FC2ブログ

03月≪ 2021年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018.12.06 (Thu)

退院後~術後1か月目までの様子

思い切って受けた、腹腔鏡下膣式子宮全摘術から約4か月。退院から現在までの回復の経過を書いてみたいと思います。忘れている部分もありますが(^_^;)

●退院後~術後1か月目までの様子(8/13~9/7)

8月7日に受けた腹腔鏡手術の際、(1)おへその中、(2)おへそから真下へ約10センチのところ、(3)(2)から左右にそれぞれ約12センチのところに1つずつの計4か所の傷ができました。おへその傷はよく見えませんが、他の3か所は横に約1センチほどの傷です。3か月ほどで溶ける糸で縫ったとの説明があり、抜糸の手間などは不要とのこと。

入院中は、傷口の上に1×2センチほどのメディカルテープを貼られた状態。自然に剥がれるまでそのままでいいですとのことでしたので、無理に剥がさずに過ごしました。自然と剥がれた後は、自分でメディカルテープを用意して貼って保護してもいいし、そのままでも大丈夫、お好みでとのこと。私の場合、自然にメディカルテープが剥がれて以降は、何も貼らない方針で過ごしました。しっかり傷はくっついているように見えたので。それに、実はメディカルテープのかぶれも気になったので。

手術直後から傷口はほとんど痛みは感じられず。たまに痛むのは、へその下あたりのお腹。たぶん、お腹の中で縫ってある部分なんじゃないかと思うのだけど、それが1日に数回チクチク痛む。退院してから1か月間はチクチクが結構頻繁だったように思います。頓服薬を飲むほどではないです。寝るときに腹巻きをしてみたら痛みが軽減したりしてました。

退院してすぐの1週間は無理をせず、家事の合間にも頻繁に休んでいました。息子が夏休み中で家にいましたので、いっぱい手伝ってもらいました。手術の時期を息子の夏休みに合わせたのは正解だったなと思います。息子の分のお弁当も作らなくて済みますしね(主人のお弁当作りは退院後1週間後から開始)。退院から1週間後からは、少し動かなきゃと思いまして、主人や息子を荷物持ちとして付き添わせて、近所のスーパーまで歩いたり、一人で近くの公園も散歩したりし始めました。時間にして30分前後ぐらいかな。それ以上歩くと、腰痛が出てきて無理。最初はお腹に力が入らなくて、前かがみの変な姿勢でしか歩けなかったけれど、だんだんいつもの歩き方、いつもの歩くペースを思い出してきました。

退院から2週間ほど経ったある日の朝、下着にうっすら出血が付いていて。こういう時もあるよねと思っただけでその日、調子がいいからといつもよりちょっと多めに歩いたんですが、夕方になってお腹の左下の傷とへそのあたりにチクチクした痛みが発生。そしてまたうっすら出血。油断してはだめだなと思いました。

その時から始まった出血ですが、その後も続き、うっすらした茶色いものだったのが鮮血になってきました。もしかして細菌性膣炎?と心配もしましたが、しばらくしてから、お腹からの出血じゃなくて、股の裂傷の傷からの出血ではないかと気付き、ホッとしました。お腹の傷のサージカルテープが剥がれたのと同じタイミングで、股の裂傷ももう大丈夫だろうと薬を塗るのをやめていたのですが、少しかゆかったり痛かったりしていたんですよね。ただれていたので治りが悪く、少し治ってはぶり返したりを繰り返し、そのたびに薬を塗っていました。(結局、薬を使わずに過ごせるようになるまでに1か月以上はかかったように思います。)

退院後は、体のあちこちが痛くなりました。退院2日後にぎっくり首。急に首が痛くて回らなくなったり(全治1週間)。家事で10分ほど立ち仕事をしていると腰痛。なので頻繁に休憩を挟んでいました。それから先ほども書きましたが、30分以上の徒歩も腰痛で無理。腰痛は、体力が戻るのに合わせて少しずつ改善されていきました。

そうそう。術後1か月近く経ち、左下腹の傷口からなにか固いものが出っ張っていて、下着に引っかかるようになって、引っかかると地味に痛いし、気になって仕方なかったんです。よく観察したくてもお腹なので顔を寄せられないし。ということで、デジカメで撮影してズームで確認したところ、傷口から出ていたのは糸であることが判明!だって、玉結びがしてあったんです!術後1か月の診察で先生に言わなくちゃ!と思いました。

9月4日、術後1か月の診察。手術で摘出した筋腫は病理検査の結果、問題なし。私の術後の経過も問題なし。お腹の中の傷もしっかりくっついていますよ、と言っていただきホッとしました。左下腹の傷口から出ていた糸、先生に「たぶん糸だと思うんですけど~」と見せたところ、「糸ですね!ほっといても大丈夫ですけど、気になるなら切っちゃいますね」とカットしてもらいました。プチ・ストレスから解放され、すっきりしました。

退院時、一番気になっていたのが排尿障害のこと。術後1か月の時点では、入院中よりは多少改善はされていたものの、まだまだ意識して時間をかけて残尿を出すようにしていました。以前の排尿の状態(勢いやすっきり感)を10だとするとこの時点では、3~4ぐらいの状態で、自力でちゃんと出せているかまだまだ不安な状態でした。

応援ありがとうございますp(*^-^*)q


テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

12:37  |  私の子宮筋腫のこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |