ぼけたらあかん長生きしなはれ

泣きごとに 人の陰口

ぐち言わず他人のことはほめなはれ


いつでもアホで居りなはれ

若い者には花もたせ 一歩さがっておることだ

いずれお世話になる身なら

いつも感謝を忘れずにどんな時でも へえおおきに


お金の欲は捨てなはれ

生きているうちにばらまいて 山ほど徳を積みなはれ


昔のことは忘れなはれ 自慢ばなしに

わしらの時はなんて 鼻もちならぬ忌言葉(いみことば)

わが子に孫に世間さま どなたからでも慕われる


ええ年寄りになりなはれ ボケたらあかん

そのために 何か一つの趣味もって

せいぜい長生きしなはれや



・・・*・・・*・・・*・・・*・・・


これは某お寺のチラシに載っていた文章で、
浄土宗のお寺らしいのですが、作者不詳。

以前、友人に教えていただいた文章なのですが、
気になったのでずっとメモしてありました。
この場を借りて書いておきます。

この文章を読んでると、なんだか肩の荷がおりるような気がします。
「ここの書いてることだけやっていれば、人生どうにかなるさ」
っていう気がしてくるのは私だけでしょうか。
余計な気苦労の多い私ですが、こんなふうに割り切れたら、
人生が楽しくなるだろうなって思います。


☆ブログランキングに参加しています。
 何か感じましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!




Secret