*All archives* |  *Admin*

2017/10
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
”将来”を考えた時のこと
たぶん12~13歳の頃だったと思います。

成長するにつれ、自分の将来のことを気にするようになりました。学校を卒業したら自分は何をやるのか?何をやりたいのか?いろいろ考えてもこれといって思いつかないし、けど目標は欲しいなあ・・・という時期がありました。

そんなある日、母親に「私は何になったらいいと思う?」と聞いてみたんですね。たぶん母はその時、とても忙しかったのでしょう。「え?(当時飼っていた)犬にでも聞いてみれば?」と言われたのでした。まじめな気持ちで質問しただけに、とてもがっかりしたのでした。

それから約半年後、仕事でずっと家を空けていた父が久しぶりに帰ってきていた時、父から「るいは将来、何になるつもりだ?」と聞かれた時がありました。私は以前、母に将来の質問した時以降、将来のことに関してまじめに考えることから少し逃げていた時期だったこともあり、その場しのぎに、「そうだね~、総理大臣にでもなろうかな♪」とふざけて答えたのでした。途端に父の顔が曇り、こう言いました。

「オレが子供の頃、親父に『将来何になったらいい?』と聞いた時に、親父が適当に『総理大臣にでもなれ』って言ってなあ。」

私はその時、知ったのでした。父はとてもまじめな気持ちで私に質問をしてくれていたことを。それから父親自身、子供の頃に私と同じように親に将来の質問をしてはぐらかされた経験があること。そして、”総理大臣”という言葉。それは父にとって、子供の頃の嫌な経験を思い出す、まさに”キーワード”だったのでした。

私は母親から受けた悶々とした気持ちを、偶然同じ質問をしてきた父親にぶつけてしまっただけなんですよね。今思うと、自分が本当に子供だったなあ・・・と感じ、反省しています。こういう経験があるので、私は自分の子供にはどんな質問にでもまじめに答えるように努めています。自分の子供に同じ思いをさせないように。親子3代で嫌な思いはしないように、ね。




テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

  親も子も、そのまた先祖も、皆同じ遺伝子を引き継いで、同じような行動に出て、同じ悩み苦しみを味わうんですね。
 私は忘れっぽい性格で、たいていな嫌な事は忘れてしまえるんですけど、子供に同じ嫌な思いはさせないように今後心がけたいです。

 どこかで、嫌な思いの鎖は断ち切らなきゃね。了解です。v-217
to.小林さん
無意識のうちに祖父と同じ言葉を発してしまった私ですが、
こういうのもやっぱり遺伝なんでしょうか。
似たような性格、顔つき、体質、そういったものが
代々受け継がれるとなると、当然とは思いながらも
ちょっと怖いような気もしてきます。
良い連鎖ならいいのですが、悪い連鎖は避けたいものですよね。

うーん、なんだか考えさせられます。
あっ!!言い忘れましたけど、良い連鎖ってもちろんありますよね。そちらももちろん大切にしなきゃ!これから思い出す事があったら、また報告しますね。
ABA的に(?)コメントします。
今回の総裁選興味津々です!
私は近頃、政治と自分の卑近な生活はそんなに乖離していないと感じています。小泉首相の諸々の政策に、福祉の世界にあった自らの人生は随分踊らされたものだと振り返っています。
行動の連鎖というのは、(またるいさんのブログでウンチク言ってます)行動分析学的にも実証されていて、虐待などはその典型例といえます。しかし、ことばを有する我々は、その時代、その瞬間に工夫とアイデアを凝らしたり、意見交換によって善処していける力をもっていると、信じています。

余談ですが、遺伝研究っていうのも心理学会では、100年以上も論争が続いています。
私も親族の中で誰に似ていたんだろう?と思います。認知症の老親が成人した子どもに向かって自分の親の面影を偲ぶことがあって、なんだか胸キュンになったりしませんか。
to.小林さん
わざわざフォローコメントをありがとうございます♪
良い連鎖と悪い連鎖・・・何事も個人の物事の捉え方の問題で、
良いと悪いは紙一重なのかもしれませんね。

私なんかはネガティブ思考なので、ついつい悪い方を見つけがちなのですが、
どうせなら良い方を見つける癖を付けたいな、なんて思っています。

何か思い出しましたら是非ご報告を願います♪
to.ゆきんこさん
いつもコメントありがとうございます。

私は政治・経済が苦手なので・・・その類の話にはなかなかコメントしにくいのですが、
確かに小泉さんの政策は、自分達の身近な部分での改革に直結しているところが多く、
それ故、政治・経済に疎い私でも少しは気になるところが多々あったように思います。

行動の連鎖は、行動分析学的に実証されているんですね!
虐待などの連鎖も実証されているわけですね。へえ~。興味深いです。

遺伝研究が100年以上も論争が続いているっていうのも興味深いですね。
ちょっと話は違うかも知れませんが、私はよく「オーラの泉」っていうテレビ番組を見るんですが、
あれを見てて思ったのは、前世の癖や思いが現代の自分に影響してるって事がいっぱいあるんですよね。

確かに、遺伝子レベルの連鎖もあるけれど、考えたら輪廻転生だって連鎖のような気もするし、
人の思い、考えもまた連鎖するんだなっていうのをテレビを見て感じています。

誰かの思いが受け継がれるって、よく考えたら悪いことばかりじゃないですよね。
良い連鎖も意識できるようになりたいな~。
できますよ!
手っ取り早く、意識できるようにするには、できるだけ詳細な記録を取れるようになることです。
るいさんご自身のブログをご自分で読み直してみると、1日の出来事のうち特にダイジェストで取捨選択して伝えていることと思います。
弁護士や法廷関係者においても、実証するためにどれだけ詳細に相手の言動に留意しているかをちょっと観察してみると
「随分見落としているもんだな」と気がついてきますよ。
るいさんに、少しずつ行動分析学について関心を深めてもらってとても嬉しいです。わたしにお答えできる限りどんどん質問してくださいね。
ひとつ思い出したんですけど・・・
 うちの親父、赤ん坊の頃に戦争で父親(私の爺さん)が戦死して、親父を知らすに育ったんですけど、普段はいらいら、ぽっぽ、ぽっぽして落ち着きなくうるさい男が、いざ私が何か事件を起こす等すると、急に落ち着いて見えて、決して私を攻めず、・・・・落ち込んでる私を自分の怒りに任せてそれ以上に傷つける事をせず、当時の私としては随分そういう親父の姿勢に救われた物です。

 今思うと、ただ単に気が弱いだけ?冷静に状況判断しようとしてただけ?いろいろつまらない事を考えられるんですけど、でも傷ついた、弱った子供の事を察して、それ以上痛めつけないようにした事は事実・・・思えば私も今そんなことしてるようです。

 逆に家内は、どんな場合でも自分のはらわたから全て吐き出して、すっきりしなければ気がすまないタイプ。・・・・輪廻転生?魂は何億年も生き通し?人生で起こりえる全ての出来事は起こるべくして起こる?全てに大きな意味がある。・・・ほんとですよね。
ま~た言い忘れました。イメージチェンジおめでとうございます。素敵ですよ。v-275
to.ゆきんこさん
できるだけ詳細な記録を取るようにすればいいのですね!
そうすれば、自分の行動を客観的に観察もできるということですね。

そうか~。ゆきんこさんのブログは、ABAに基づいた形で
書かれているっていうことなんですね。
いつも、とても詳細に書かれているなって思っていたんですよ。
ゆきんこさんのブログの謎(?)が少しだけわかったような気がします(笑)

いつもいろいろ教えていただいて感謝です!
to.小林さん
小林さんのお父さんのお話、興味深く読ませていただきました。
普段は仮の姿?いざという時にはしっかりと肝を据えている感じ?素敵なお父さんだなっていう印象を受けました。

そういうお父さんの良いところを小林さんがしっかり連鎖されたんですね。
いざという時に理性を持つことは、意識したからって
そうそう簡単に出来るものではないと思いますし、
遺伝的な資質を受け継いだのかもしれませんね。

私はどちらかと言えば、小林さんの奥さんと同じタイプかな。
カッと来たら、耐えられないタイプですね(笑)
子供が産まれてからは、特にカッとしやすくなったかも。

女性は子供を守るためにきっと強くなろうとするのかもしれませんね。
(と、正当化しようとする(笑))
忘れてた
そうそう、イメージチェンジを褒めていただいたのですが、
なんだかやっぱり使い勝手が悪かったので、戻しました(笑)

乙女の心は変わりやすいのです♪(笑)v-282
乙女心と秋の空・・・ですね。(笑)

ゆきんこさんがいわれるABA的に、自分を第三者的な立場から見据えて、記録を詳細につけて検証していく・・・そんなこと出来ません。    ・・・けど解ります。

ゆきんこさんに人生のマネージャーになって欲しいですね。v-275
もちろん、喜んで!
小林さん、私なんかでいいんですか?
自分のことは棚あげしたくないのですが、私には無用の用みたいな役割があるらしいです。
記録といってもいろんな取り方がありますから、それも自然に
自分らしくでいいと思います。

今はデジカメやDVDがありますから、どんどん活用してください。これこそがウソ偽りのない実証記録です。いちいち読むよりも見る方が一目瞭然ですよね。
私はメカには全般的に不得手な代わりに、読むときにはなるべくその状況がイメージできるように再現してるので、読み手のめんどうくささに配慮せず、ダラダラ書きなぐっているのですけどね。
ゆきんこさんを人生のマネージャーに・・・そのアイデア、頂き!!(笑)

でも、私は今までにゆきんこさんのコメントでいろいろと
教えられたり気付かされたりしたことが沢山ありますので、
いつの間にかすでに私のマネージャーみたいな存在になっているのかも?なんて。

デジカメなどの映像も実証記録なんですよね。
なんだか、刑事ドラマのワン・シーンを思い浮かべてしまいます。

ゆきんこさんのブログ、確かに読むのは大変ですけど、
いざ読んでみると、自分がその場にいるような不思議な感覚になるんですよね。
ゆきんこさんに小説とか書いて貰いたいです!
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 10/13:るい

  • 10/06:小林 一弘

  • 10/06:るい

  • 10/03:小林 一弘

  • 07/13:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon