*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『トビラノムコウ』の感想UP
以前もこのカテゴリーで紹介したのですが、山下康代さん著『トビラノムコウ』を遅ればせながら読み終えたので感想をUPしたいと思います。

トビラノムコウ
トビラノムコウ山下 康代

マキノ出版 2006-03-14
売り上げランキング : 949122


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



~あらすじ~

長い間、深い海の底へ閉ざされていた記憶が今、ここによみがえる。

緘黙、いじめ、喘息、自閉、登校拒否、高校中退、引きこもり、セックス依存、リストカット、 自殺未遂、 精神科病棟…。
「吃音(どもり)」という十字架に囚われた「私」がホントウに欲しかったものとは、いったい何なのか? 未完成のパズルを一冊の本にまとめ上げた時、「私」はようやくトビラノムコウへの第一歩を踏み出す。

(著者のHPより、本の紹介文を引用しました)


この本の著者は、私のブログ仲間でもありますので、本を出版される前から(どんな本に仕上がるのだろう)と楽しみにしていたこともあり、ドキドキしながら読ませていただきました。

私がこの本を読んで思ったのは、吃音や喘息、登校拒否など、そういったことを経験した当事者が、当事者側からの立場でここまで鮮明に書き下ろしている本は、おそらく類がないんじゃないかと思います。

”言葉が声に乗らない”という表現、大事なことを言おうとすると余計に吃ってしまうこと、”ワカラナインジャナクテ コトバガデテコナイ”という事実、吃音や緘黙の経験者なら、「そうそう!そうなんだよね!」と絶対頷いてしまうと思います。

そういった文章の表現力も含め、自分と関わってきた人達のことを自分なりに観察・分析しながらやり過ごしている洞察力っていうのかな、吃音や緘黙の人の特徴が上手く表現されているなって思います。

著者は吃音のことを「自分の十字架」だと表現していますが、吃音と著者が常に背中合わせで存在し、今までの人生に吃音というモノが膨大な影響を与えてきたことはこの本を読んでみても明らかであり、”十字架”という表現はまさにぴったりだと私も思いました。

私自身も吃音・緘黙などの経験があるので・・・読んでいるうちにいろんなところで気持ちがリンクしてしまい、正直、私にとっては泣ける作品でもありました。高校に退学届けを提出するシーンとかもろもろ私自身には中退の経験はないのだけど、そうなるまでの過程だとか諸々・・・その他にも色々泣けましたが、割愛させていただきます。

吃音などの体験談を読んでいるというより、著者の人生そのものを感じる素敵な一冊に仕上がっていると思います。ノンフィクションなのにフィクションの小説を読んでいるような感覚で読ませていただきました。吃音などの経験がない方でも、言葉が出ない、出にくい、そういう生き方をしている人の気持ちを理解するには打って付けの1冊だと思います。是非、専門家の人達にも読んでいただきたいなって思います。



テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

明日、先生に紹介しようかな?
るいさん、涙を目に浮かべながらじっくりとお読みになったのでしょうね。

私もGW明けごろから通学電車の中で少しづつ読んでいます。(今206ページです)
本当に山下さんの作品はリアルな洞察力、鋭い表現力に溢れるノンフィクションですね。入院されていた内容などは、お世話をさせていただいてきた立場に一時身を置いていた者として、ドキドキしながら考えさせられてしまいました。

私にできることはせいぜいの口コミですが、折角手元にある
緘黙症の本ですから、誰かに紹介していきたいと思います。
口コミ!
ゆきんこさん、こんにちは!
ご想像の通り、読みながらウルウルしてました(笑)

喘息や緘黙、吃音、父子家庭・・・いろいろな経験談がこの1冊にぎゅうっと詰め込まれてますよね。その貴重な経験談を著者はぴったりくる表現、言葉でうまく現してるなあって、素人ながら思います。

いろんな形で、いろんな人に読んで欲しい本だなって思います。
是非是非、口コミお願いします!
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。