FC2ブログ
連日、危険な暑さが続いておりますが、皆さま大丈夫でしょうか?

先週になりますが、病院へ行って参りました。まずは、予約していたMRI撮影。食事制限無しだったし、たまたまその日の服装が金属類を身に付けてなかったので、検査着に着替える手間もなく楽チン。

その後、診察。撮影した写真を見たところ、大きな子宮筋腫3個のうちの1個が、直径10センチから7センチとかなり小さくなっていたことがはっきりしました。「他の2個は思ったより小さくはなってなかったですが、1つでも小さくなっていれば手術はしやすくなりますのでリュープリンの効果はあったということで良かったと思います」みたいなことを言われました。急に大きく育ったやつだけが、リュープリンで急激に小さくなっただけだったみたいですね。全体的に小さくなったわけではなかったので腹腔鏡手術が開腹手術になるのかとビビりましたが、どうやら腹腔鏡でやるみたいなので一安心。


手術の際に多量に出血する可能性があるということで、翌日、自己血を貯血することになりました。それから、入院の申込みをするように言われたので、診察後、入退院受付へ。その後リュープリンを接種してから帰宅。

翌日、貯血のためだけに再来院。血圧を測定した後、診察室へ呼ばれるまで異常に緊張しました。実は私、血管が細いのでよく注射の針を刺し直しされるんですよね。

診察室へ通されると、看護師さん3人ほどで、「どっちの腕から採れるかな?」と。腕の外側まで見始めたので、「いや、そこからはさすがに採血したことないんですけど❗」と言うと、貯血の時の注射針は普通の時より明らかに太いので、出来るだけ真っ直ぐで太い血管が欲しいんですよね、と。明らかに太い針って、ビビる。

数分後、先生がやって来て「どう?良い感じで採れそう?」と聞かれた看護師さん、「良い感じで無いです❗」先生「え?良い感じで無いの?」ここで診察室内に爆笑が(笑)看護師さん、私の緊張をほぐそうとしてくれたのかな?先生、私の腕を見るとすぐに「こっちの腕だね❗」と判断して開始。さすがに針を刺した時は痛かったですが、その後は痛みもなく完璧❗注射の跡が内出血しなかったのは久しぶりで、この先生、できるな!信頼して手術をお願いできそうだなと感じさせてくれました。

貯血は、機械を使ってやってましたね。私はベッドに横になっていたので見えなかったのですが、機械の音が聞こえてました。針を刺している右手には柔らかいボールみたいなのを握らされ、採血中はずっと握ったり緩めたりと繰り返してました。気を紛らわすために看護師さんがずっと話しかけてくれ、ありがたかったです。看護師さんとの会話の中で初めてこの日、400CCを採ることを知りました。採り終わったらぶっ倒れるんじゃないかなと思ったのですが、全然平気でした。30分ほどで終了❗すごく順調だったようです。

この日、麻酔についてのパンフレットと、手術前後に必要なものを書いた紙を渡されて終了となりました。

次回来院する時は、入院する時。いよいよ、手術が目の前に近付いてきました。今は入院準備を少しずつ進めています。今が調子良いので、このまま手術しなくてもいいんじゃない?なんて思ってしまう自分と闘いながら。でもMRI画像を見るとドカン、と居座っている子宮筋腫があるんだよなぁ。手術前の複雑な心境に襲われつつ、現実逃避しているのでなかなか入院準備が進まないという😅

あー早く終わらせてスッキリしたい‼️


応援ありがとうございますp(*^-^*)q


Secret