*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月18日は、”チビ”の命日(3)
前回書いた「6月18日は、”チビ”の命日(2)」からの続きになります。

・・・*・・・*・・・*・・・

一日一回、夕方のお散歩を日課としていたチビと母と私の共同生活は、私が高校生になっても続いていました。大抵、朝のチビへの餌やりは母の仕事。夕方のお散歩は私の仕事って感じでしたね。

こんな生活がずっと続くんだろうなと思っていたのですが、私が高校3年生となったある日、チビの体調に異変が現れました。詳しいことはよく覚えていないのだけど、嘔吐とかしていたような気がします。今回に限らず、チビは年に2度ぐらいの頻度で体調を崩していたので、今回も2,3日で快復するだろうと思っていました。

でも、今回は違いました。

チビは、食欲不振、嘔吐に伴い、みるみる激痩せしていきました。目には黄疸が見られ、白目のはずの部分が黄色になっていました。獣医さんには連れていった記憶はありません。田舎なので獣医なんていないし、もし獣医が見つかったとしても、たぶん隣の市までタクシーで行かなきゃいけなかっただろうし、我が家には父親以外に車を運転できる人がいなかったので、母と私は為す術もなく、チビのことを見守っていました。

チビはやがて、変な咳をするようになりました。「ゴホー、ゴホー、・・・」というような、深い咳。素人目にも、チビの病気はかなり進行していることが伺え、母と私も毎日、「大丈夫かな」と話をしていました。

あまりにもチビが辛そうなので、母は、途中からチビを繋いでいた首輪の紐を外してやり、チビはよたよたした足取りで、家の周りを過ごしやすい場所に移動して過ごすようになりました。朝、餌をあげるためにチビの姿を探すのが母と私の日課に加わりました。チビは、犬小屋の近くにいることもあれば、隣家の畑の中にいる時もありました。

しかし、そんなチビの放し飼い生活も、長くは続きませんでした。放し飼い生活が1週間ほど続いた1991年6月18日の朝。

たまたまこの時期、仕事先から帰省していた父が、母の代わりにチビの餌やりに外へ出たのですが、すぐに家の中に戻ってきて言いました。

「チビが、死んだよ。」


「え!?」

私は朝食を食べている所だったのですが、母と共に慌ててチビの所へ駆け付けたのでした。

チビはいました。

チビは、家の車庫の前、シャッターが閉められているコンクリートの上で倒れていました。母はチビを撫でてやりながら、「まだ温かいもの、さっきまでうろうろしてて、家に戻ってきて死んだんだろうよ。」と言い、目を潤ませていました。私は・・・泣けませんでした。チビは死んでいるように見えなかったし、何よりまだ体が温かいんだもの。

私はその後、また家の中に戻って学校へ行く支度をしたのですが、自分の部屋で一人になった時、じわじわと泣けてきたのでした。気が強いので、人前では滅多に泣けないんですよね。。。

出掛ける時間になったので、私は車庫のシャッターを開け、眠っているかのように倒れているチビの横を通り過ぎて自転車を車庫から出し、小さい声でチビに、「さよなら。行って来るね。」と言って、登校したのでした。なんていうか・・・私はもともと感情を表に出せないタイプなので、淡々とした感じでチビの死を受けとめていたような気がします。

私が学校から帰ってくると、チビの姿は無くなっていたのでした。後から母に聞いてみたところ、午前中のうちに母と父と叔父の3人で、チビの亡骸を段ボールに入れて親戚の田んぼ近くの山まで運び、そこに穴を掘って埋めて、線香をあげて手を合わせてきたそうです。私は、チビが亡くなったという実感がないまま、チビの亡骸とお別れしたのでした。

この日の夜。私は、不思議な体験をすることになります。

(つづく)

・・・*・・・*・・・*・・・



テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。