*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトボール部(縄跳びの巻)
さて、久しぶりの更新です。

ソフトボール部の思い出はもう少しあります。内容は大したことではありませんが、私の思い出の記憶をなるべく多くブログに残したいので、書かせてもらいますね。


ソフトボールのボールは、水で洗うことは出来ません。水で洗うとボールが堅くなってしまうんです。なので、タオル越しにボールに爪を立てて、ボールをこすりながら少しずつ汚れを取るんです。(主に親指の爪を使うんですが、かなり痛くなります。)

ある日のこと。部活動のために早めに部室へ集まった同期のメンバー達。私は部室内でボール磨きをしていたのですが、他のメンバーが部室の外で縄跳びをして遊ぶことにしたらしいのです。そこで、部室の中にいた私にも「一緒に縄跳びしない?」とお誘いがあったのですが、磨いていたボールが中途半端な出来だったので、私はボールをきれいに磨き上げたかったんですね。なので首を横に振り、縄跳びのお誘いをお断りしたのでした。

誘ってくれた同期の子は、何も言わずに部室の外に出て、他のメンバーと縄跳びで遊び始めたようでした。私がお誘いを断ったのは、それは決して同期の子に遠慮したとか、一緒に遊びたくないとかじゃなくて、純粋にボールを磨きたかっただけだったのですが、同期のメンバーからすれば、私が遠慮しているように見えたのでしょうか。少し経って、また私を誘いに来たのでした。どうしても一緒に縄跳びをやって欲しいみたいで、真剣な顔で誘ってくるので、さすがに今度はボール磨きを止めて縄跳びに参加したのでした。

今思えば・・・傍目から見れば、私が縄跳びに参加していないと、同期のメンバーが私を仲間はずれにしたと思われるということで、必死に私を誘ったのかな?なんて思ったり。私は自分のことだけで精一杯で気付きませんでしたが、同期のメンバーはかなり私の存在を気にしていたのかな?と思います。

縄跳びは、縄を回す係の子が2人、縄跳びを2本使って交互に回し、他の子がその中に1人ずつ入って跳んだのを憶えています。後からやって来た先輩達がその様子を見て、「すごい、すごい!」と言っていました。なんで急に縄跳びを始めたのかは不明ですけどね(笑)なんだか知らないけれど、未だに記憶に残っている出来事です。




テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

おぉ・・・
偶然ですね タイムリーな話です。
うちの長女のクラスの女の子達 その縄跳び 流行りらしいです。
2本使って 交互に飛ぶやつ・・・
長女は うれしいことに いつも 誘ってもらってるようです。
しかし 飛ぶことは できず 見学組らしいのです(笑)

2本を飛ぶなんて 考えただけでも 難しそうですね。
それが出来たなんて るいさん すごいです! (@_@)
思い出は記録に残して、鮮やかに
ソフトボールのお手入れって、親指が痛くなるほどだなんて大変なんですね。
それに、誘い方にも技がいるのかしら?なんて思いました。
どんな誘い方なら、自然で嬉しいのかなと。

私は誘うにも、未だに勇気が要りますが、断られた時に結構、凹む方で誘いたくても誘えなくて、結局、単独行動をしていました。
誘われても、相手を傷つけないように断るとか、誘って断られても「しょうがないや。」と上手に割り切れば、お互い後腐れなくていいのでしょうか?

思い出の記録も大切ですよね。書いておかないと忘れてしまうもの。
to.のひめさん
お返事が遅れてスミマセンv-421

今の小学生でも縄跳びが流行ったりするんですね~。
縄跳びはいたってシンプルでスモンね、今も昔も子供には人気なのかな。
たとえ跳べなくても誘ってもらえるなんて、娘さんの人徳ですね!

私も最初はとても躊躇しましたよ~。
けれど、他の子が跳んでいるのを見てたら、
コツがわかったのかな、なんとか入って跳ぶことは出来ました。
けど、そこから出るのが怖かったような記憶があります。

ゆっくり回してもらえれば、なんとか出来ると思いますよ♪
to.ゆきんこさん
ゆきんこさん、こんにちは~。

>それに、誘い方にも技がいるのかしら?なんて思いました。
>どんな誘い方なら、自然で嬉しいのかなと。


うーん、そうですね、いろんな誘い方が考えられる以上、
誘う相手によって言い方や諸々・・・ワザがいるのかもしれませんね。

私が記事に書いた今回の場合に限っては、私が断った理由を
言わなかった(言えなかった)ので、うまく気持ちが伝わらずに
何度も誘われるような事態になったのだと思います。
気持ちは言葉にしなくては正しく伝わらないことが多々ありますよね。

私も誘うのは苦手ですよ。
誰かをお誘いしたくても、(私が誘っちゃ迷惑かな?)とか、
(このタイミングで声を掛けたらビックリさせちゃうかな?)とか
そんなことばかり気になっちゃって、結局誘えずに終わるパターンがほとんどです。
昔から、気後れするんですよね。”私なんかが・・・”っていう気持ちが常にあります。

先日、親しくお付き合いさせていただいているママ友さんに、話の流れで、
「私、人を誘うのが苦手だから、なかなか誘えないんだよね」
と言ったところ、
「こんなにいろいろ話してるんだから、気軽に誘ってよお!」と言われてしまいました。
ママ友さんとは、かれこれ4年ぐらいの付き合いになるのに、
未だにこれですからね(笑)今さらながら、ママ友さん相手に、人付き合いの練習中です。

>思い出の記録も大切ですよね。書いておかないと忘れてしまうもの。

そう言っていただけると助かります。
こんな記事、読者の立場からすればおもしろくない記事でしょうね(笑)
けれど、私にとって見れば、数少ない人と関わった記録なんです。
緘黙体験談とはかけ離れた記事でも、なるべく思い出したら書き留めておこうと思っています。
内容がおもしろくなくても、お付き合い下さいね(笑)
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。