*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトボール部(N先輩のこと)
ランキングのクリックを頂いているのに、更新が遅くてスミマセン。風邪もまだ完治してなくて・・・なるべく体を休めるようにしています。皆さんも風邪にはお気を付け下さいませませ。

では、またまた中学時代のソフトボール部でのお話です。

私が所属したソフトボール部には、もちろん先輩方も所属していました。その先輩の中に、私より1つ先輩のN先輩がいました。N先輩は、色黒で運動神経も良く、髪はショートカット、背もそれなりに高くて、ボーイッシュな感じ、そしてソフトボールのプレーもレベルが高く、打席は4番。だけど、イタズラなども好きで、すごくおもしろい先輩でした。私にとっては憧れみたいな存在だったように思います。

それはいつ頃からだったのかは憶えていないのですが・・・気が付けば、N先輩が私のことを気に掛けてくれるようになっていました。とは言っても、私にイタズラしてきたりというのがほとんどなのですが(笑)同級生の子達は、私が普段大人しいものだから遠慮してか、はたまた興味がないのか、私にちょっかいを出してくるということはほとんどなかったのですが、N先輩は違いました。どうやら見抜いたみたいなんです。私が本当はイタズラ好きな性格だということを。

体格がN先輩と私は同じぐらいだったせいか、キャッチボールの相手として指名されたり、2人一組の筋トレの相手もよくさせられました。そういえば、私が下になり先輩が上に座って背筋を鍛えている時に、私のお尻にパンチしてきたり(わざとなので、痛くはないですよ)、急に背後から「わーー!!」と驚かしに来たり、いろいろやられました。

部員だけで卒業する先輩達の送迎会をやった時にも、私の飲んでいたコップに別の種類のジュースをわざと入れられたりもしました(笑)どれもイタズラの範囲内で、私自身も楽しませてもらっていたので、どちらもおあいこ、といったところでしょうか。

私の通っていた中学では、先輩・後輩の区別が厳しかったのですが、N先輩をはじめ、ソフトボール部の先輩方は決して先輩ぶることもなく、おかげで私にとって部活動は楽しい場だったように思います。クラスの中では笑うことはなかったのですが、部活の時は笑えましたし。笑うといっても、声も出さず、歯も出さずに口元を(^-^)ニコっとするだけですが。N先輩には、私の笑い方を「入れ歯してるみたいだな~」なんて言われたこともありましたが(笑)

N先輩はソフトボール部の中では実力もあって、キャプテンも務めていたので、練習中にはとても厳しくもされました。その中で私が憶えている練習は、1人ずつN先輩のノックを近距離で受ける練習。私は飛んでくるボールが怖くて直視できず、常に逃げ腰だったので、なかなかボールを取れず、よく見ないでボールに手を出してしまい、手の指を2本、突き指したことがありました。でも、N先輩はあえて私に謝らずに、手加減せずに私の練習に付き合ってくれたのでした。優しくもしてくれ、厳しくもしてくれたN先輩には、本当に感謝しています。


ここからは、後日談になります。
実は私は、高校に進学してからもソフトボール部に入部しました。地元の高校だったので、中学で一緒だった人がほとんどそのまま同じ高校に進学していて、N先輩も同じ高校でした。

私はてっきり、N先輩は高校でもソフトボール部に入部しているだろうと思っていたのですが、N先輩は、別の部に入部していたのでした。高校でも中学の時の雰囲気のまま部活ができると思っていたので少しがっかりしたのですが、N先輩だけが目当てで入部したわけでもなかったので、そのままソフトボール部へと入部したのでした。

1つ上の先輩で、中学の時も同じソフトボール部だった先輩からは、「Nがいなくて、がっかりした?」と聞かれましたが、「NO」の意味で、首を横に振った記憶があります。高校の時には、緘黙症状もだいぶ和らいでいた私でしたが、この時は少し動揺していたのかな。自然に首振り動作が出てしまったのでした。

高校に進学してからはN先輩との接点が全く無くなってしまったと思っていたのですが、唯一、同じ高校に通っているという接点が残っていたんですよね。私もN先輩も自転車通学だったのですが、ある日、高校の校門に向かって自転車を押して歩いていると、私とは逆の向こう側からこっちへ向かってN先輩も自転車を押して歩いてくるのが見えました。久しぶりの対面に、私はとても動揺していました。

校門の近くで最接近したとき、自転車を押しながら挨拶しようかどうしようか迷っていると、校門をくぐる直前で、N先輩がぼそっと「おはよう」と言って私の前を通り過ぎたのでした。私も慌てて挨拶しようとしたのですが・・・時すでに遅し。すでに先輩はかなり先の方を歩いて行ってしまい、私の声は届かなかったのでした。

それが、N先輩と接触した最後になります。N先輩は高校を卒業後、地元で就職したような記憶が。私は私で高校卒業と共に上京してしまったので、再び会うことなく現在に至るのですが。。

クラスの同窓会には参加する勇気のない私ですが、当時のソフトボール部のメンバーには何らかの形でもう一度会ってみたいような気はします。今思い出しても、私は部活動では周りに恵まれていたんだなって思います。




テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

先輩・・・
私は 運動系は まったく ダメでしたので
文化系のクラブに入ってたのですが
やはり 先輩って 憧れました。

子供の時に限らず 夢中になれるものって 大切ですよね。
るいさんは ホントに ソフトボールが 好きだったんですね。
そして 楽しい場であった様子 伝わってきます。

風邪 流行ってるようです。
どうぞ 無理なさらずに 完治なさってから ゆっくり 更新してください  (*^_^*)
to.のひめさん
のひめさん、コメントありがとうございます♪

ソフトボールの練習はきつかったので、当時は
練習を休みたいな~といつも思っていたのですが、
こうして振り返ってみると、今では良き思い出となっています。
自分では感じていませんでしたが、のひめさんが仰るように、
本当はソフトボールが大好きだったのかもしれません。

N先輩との交流もあって、私の緘黙症状は
中学時代で和らいできたのかもしれません。
ずっと怖かった人との交流が楽しいと感じたのも
中学時代だったように思います。

風邪・・・息子はまだ鼻を垂らしてますが、
私の方はだいぶ良くなってきましたので、
マイペースに更新していきますね。
お心遣い、感謝いたします!
憧れの先輩
息子さん、その後体調はいかがですか?お大事にしてくださいね。
中学高校時代の憧れのN先輩って、るいさんにとってわかりあえる先輩後輩関係だったんですね~。
クラス仲間よりも共に汗したり、試合でチームワークや絆が
深まるクラブ活動って、勉強以上に大切かもしれませんね。
運動が得意なるいさんは、きっと息子さんともキャッチボールを楽しむ、カッコイイお母さんでしょうね。
私は運動音痴で、基本的に身体を動かすのも触れ合うのもダメなんですが、るいさんとブログで交流できるというだけで、十分楽しませてもらっています。
運動は苦手ですよ!
ゆきんこさん、おはようございます。

そうですね、共に同じ目標に向かって汗を流したり、
厳しい練習に耐えたり・・・ということもあって、
クラスメイトとは違う一体感があったのは確かだと思います。

でも言っておきますが、私は運動は苦手ですから!
ブログにも書きましたが、誘われなければ運動部に入部なんてしなかったと思います。

息子とキャッチボール・・・かあ。
旦那がボールを使うスポーツはことごとくダメなので
(・・・ということは、スポーツ全般がダメです(笑))、
私がキャッチボールのお相手をすることになりそうです。

体格が良いので、可愛いお母さんになれないぶん、
かっこいいお母さんを目指しますね(笑)
ごめんなさい
るいさん、ごめんなさい。ちゃんと読んでいない証拠ですね。
ことばのキャッチボールも難しいものです。
誘われなかったら、どうなってたんでしょう?
クラブは自分で選べるけど、クラスは選べないですね。
息子さんとキャッチボールできるお母さんなんて、
カッコイイですよ、やっぱり。





いえいえ。
私だってゆきんこさんのブログの記事をしっかり読めてるかどうか
怪しいですから、お互い様ですよ(笑)謝らないで下さいねv-32

誰からも誘われなければ、たぶん第一希望のブラスバンド部に
素直に入っていたかなって思います。
でも、現実にはソフトボール部に入部。
これも何かのご縁だったのかなって今では思います。
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。