FC2ブログ
2018年8月、私が受けた「腹腔鏡下膣式子宮全摘術」の入院記録になります。

●8月7日(火) 入院3日目(前半)

朝6時、朝から浣腸。ほとんど出ず。がその後、3回ほど便意。前日の夕飯が少しずつ出てるのだと思うけれど、明らかにモーニング浣腸より出てる量が多い。浣腸後に消化されたモノが大腸に送られてると思われ、浣腸する時間が早すぎたんじゃないの?と感じました。浣腸後は朝食も無いし、テレビ見たりスマホをいじったり時間潰し。

10時頃、看護師に手術着に着替えるように言われ、お着替え。上は、前開きのかなり丈夫なキッチンペーパーみたいな質感の検査着みたいなやつ。これを地肌の上に直で着ます。下は、弾性ストッキングを履きます。寝間着のズボンや下着はそのまま。手術室に入ってから脱がされるらしい。

10時半頃、点滴の注射針を刺すために看護師が登場。予想はしていたけれど、ここから悲劇の時間が始まりました。血管がとてもとても細い私。水分を摂れてないので、それがさらにバージョンアップしたと思われます。看護師一人目、失敗。別の看護師を連れて来る。看護師二人目、失敗。注射が上手いという先生が連れてこられる。「ごめんなさいね~❗あ~、なんでだろ~。中で出血してきたんだけど」などという会話が。結局、先生も失敗。 点滴の針は、普通の注射より太い上に、ぐっと奥まで射し込まないとならないらしく、痛くて痛くて、私はグッタリ。腕や手の甲には大きな内出血が。

手術開始時の麻酔は、この点滴針から入れられる予定だったらしいんですね。看護師さんが次に連れてきたのは、麻酔科担当の方。あ!横澤夏子だ❗と内心思う。「大変でしたね、もうこれ以上は針は刺されたくないですよね?」 私「もう、嫌ですぅ~❗(半泣き)」 横澤さん「そうですよね、それじゃあどうしようかな?それじゃあ、点滴は手術室に入ってからにしましょう!麻酔は、口から吸入してもらうことにして、意識が無くなった後に、点滴の針を刺すようにしましょう❗」 私「ホントですか?そうしてもらえると助かります~❗」 横澤さん「うん、じゃあ点滴は今はしなくて良いですからね。」 私「ありがとうございました~❗」という事になりました。約一時間ほど、この点滴の針が刺せない騒動があり、手術前なのに私の体力、気力は、果てしなくゼロに近い状態に。この後、ベッドに倒れこんでました。

12時10分頃、私の姉が病室に到着。ありがたいことに心配だからと急遽来てくれました❗暇潰しにとお勧めのコミック本も差し入れてくれました。なんと甥っ子が選んでくれたようです。ありがたい🎵 遅れて主人も到着。手術中、貴重品は付き添いの方に預けるように言われていたので、忘れないうちに主人へ渡したり。何気ない会話をして、気を紛らす事ができたので助かりました。

12時50分頃、看護師さんがお迎えに来ました。トイレに寄ってから徒歩で手術室へ。姉と主人は、家族控え室へ。

手術室前に到着。看護師さんが、「るいさん、手術室前に到着しました!」と言うと自動で扉が開き、中へ入りました。この後、また扉があったような記憶が。その奥へ入ってからも、さらに奥の方へ通されました。中では、看護師さん達がマスクして帽子を被ってそれぞれ何やらお仕事中。

どうやら、私が手術する部屋へ到着。「ここへ座ってください」と言われ、手術室の端にある椅子へ座る。この病院では、患者さんと薬などの管理を全てバーコード管理されてるようで、何度も私の左手首に付けたリングのバーコードとこれから使うであろう薬品のバーコードを読み込む作業をしてました。その間、私は手術室を観察。手術台やその上にある円盤みたいな照明とか、時計の位置は前と同じだな~とか見てました。実は私、以前も同じこの病院で手術を受けたことがありまして、手術室は2回目なんですよね(前回は日帰りの簡単な手術でした)。

10分ぐらい経過した頃、手術台の上に仰向けに寝るように言われました。その時、「名前を仰ってくださ~い!」と言われ、名乗る。仰向けに寝そべった途端、一斉に看護師さん数名がよってたかって、私の体に白い布を掛けた後、体のあちこち何か付けたり外したりしてたようだけど、それが同時にやられてるので把握できず。周りは忙しそうなのに、私は寝そべってるだけ。

気付くと、私の顔のすぐ右横に横澤さん(麻酔科の担当者)の顔が。「これから酸素マスクを付けますが、最初は酸素しか出ません。後から麻酔が出てきますので、落ち着いてゆっくり吸い込んでくださいね。」

そして、酸素マスクが付けられましたが、小鼻の大半が酸素マスクで潰されてて、鼻から息がしにくかったので、「あの、鼻が潰れてて息がしにくいんですけど❗」と言おうと思って口を開けるも、酸素マスクの密閉度が凄すぎて、口から声を出すために出る空気の入る余地もなく、声は口の中へへ押し返されて話せず。口だけパクパク。

仕方がないので、口だけで呼吸すればいっかと思い、口から息を吸ったら、「そうです、そうです❗上手です❗」と横澤さんに言われました。ネットで得た情報によると、麻酔ってすぐに効くらしいですね。なので、何回ぐらいの呼吸で意識が無くなるんだろう?という興味本位から数えてました。

1回目、酸素だけ。
2回目、少し薬の匂い。麻酔を入れてきたのね。
3回目、麻酔が濃くなっ・・・・スゥ~………(意識ゼロ)


私の記憶だと3回目でダウンしてました。


【追記】
点滴針の失敗ですが、意識がある時が4回、麻酔が効いて意識がない時に3回失敗(左手の甲に刺した跡があったので)。4回目で成功したみたい。合計で7ヶ所失敗されたようです(泣)失敗跡の内出血は、退院後、10日ほどかかって消えましたが、針の痕跡だけはうっすら残っています。

手術室の中ではBGMが流れていたのですが、それが「風の谷のナウシカ」のオープニング曲「風の伝説」‼️私の好きな曲だったので、聴いた途端、一気にリラックスできました。音楽の力ってスゴいんですね😃



応援ありがとうございますp(*^-^*)q


Secret