緘黙症治療プログラム 

2006, 07. 12 (Wed) 10:09

今回は、私と同じ緘黙仲間(勝手にそう呼んでいます)の弥生桜さんから、【緘黙症治療プログラム】の提案がありましたので、私のブログでも紹介させていただきます。

・・・*・・・*・・・*・・・

海外では最新の研究成果と臨床経験に基づいて書かれた保護者向けの緘黙児治療マニュアルが出版されています。7月9日の弥生桜さんのブログの記事で、自分が英語を読めなくても、その本をもとに最新の治療プログラムを実践する方法が提案されました。

カナダから出版されている保護者向けの緘黙児指導マニュアル本
Helping Your Child With Selective Mutism: Steps to Overcome a Fear of Speaking】(直訳:”選択的な無言症に対してあなたの子供を支援すること;談話の恐れを克服するステップ”)は、専門家向けの指導書を元に保護者向きに特化して書かれたもので、緘黙児の指導方法を手取り足取り指導してくれる、本当に優れた本です。けれど、英語で書かれているので、お読みになるのが難しい方が多いと思います。


そこで、弥生桜さんからの提案です。


【1】 この本を購入し、学校の校長先生や担任の先生などに読んでもらう。
(先生なんだから英語は読めないなんて言わせてはいけません。)

【2】 先生たちが内容を理解したところで、保護者の皆さんと先生たちとで
子供の治療プログラムを実行するための勉強会を開いてもらう。
(保護者として行うべきことを詳しく聞く)


こうすれば、自分は英語が読めなくても治療プログラムを実行することができます。

・・・*・・・*・・・*・・・

それから、6月19日の弥生桜さんのブログの記事では、海外の本格的な緘黙児治療プログラムの実践例を綴ったブログが紹介されています。とても参考になると思います。

・・・*・・・*・・・*・・・

1人でも多くの現役の緘黙児達が、一日でも早く楽しい学校生活を送れますように。この記事をご覧になった方で、元緘黙児や緘黙児の保護者など、ご存知の方がおりましたら、この弥生桜さんの提案されている【緘黙症治療プログラム】のことを紹介していただけますよう、私からもお願いします。

【緘黙症治療プログラム】を提案された弥生桜さんのブログは、こちらになります。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。




※お知らせ※(8/2追記)

この弥生桜さんからの提案ですが、現実的に先生方の仕事は超多忙であり、実際には洋書を読んだりという余裕がないなどの情報があり、この提案はほとんど実行不可能であることがわかりました。参考までに、このまま記事は残しておきたいと思います。 





コメント

弥生桜

謝謝

う~、こんなにも丁寧にご紹介くださってありがとうございます、るいさん。
なんと感謝してよいやら。
そのうち続編も書きますのでよろしく。

2006/07/12 (Wed) 20:58 | 弥生桜 | 編集 | 返信

小林 一弘

 緘黙症!?の子供達って、やさしい、ひとの気持ちが分かる、状況判断がすばらしく出来る、決して人を押しのけない、そんなすばらしい子供達ではないのでしょうか?

 そんなこととは縁のない動物本性まるだしの子供や大人が、近頃目障りでしょうがありません。


 何にも知らない私なんかが、おかしなことを言ってたらごめんなさい。

2006/07/12 (Wed) 21:30 | 小林 一弘 | 編集 | 返信

るい

いえいえ♪

>弥生桜さん

丁寧って言うか・・・ほとんどコピペでまとめてしまいましたが、
感謝していただけて、嬉しいですi-237

弥生桜さんの提案が1人でも多くの人の目に留まると良いですね~。
続編が出来ましたら、是非ご連絡下さいね♪

2006/07/13 (Thu) 21:55 | るい | 編集 | 返信

るい

いえいえ♪(パート2(笑))

>小林 一弘さん

こちらのブログにまで足を伸ばして下さり、ありがとうございます♪

緘黙症のことをプラスのイメージで捉えていただけて、とても嬉しく思います。
当人にとっては、生活していく上で辛い部分だけが突出して感じやすいので、
どうしてもマイナスに考えがちなのだけど、小林さんのようにちょっと見方を変えると、
決してマイナスの部分だけじゃないんですよね。
ポジティブな考え方は、とても参考になります!
ありがとうございますi-237

・・・とはいえ、私自身もまだ緘黙症に関しては全て理解しているわけではないので、
偉そうには言えないのですが、
言語能力に問題はないのに話せない子がいるということ、
それから、その行為は意図的なものではないこと、
当人も話したいと強く願っていることを知っていただけたら嬉しく思います。

こんなブログですけど、また気軽にお越しくださいね!
緘黙症とは縁の無かった方の率直な意見や感想などを聞けるのは、
私に限らず、緘黙経験者にとってとても有意義なことだと思いますので^^

2006/07/13 (Thu) 22:11 | るい | 編集 | 返信

小林 一弘

はい。これからいろいろ勉強させてください。

2006/07/14 (Fri) 20:45 | 小林 一弘 | 編集 | 返信

ゆきんこ

弥生桜さんの宣伝で盛り上がってますね!

現実社会でもがいている私は、かなり置いてけぼり感があります。私のブログに現役教員のオリオリ先生が稀にアクセスしてこられるので、そちらにも宣伝してみてはいかがですか?そのうち臨床家の目に留まり、研究プロジェクトも盛んになるかもしれません。こういうのは早い者勝ち、やったもん勝ちです。但し、目立つこと、有名になることが好きであることも
条件のひとつです。
そこで、「あ~あ、専門家になりそびれちゃった」と悔し涙を
人知れず、流すのでしたe-263

2006/07/14 (Fri) 22:27 | ゆきんこ | 編集 | 返信

るい

>小林さん

ご丁寧にお返事ありがとうございますi-237
緘黙症に関心を寄せて下さっただけでも嬉しいので、
気が向いた時にでもブログなどを読んでいただけたらと思います。
感謝、感謝ですv-421

2006/07/17 (Mon) 07:37 | るい | 編集 | 返信

るい

>ゆきんこさん

コメントありがとうございます♪

私もどちらかというと、現実社会でもがいていますねi-229
なので、ここ数ヶ月は集中して緘黙症のことを考える余裕もなく、
弥生桜さんのように積極的に緘黙症に対して正面から立ち向かおうとしている姿勢に
本当に頭が下がります。私も少しでもお役に立てたらと思い、
ブログで治療プログラムの提案を取り上げて記事にした次第です。

オリオリ先生への宣伝は、やはり、ゆきんこさんがされてはどうでしょう?
私が急に書き込んだら、単なるブログの宣伝だと思われると印象が悪くなりますのでi-229


でも、弥生桜さんのようにいろいろなサイトに宣伝するっていうのは、
かなり効果があるのかも!って感じているところです。
こんなに盛り上がるとは思っていなかったですし。

ゆきんこさんも書いておられるように、そのうち臨床家の目に留まったり、
研究してみようという専門家が現れたらいいな~って思います。

こういうのは早い者勝ち、やったもん勝ちですか(笑)
私は目立つことが未だに苦手なので・・・ちょっと無理そうですねえ。
ゆきんこさん、今からでも大丈夫ですよ!
私よりゼッタイ知識が豊富ですから!

2006/07/17 (Mon) 07:49 | るい | 編集 | 返信

ゆきんこ

う~ん、、根はヘタレだからな・・・

人には「やったもん勝ちだよ!」と言いつつ、自分は黒子が
好きなんですよね、本当は。。。
知識が豊富といっても自分ではそう思っていません。
(でも、ありがとう♡)
わからないことは増えていく一方で、もっとブログで勉強したいけど、やはり現実社会でアクセクしていて、余裕ないんです。ブログのムコウの方々にも関心はあるものの、自分の
許容量の限界を越えて、専門家になるというのは、、、
私が、そんな、おこがましいことは、、、

友だちのままじゃいけないかな?
そう、専門家と友だちの間っていうのが、私のスタンスです。
その範囲での現実社会における吹聴ならできると思います。
「ずっと黙っている子って会ったことない?」
「緘黙って聴いたことある?」
「先生、教え子にいませんでしたか?」
っていう感じです。
でも、夢見ているんだ。いつかブロードキャストで一世風靡することを。
舞台のがヒロインはルイさんで、私は音響係になりたいな~

2006/07/20 (Thu) 23:07 | ゆきんこ | 編集 | 返信

るい

>ゆきんこさん

専門家とお友達・・・なんだか、ゆきんこさんらしいなって感じます。
私にしてみれば、専門家と友達になれる事自体が
すでにアンビリバボーなレベルなのですが(笑)

うん、でも。ゆきんこさんは、コメンテーターとかすっごい向いてそう!!
ゆきんこさんのブログがその実力を語っていますよ~

私自身も、舞台に立つより舞台下でガードマンとか、
お客の人数を数える係とかそういう方が好きです(笑)
でも、たまに目立ちたくもなったり。矛盾してますよね(笑)

2006/07/22 (Sat) 07:57 | るい | 編集 | 返信

弥生桜

取り消し

るいさん、こんにちは。

先日は自分のアイデアを自画自賛して宣伝文をわざわざ掲載していただきました。

けれども、その後、河井先生や現役の小学校の先生から、先生が洋書を読んでいる暇なんてないという実態を教えられましたので、僕の提案は取り消します。

教師という職業は超多忙で平均寿命も短いのだそうです。

すみませんが、せっかく記事を掲載してもらいましたが、この記事は削除してもらえませんか? または、コメントを残しておきたければ、記事の後に、事情を追加して実際にはほとんど不可能だと注釈をつけるなどしてください。
どうかお願いします。

2006/08/01 (Tue) 13:12 | 弥生桜 | 編集 | 返信

るい

>弥生桜さん

記事の方に、実行不可能であることを追記しておきました。

今までおそらく日本では誰も働きかけなかったであろうことを
やろうとしている以上、実際に行動するまでにはいろいろと難関がありますね(>_<)

また何かご提案がありましたら、ご連絡下さいね。

2006/08/02 (Wed) 14:01 | るい | 編集 | 返信

めぐみ

私も緘黙です。

初めまして。広島県に住む26歳のパートOLです。
私は小1の頃から自然に言葉を発しなくなり、親にあちこちのカウンセラーさんがいる病院を連れ回され、緘黙と診断されました。
ただ1度、小6の時のイベントで、小さいながらも発声したのが最後で、それ以来ずっと喋れなくなりました。
自分がそういうハンディを抱えてるって知ってからは周りのイジメがひどくて、本当に苦しくて、何度も死のうと思いました。
実際、出血はなくてもリストカットもやっちゃいましたけど。

でも、それはそれって受け止めて、今は頑張って筆談をしたり、表情などでコミュニケーションとってます。
言葉が話せなくても、自分なりにできる表現方法はたくさんあるし、やりたいこともいっぱいあるって考えたら、喋れない事なんて、ほんのひとかけらですよね(^^)
同じような悩みを抱えてる人に、少しでも勇気を与えることが出来たら、それで満足です♪

2006/11/07 (Tue) 15:47 | めぐみ | 編集 | 返信

めぐみ

追伸

ちなみに、私の場合は「全緘黙」です。
場面緘黙の人より重症ですけど、私が笑ってると「笑顔がかわいい」って色んな人から言われて、生きてるだけで幸せって思えますよ♪

2006/11/07 (Tue) 15:50 | めぐみ | 編集 | 返信

るい

to.めぐみさん

めぐみさん、はじめまして。
訪問、そしてコメントまで頂き、ありがとうございます♪

めぐみさんは全緘黙なんですね。
私は選択性緘黙でしたが、それでもかなり不便な、生き辛い思いをしてきました。
全緘黙となると、それ以上の生き辛さ・思いがあったこととお察しします。

けれど、「喋れない事なんて、ほんのひとかけらですよね」と
言えてしまうレベルにまで気持ちを切り替えることが出来たってこと、
また、そういう気持ちを持てるんだっていうこと、同じような経験を
してきた人達から見れば、とても心強いことだと思います。

「笑顔」って、大事ですよね。
笑顔を見て嫌な気持ちになる人ってまずいませんもんね。
私が現役緘黙児だった頃、父にとにかく笑うようにと言われたことを思い出しました。
なので、私は話せなくても学校でニコニコ出来たんですよね。
「笑顔がかわいい」って私も言われたなあ・・・(遠い目(笑))

普段話せない分、顔のちょっとした表情にも一般の方以上に
気持ちを込めることが出来るから、緘黙児の笑顔って可愛くなるような気がします。
めぐみさんの笑顔を見てみたいなって思いますv-290

前向きなコメントをありがとうございました。
また遊びにいらして下さいね♪

2006/11/08 (Wed) 11:11 | るい | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント