ここのところ、ソフトボール部のお話をずっと書いてきましたが、今回の記事で一区切り付けたいと思います。


夏休みに入り、それでも毎日のように部活動はありました。先輩方は部活動から卒業したのかな?その辺は憶えていないのだけど、夏休みに入ってからは、1,2年生だけでの部活動になっていました。

ある日。いつものように部活動のため部室へとやってきた私。後輩達はすでに練習道具(バットやボール、グローブなど)をグランドの練習場所に運んでいて、どうやら先輩待ちという様子でした。私はずっと同期の子がやってくるのを部室でまっていたのだけれど、練習時間になっても私以外の同期の子は1人も現れません。あれ?なんで??ドキドキしてくる私。部活動は、先輩の指示で全ての練習が進んでいきます。かけ声、号令などの指示は、先輩の中のキャプテンがやるのですが、キャプテンも練習に来ていない以上、このままでは唯一の先輩である私が、かけ声、号令などの指示を出しながら練習を進めなくてはなりません。

これは一 大 事 で す !!

だって、私は、授業以外の発言はできないのですから

さて、私はどうしたと思いますか??結局、部室内で1人悩んだあげく、後輩達が自主的にキャッチボールを始めたのを見届けると、部室からこっそりと逃げたのでした(笑)今考えても情けない話ですが・・・・同期の子達がなぜこの日だけ練習に来なかったのかは不明です。誰もこの日のことには触れないまま、月日は過ぎ去ったのでした。


ということで、中学のソフトボール部のお話は、今回にておしまい、ということにします。また思い出しましたら、その都度書きたいと思います。




Secret