ソフトボール部(交換日記の巻) 

2006, 10. 16 (Mon) 17:36

さて、しばしブログから離れていたので間隔があいてしまいましたが・・・またまた中学時代のソフトボール部での話です。

前回も書きましたが、私は中学でソフトボール部に入部しました。同期の子達は私を含め、合計6名。そのうち4名はお友達同士、私ともう1人の子は単独で入部しました。中学1年生の時の部活の様子はあまり憶えていません。おそらく、必死だったのでしょう(笑)

そして、中学2年生になった時だったと思います。いつものようにみんなでお弁当を食べている時、誰かが、「このメンバーで交換日記をやらない?」と言い出しました。「いいね~、やろう、やろう!」という感じのノリで、その場で交換日記をすることが決定されたのでした。交換日記のメンバーには、部員である私ももちろん含まれていました。どういう順番での交換だったのかは憶えていませんが、同期のメンバー6人での交換日記がスタートしたのでした。

内容としては、たわいもないことだったかな。部活の話題専用っていうわけでもなかったし、ごくごく普通のお友達同士でやるような交換日記でしたね。なんとなく始まったこの交換日記でしたが、私にとってはとても便利なものでした。口で話すことがほとんど出来ない私にとっては、文字による会話はとても理想的なみんなとのコミュニケーション・ツールだったんです。

優しく接してくれる部活の仲間だったからか、私は交換日記では思ったことなどいろんなことを書けたような記憶があります。私の日記を読んだメンバーからは、「へえ~、るいさんは日記だと普通なんだね。」と言われたのを憶えています。普段、一言も話さないので、きっと何も考えていない、何も感じない人だと思われていたのでしょうか(笑)

私が一体何を日記に書いていたかはほとんど記憶に残っていないのだけど、1つだけ憶えている内容があります。それは、私が部室にいる時に先輩の誰かが話していたことを日記に書いたのですが、他の同期の子達はたまたま部室にいなくて、私だけが部室にいたんですね。なので、なんとなく日記にその先輩達が話していたことを書いたのですが、その日記を読んだ同期の子が1人、「これって、私のことだよね?」と他の同期の子に確認したりしていて、私はその時まで気付かなかったのだけど、なんだかまずいことを書いちゃったのかなあ?と思ったりしたのでした。

先輩達は、私がほとんど言葉を発しないということを知っていたので、まさか同期の子に話すわけがないと思っていたのでしょうね。部室に私が残っていたのに気にすることなく会話していたんでしょう。しばらく続いた交換日記でしたが、半年ほどたった頃、同期の子が1人、交換日記を書くのが面倒だったらしくてずっとそこでストップしていたのですが、そのうち誰も交換日記のことは言わなくなって、いつの間にか消滅したのでした。

当時、自分がどんなことを書いていたのかもう一度交換日記を読んでみたい気もしますが、この時の同期の子達とは学校を卒業してからは全く接触がないので、もう一度日記を読むことは叶わぬことでしょう。今思えば、部活のメンバーで突然交換日記を始めたのは、緘黙児である私を思って、担任の先生の作戦だったのかも??なんて思ったり。いや、まさか???今となってはそれもまた謎となってしまいました。




コメント

ゆきんこ

やっぱり担任の先生の作戦ですか?

るいさん、体調はいかがですか?更新してるってことは回復されたのでしょうか。ソフトボールってかなり複雑で難しいチーム
プレーができないと、日頃の練習はもちろん、相手チームと勝負できませんよね。
担任の先生って、るいさんのチームプレーをよくご存知だったように思います。めんどうくさいようでも、書いて自分を表現できることは、大切だと思います。
その交換日記どうなったんでしょうか?
私も中学時代の交換日記を押入れにしまってあります。
クラブだと複数の交換になるので、楽しいけどなかなか廻ってこなくて結局、自然消滅になっちゃいました。

2006/10/16 (Mon) 21:16 | ゆきんこ | 編集 | 返信

のひめ

交換日記 楽しいですよね

私も 高校時代とか 社会人になっても 交換日記してました。
今でも そのメンバーとは お互い 『悪友』と 言いながら 一年に数回 会っています。

中学時代 るいさんにとって クラブ活動のソフトボールは 大きな支えだったのでしょうか?

ランキング 現在 3位でした。
こんなに素敵なHP きっと 近いうちに 1位ですね♪
応援しております (*^_^*)

2006/10/17 (Tue) 20:33 | のひめ | 編集 | 返信

るい

to.ゆきんこさん

お返事、遅れてしまいました。

風邪の方はまだまだしつこくて、未だに鼻水を垂らしていますが、
寝込むほどではないので、平常の生活を送っています。
お気遣いありがとうございます♪

私が所属していたソフトボール部は、レベル的には低い方でしたので、
そんなにルールを知らなくても参加してたっていう感じですね。
取り合えず、打ったり投げたり、後は走ればOKみたいな(笑)

交換日記のその後は、自然消滅、日記のノートは不明。
どこかに残っていたら、見てみたいんですけどね。

ゆきんこさんも交換日記の経験があるんですね。
当時の様子がわかる貴重な思い出ですよね~。
大人になると、なかなかやる機会がないのが残念です。
書くのが好きなので、手書きの手紙も結構好きだったりします。

2006/10/20 (Fri) 18:20 | るい | 編集 | 返信

るい

to.のひめさん

のひめさん、コメントありがとうございます~。
この頃、風邪引いたり子供の行事に振り回されたり、
バタバタしていて、お返事が遅れています。
(言い訳ですが・・・(笑))

社会人になっても交換日記をやってたんですね、羨ましい!
原始的なコミュニケーション手段ですけど、楽しいんですよね。
手書きの文字もまた新鮮で親しみがあるんですよね。

「悪友」って呼べる存在がいるって、とても羨ましいです。
学生時代の友人は遠方にいるので、なかなか会えず疎遠になってきていて、
寂しいこの頃です。でも、今お付き合いさせていただいてる
ママ友さんがいい人達なので、最近はママ友じゃなくて、
友人と呼べる存在に発展しつつあるかな。
大人になってからでも友人が出来ることもあるんですよね。
もしかしたら、学生時代より今が楽しい時期かもしれません。

>中学時代 るいさんにとって クラブ活動のソフトボールは 大きな支えだったのでしょうか?

そうですね、自分では気付きませんでしたが、そうだったのかもしれません。
中学時代は、いろんな出会いもあり、大きく変化した時代でもありました。
どんな出会いがあったのかは、今後ブログに書いて行く予定ですので、
お時間のある時に読んでいただけたらと思います。

ランキング、今見たら7位でした。
個人的には、50位以内に入れてもらってるだけでも感謝しています。
こんなおばさんの体験談でも、読んでくれている人がいると思うと、
嬉しいですね。今後もちょこちょこUPしていきますね。
応援ありがとうございます!

2006/10/20 (Fri) 18:33 | るい | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント