*All archives* |  *Admin*

2017/10
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
『忘れないよ!ヴェトナム』
前に読んだ本で、こちらにUPしようと思ってずっと忘れていました。今思い出したので、忘れないうちにご紹介しますね。

忘れないよ!ヴェトナム (幻冬舎文庫)
忘れないよ!ヴェトナム (幻冬舎文庫)田口 ランディ

幻冬舎 2001-04
売り上げランキング : 759322


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、田口ランディさんの処女作になります。

内容としては、田口さんが1ヶ月もの間、ヴェトナムに滞在し、自分の足でヴェトナム中を駆け回った旅行記、ということになります。田口さんはヴェトナム旅行中に実にたくさんの人々と巡り会います。それは日本人だったり、イギリス人だったり、タイ人だったり、人種もさまざま。そういう人との出会いの記録もまた、この本の魅力の1つだと思います。

さて、ここまで読んで、「なんだ、緘黙症と関係ない本じゃないか」とお思いの方もいるかと思いますが、ちょっとだけ緘黙症の話も出て来るんです。

田口さんが旅行中に出会った人達の中に、滝沢さんという小学校の先生が出てくるのですが、この先生が受け持っているクラスの中に場面緘黙(本書の中では、”場面寡黙”との表記になっていますが)の子供がいるとのことで、ページにして、3~4ページほどですが、緘黙に関しての田口さんと先生とのやり取りが書かれています。

その中の先生の発言は、教師としての本音の部分だろうなと思われるので、この場を借りて抜粋して紹介したいと思います。

------------

「どうしてやったらいいもんかなあ、ってずうっと悩んでたんだ。小学校の教師って、そういう情緒障害児の教育について特別な指導なんて受けてないし、実際、よくわからないんだ。どうやって接したらいいのか。何をしてやったらいいのか。うちの学校は1年ごとに担任が替わっていくから、何もしてやれないまま、もう次の先生に引き渡すことになる。今、5年生なんだけど、そうやって、あいつは、みんなから遅れたまま、中学まで行ってしまうのかもしれない」

------------

実はこの会話の後、滝沢さん自身が、ヴェトナム旅行中の自分の様子を「場面寡黙だった」と認める発言があったりしますが、それは、この本をまだ読んだことのない方のために、秘密にしておきますね。


一応、緘黙のことを取り上げている書物ということで、こちらで紹介させていただきました。ヴェトナムのことが田口さんの視点で書かれていて、普通に読んでいて楽しい本です。



テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

性懲りもなく口コミします。
絵本のご紹介ありがとうございました。
以前からお勧めの「トビラノムコウ」も市の図書館にリクエストして拝読しました。その方が多くの市民の目に触れる機会も
増えるんじゃないかと思ったんです。
絵本は幼児さんから成人まで易しく気軽に読んでもらえるのがいいですよね。
また読む機会があったら改めて感想文を書かせてもらいます。
情緒障碍児のための専門的な先生の存在は重要だと思います。私は大学院で特別支援教育の専門コースから逸れてしまいましたが、10月に後期授業が始まったら、機会を見つけて話題提供したいと思いました。
るいさんを初め、緘黙の方々との出会いを現実の中でどのように応用して行くべきか私もまだまだ答えが出せません。
ですが、直接会うことが難しいからこそブログでの交流を大切にして、漸進したいと思います。
こんにちは(^^♪
ご無沙汰です~^^;
絵本に出てくる先生は、とてもまじめな優しい方ですね。
るいさんのお話しを聞いてると、程度の差はあるようですが、緘黙症って実は意外と多いのではないかと感じます。
そして、緘黙症の方はまじめで、物事を真正面から受け止めてしまうような気がします。
性格っていうんでしょうか。そういう性格の人なんだよという認識で広く知ってほしいな~と思いました。
to.ゆきんこさん
いつも書き込みありがとうございます♪

今回紹介したこの本、表紙の絵が紛らわしいですが
絵本ではないんです。普通の文庫本になりますi-229

メインはヴェトナム旅行記になりますが、緘黙のことが話題になっていたので、
ついついこの場を借りて紹介してしまいました。
感想文なんて夏休みの宿題は出しませんので、
気が向いた時にでも読んでいただけたらと思います。

>情緒障碍児のための専門的な先生の存在は重要だと思います。

そうですね、私もそう思います。
各学校にそういう分野の専門的な先生が常駐して欲しいぐらいです。

緘黙の経験を持ちながら大人になってしまった私が、
何をどうできるのかわかりませんが、似たような経験を持っている人達、
また、緘黙を身近に感じている方々との交流を通じて、
何かを感じたり、何かのきっかけになれば、いいかなとは思っています。

今はブログという媒体があって、情報も発信しやすいですし、
積み重なれば、なんとやら、大きな岩も動くかもわかりませんし、
お互い、地道にやっていけたらいいですね!
to.レディバさん
こちらこそ、ご無沙汰してます!
書き込み、ありがとうございます♪

ゆきんこさんのレスにも書きましたが、私が紹介した本は
「絵本」ではなく、普通の文庫本になりますので、
ややこしくてスミマセンv-421

>緘黙症って実は意外と多いのではないかと感じます。
そして、緘黙症の方はまじめで、物事を真正面から受け止めてしまうような気がします。

そうですね、緘黙児だった自分が言うのも何ですが、
緘黙の人ってまじめで、律儀で、良心的な人が多いと思います。

実は最近、自分がHSPでもあることも確信しまして、
今現在、HSPの本をメモしながら読んでいることです。
HSPとは、「とても敏感な人」という英語の頭文字から来ている言葉です。
HSPであるということは、神経症的とは区別されるもので、
多くの人が勘違いされているようです。
私自身もこの本を読んでいて、ハッとさせられています。
緘黙症状とかなりだぶる部分もあり、緘黙児にはHSPの人が
多いのではないかと思い、個人的に関心を寄せています。

おいおい、このブログでも取り上げる予定ですので、
本を読み終えるまでお待ち下さいね^^
るいさん、お久しぶりです千里山猫月です。
入院してもう3週間が過ぎてしまいました。心の状態は落ち着いて楽になりましたが、まだ中途覚醒が収まる気配を見せません。
でも、毎週末自宅での外泊が許可されたので、こうしてコメ下記にこれて嬉しいです。
久しぶりに更新しましたので、お暇がありましたらお立ち寄りくださいね♪
to.千里山猫月さん
千里山猫月さん、お久しぶりです!
貴重な外泊時にわざわざコメントをいただき、ありがとうございます。

中途錯覚というものがどのようなものなのかわからないのですが、焦らずゆっくりと・・・ご自身のペースで過ごせますように。

更新されたんですね。時間見つけて伺いますね!
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 10/13:るい

  • 10/06:小林 一弘

  • 10/06:るい

  • 10/03:小林 一弘

  • 07/13:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon