*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
海外最新の緘黙児指導書の翻訳書出版決定!!
【日本へ最新の緘黙症治療法をもたらす会(緘黙の会)】からのお知らせです。

海外最新の緘黙児指導書の翻訳書の出版が決定しました


Helping Your Child With Selective Mutism: Practical Steps to Overcome a Fear of Speaking
Helping Your Child With Selective Mutism: Practical Steps to Overcome a Fear of SpeakingAngela E., Ph.D. Mcholm Charles E., Ph.D. Cunningham Melanie K. Vanier

New Harbinger Pubns Inc 2005-08
売り上げランキング : 78613


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※↑は、原作本になります。

(タイトル)Helping Your Child with Selective Mutism
(日本語題名は未定)

(発売予定) 5月末ごろ

(予定価格) 1995円 (税込)

(ページ数) 約200頁 

(目  次)

 1.場面緘黙とは
 2.場面緘黙はなぜおこるのか
 3.専門家はどうやってあなたの子どもを助けるのか
 4.介入プログラムの基本原理とは何か
 5.支援チームを結成する
 6.介入ではまず最初になにをするのか
 7.会話力レベルの階段の作成
 8.会話練習のための学校訪問を計画する
 9.子どもを取り巻く社会の輪を拡げる
10.お子さんの進歩を維持し、学校での成功を確実にする
11.克服の経過に影響を与える要因:ピーターのケースを再考する
12.学校生活の変化や新学年に備える

--*--*--*--*--

本書は欧米で発達した最新の緘黙児指導法を保護者や学校の先生向けに
分かりやすく解説した指導マニュアルです。

原書は、カナダのマックマスター大学附属小児科病院「場面緘黙症科」のスタッフ、
文字通り場面緘黙症の専門家が著したものです。(2005年8月発行)

保護者や学校の先生が支援チームを組んで緘黙症のお子さんの指導を
行うためのノウハウが凝縮された実践の書です。必ず役に立つことでしょう。

同書はカナダ以外の諸外国でも非常に高い評価を受けており、
たとえばスウェーデンより国として同書をスウェーデン語に翻訳したいと
要請まで受けているとのことです。 

現時点での本書についてのお問い合わせは全て、
緘黙の会HPのお問い合わせフォーム  
からメールでご送信ください。

その他、詳しいことは緘黙の会のHPをご覧下さい。






テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon