前回の記事「ソフトボール部」の続きになります。

小学校のクラスメイトに誘われるがままにソフトボール部に入部し、誘ってくれたクラスメイトには裏切られた私ですが、私はそのまま中学の3年間をソフトボール部員として過ごしました。私と同期で入部したのは、私を含め確か6人だったと思います。そのうち4人はお友達同士で入部し、もう1人の子と私は単独で入部という感じでした。

私は場面緘黙でしたので、学校ではほとんど言葉を発しませんでしたが、いじめを受けた経験(感覚?)がなく、部活でも特に先輩にいじめられたり、同期の子に仲間はずれにされるということもなく過ごしました。その点は、とても感謝しています。

部活動は、毎朝7時半頃にグランドに集まって朝練、それから放課後に集まって1時間半~2時間ぐらいやっていました。今思えば、ハードな日々でしたね(笑)

土曜日はお弁当を持参して、食べ終わってから13時頃から部活開始だったように思います。お弁当は当初、同期の子もばらばらに食べていたのですが、ある日、同期の子達の間で、”部活のみんなで一緒にお弁当を食べよう!”という話になり、その日から、毎週土曜日にはお弁当を同期のみんなで集まって一緒に食べるようになりました。私も毎回声を掛けられるので、みんなに混じって教室でお弁当を食べていました。緘黙児なので、特に会話するわけでもないですが、そういう集団の一員として参加できるっていうのは、私なりに嬉しいことでした。同期の子達は、本当に優しい子ばっかりだったんですよね。

そんな日が続いたある日の土曜日。他の部活の子がお弁当を食べ始めたりしているのですが、しばらく待っても私は同じ部活の子にお弁当に誘われなかったことがありました。誘ってこないということは、私は1人でどこかでお弁当を食べなけれと思い、自分なりに考えた結果、誰もいない部室でお弁当を食べることにしたのでした。同期の子に誘われなかった以上、教室でお弁当を食べてはいけないと思ったんです。

部室は、校舎から少し離れたグランドの片隅に建っている平屋のコンクリートなのですが、その薄暗くて狭くてホコリっぽい部室に1人でこもり、入り口には鍵を掛けて1人で黙々とお弁当を食べていました。もう少しで食べ終わるっていうあたりで、突然ガラッと部室の窓が開きました。窓から覗き込んできたのは、同期の女の子1人。私と目があった途端、「いた!いたよ~!!」と外に向かって叫んで、それからまたすぐにいなくなったのでした。私はそこで初めて察したのでした。同期の部員達が、私のことを捜していたことを。あえて今回、お弁当の誘いをしなかったのは、もう毎回のことなので誘わなくてもわかっているだろう、誘わなくても集まってくるだろうって思っていたようなんです。でも私は、誘われなかったのは本当はきっと迷惑だったんだろうと思いこみ、今回のような行動に出てしまったわけなのですが。。。

お弁当を食べずに私のことを捜し回ってくれた同期の子達には、本当に申し訳なく思ったのですが、「ごめんなさい」と謝ることも出来ず、そのまま黙って過ごしてしまったのでした。その日の部活動も、同期の子達は何事もなかったように私と接してくれ、とても感謝したのを憶えています。

当時はなぜか、どんなに優しくされても相手になかなか心を開くことが出来ず、学校内の誰に対してもどこにいても常に緊張していて、自分が相手に迷惑を掛けているんじゃないかという意識が常に付きまとい、出来るだけ誰からも離れるようとする傾向があったように思います。人に近づこうとしないから、相手の気持ちがわからない。相手の気持ちがわからないから、怖い。怖いから、みんなから距離を置きたい。そんな悪循環があったのかなって思います。声を掛けてもらえたり、誘ってもらえれば自分から近寄れるんですけど、そういうきっかけがない時は自分がそこにいて良いのか悪いのかの判断が付かないんです。あ、でも、それは今もあまり変わっていないかな。「ここにいちゃ迷惑かな」って思い、近づけなかったり、声を掛けられないってことは未だによくあります。息子の幼稚園の送迎の際の、ママさんだけが集まっている場所って、自分の居場所が無いので正直怖いです。お友達のママさんがいれば、そこには行けるんですけどね。

大人になっても昔と変わっていないところに、この記事を書いていて気付きました。私の感覚で、”ちょっと図々しいぐらい”が、周りにとっては普通なのかもしれませんね。”普通”っていう定義もちょっと微妙なんですけどね



Secret