私が中学1年生だった時の話です。

授業中、急に体調が悪くなり、なんだか吐き気を感じたりしてずっとうつむいた状態で授業を受けていた時がありました。体調が悪くても自分からは言えないというのが、緘黙児の一番の辛いところですよね・・・。

その時の授業は、担任の女の先生だったのですが、私の体調が悪いだなんて全く気付く様子もなく、淡々と授業は進行していきます。私はその時、一番後ろの席だったのですが、私のいる列の誰かが授業中にノートに落書きしていたとかで、先生が、「後ろの席の人、みんなのノートを回収して来て!」と言い出しました。私は体調が悪かったので(動けないよ)という意味で、「え?」という
表情で顔を上げたのですが、先生は私がノートを回収するのをためらっているだけだと思ったらしくて、「いいの、いいの、回収してきて!」と言うので、私は気力を振り絞り、ふらふらしながら立ち上がって、列の人のノートを回収して先生の机へ持っていったのですが、私が近くまで行っても先生は私の様子に気付くことなく、そのまま授業は終了したのでした。

私はもう、気持ち悪いし、体はだるいし、授業終了と共に机に突っ伏したのでした。クラスに友達がいないっていうのは、こういう時とても辛いですよね。机に突っ伏してから5分ぐらい経ったでしょうか。私のすぐ近くで、 「大丈夫?」 という男の子の声がしました。ぼ~っとしながら顔を上げてみると、同じクラスの男の子が1人、少し遠巻きでしたが、私に声を掛けてくれました。私は、とっさに「大丈夫」の意味で、首を縦に振ったところ、男の子は、何も言わずその場から立ち去ったのでした。

その後、どういう成り行きだったのかは忘れたのですが、私は保健室へ行き、保健室で1時間ぐらい休んだのかな。保健室の先生が私の容態を書いた紙を私に持たせ、「これ、担任の先生に渡してね」と言われたので、体調が快復して教室へ戻った時に、担任の先生に紙を渡したのははっきり覚えています。担任の先生は受け取った紙を見ていましたが、特に何も言わなかったですね。私も紙を渡すとそそくさと席に戻ったのでした。体調不良に気付いてくれなかった先生への軽い怒り/span>と共に。でも、いつも無表情の子が体調を崩したかどうかなんて、先生が気付くには至難の業だとは思います。一人一人のことをずっと観察しているわけじゃないし・・・

そんな中、私に声を掛けてくれた男の子には、本当に感謝しています。声を掛けてもらえたから、勇気を出して保健室へ行くことが出来たように思います。今思えば、あの男の子は私と違う小学校から来た子で、私に対する偏見がなかったから声を掛けてくれたんだろうなって思います。同じ小学校から来た子は、私はいつもあんな感じだと思っているから、誰も気にする様子はなかったので・・・。

緘黙児は辛い時も多々あるけれど、逆に人の優しさを感じる時も多々あるように思います。無言の私に話しかけてくれる子って、みんな根が優しい子だったもの。ほんの少しでも優しさを感じることが出来たから、私は登校拒否にはならずにすんだのかもしれません。でも今思うと、せっかく心配して声を掛けてきてくれた子がいたのに、素直に首を横に振って「大丈夫じゃない」ってアピールできなかったのは残念だったなって思います。

バリバリの緘黙児だったこの頃の自分は、友達がいない、周りからも孤立してるっていう自覚もしっかりあるだけに、周りに頼れない、1人で何とかしなきゃって決めているようなところがあって、周りに頼ることにすごく抵抗があったし、自分から避けているところがあるのに周りから避けられてると思っていて、近づいてきた人をとりあえず拒絶してしまう傾向が強かったな、と思います。当時の私に言ってやりたい。もっと気楽にしていいんだよ。もっと人を信用していいんだよ、もっと周りに頼ってもいいんだよって。なぜだかわからないけれど、当時は学校にいる人達全員を警戒して怯えていたような感じでした。だから小さな優しさになかなか応えられなかったんだね。大人になった今だからわかることってたくさんありますね。




Secret