日直の時の出来事 

2006, 06. 08 (Thu) 10:12

以前に何度か書いたことのあるジャージを着た悪魔のようなイメージの
K先生が担任だった小学4年生の頃の話です。

学校では、毎日日替わりで「日直」という役割が回ってくるわけですが、
私が日直になったある日の出来事の話を書きたいと思います。
記憶がちょっと飛び飛びで、曖昧なのだけど・・・・

その日の日直は、私と男の子Sくんでした。
Sくんは緘黙児ではなかったけれど、どちらかといえば地味目で大人しい感じの子。
毎朝行われるホームルーム(当時は、「朝の会」とか呼んでいたような気もします)の
司会は、日直の仕事でした。

この辺から少し曖昧な記憶になりますが、私とSくんも司会をするためにクラスの
みんなの前に立っていました。けれど、なぜか司会は進行していませんでした。
Sくんも私もその場に立っているだけ。なんでそういう状態になってしまったのかは
記憶にないのだけど、うっすら覚えている記憶だと、(私は悪くない)ってずっと
心の中で思っていました。

司会は2人で行うので、順番に発言しながら司会進行をしていました。
だから、次はSくんの発言の番だから、私は言わなくても良いはず。
だから、私は悪くないんだよ!って思っていた記憶があります。
けど、Sくんは何も言わないまま。私も何も言わないまま。時間だけが過ぎてきます。

時々、K先生がSくんに「今、何時?」と聞きます。「9時半です」と答えるSくん。
K先生は、大きなため息を付きながら、私の顔をちらっと睨みつけては、Sくんの顔にも
目をやったり。ふと、「もしかして、私の発言の番だったかも??」なんて不安もよぎったり
したのですが、日直だとはいえ、人前に立たされている私は、緊張しているのか
頭がボーっとしている感じもあって、よく解らない状態になっていました。
ただはっきりしているのは、日直の司会が進まないために時間だけが過ぎていき、
すでに1時間目の授業の時間に突入してしまっているということ。

最終的には、先生がSくんにどちらでも良いから進行しなさいって言ったのかな。
よく覚えてないけど、それから何分か経ってから、やっと司会が進行したのでした。
確か、クラスにある各係の人に、連絡事項があるかどうか係名を指名しながら
確認している時に、頭がボーっとしている私は、「教室係。」と言って指名したのを
覚えています。

・・・「教室係??」

一番手前の席に座っていた子が何それ?という顔をしながら繰り返して言ったので、
私は「ハッ!」と我に返り、正しい係名を言い直したのでした。教室係って何さ?
そんな係は存在しないのに
全く持って、自分でも意味の分からない事態でした。

それにしても、なんで司会進行が途中で止まってしまったのか、未だによくわかりません。
やっぱり私の発言の番だったのかな。その後は、誰から何を言われるでもなく、
無事に過ごすことが出来たのでした。


(2008年1月 微妙に修正を加えました)

☆ブログランキングに参加しています。
 記事が良ければクリックしていただけると更新が早まります(笑)



コメント

野ウサギ。

こんにちはv-291

皆の前に出るだけでも緊張するのに、
何も話せない時間が過ぎていくのはもっと緊張してしまうよね。。。
相手の子ももしかしたら、るいさんと同じ事思ってたかも(笑)?
一緒に組む子が、仕切ってくれる子だとすごく助かるんだけどね。。。

それにしても、日直ってイヤだったなあ。
起立!礼!って声出すのイヤだった。前日から憂鬱で。
声が小さいから聞こえないってよく言われたよ・・・涙。

2006/06/08 (Thu) 10:26 | 野ウサギ。 | 編集 | 返信

るい

そうそう!

野ウサギ。さん、コメントありがとうございます♪

そうそう、私も声が小さいってよく言われてましたe-263
私は小さい頃から体が大きかったので、
「体の割りに声が小さい!」っていつも言われてて、
じゃあ、体の小さい人は小さい声でいいんかいe-262って内心いつも思っていました(笑)

日直も、パートナーに当たり外れってあるんですよね。
Sくんも私もお互い”ハズレ”だって思ってたんだろうな。
私は誰にとってもハズレだったでしょうけど(笑)

2006/06/09 (Fri) 10:00 | るい | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント