゃべれなかったことを恥じてましたが、
ちゃんとした病名があり、そして同じような人がいるということに、ひどく安堵しました。
私だけが変じゃなかったんだなぁ、と。
今でもまだ結構しゃべれないんですけどね。

うちにも子供がいます。
まだ1歳なんですが、
これから自分と同じようになったらイヤだなぁと時々考えたりします。
緘黙の子は緘黙になっちゃうんでしょうかね('∇';)
るいさんのところはどうですか?
でももしなったとしても、ちゃんと理解してあげたいです。
自分の母には、るいさんと同じように、まったく理解されなかったですしね。

あとママ友とのトラブルとか、幼稚園でのことももし良ければいつか書いてくれると嬉しいです!
(全部見てないので、もしもう書いてたらごめんなさい)

それでは、また読みにきます。
●りるさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます♪

緘黙という言葉を知った時は、私もそうですが、みなさんびっくりしますよね。
「人見知りが激しい人」じゃなくて、ちゃんと症名があったという事実。
そして自分だけじゃなかったってことがわかっただけでも全然違うと思います。

りるさんにもお子さんがいらっしゃるんですね。
緘黙は遺伝するかどうかはわかりませんが、性格的な要素が大きいのであれば、
遺伝するとも言えるかもしれませんね。
うちの息子は現在園児ですが、やっぱり随所随所に
「緘黙かも!?」と思われる行動が現れています。
大勢の場所が苦手だったり、慣れない場所で動けなかったり。
そういう行動が見られる度に、私としては申し訳なく思います。
自分に似ちゃったなあ・・・って。

でも、りるさんも書いておられるように、親が緘黙経験者なので、
子供に対しての理解・対応は他の方よりも色々と出来ると思うんですよね。
子供に負担の掛からない方法で、子供らしさを少しずつ発揮できるようにと
常に努めています。言葉通りにすんなりとはいきませんけどね(笑)

ママ友のトラブルの話は、日記ブログに書いていたのですが、
思い出して考えて書いてると気分が滅入ってくるので書かなくなりました。
それに、あまり詳しく書いてると、個人を特定される可能性も出てきますし。

息子の幼稚園の話は、徐々に書いて良く予定です。お楽しみに?(笑)
りるさんもブログをお持ちなんですね。今度遊びに伺いますね^^
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。