FC2ブログ
今回は、私の子宮筋腫の話です。
手術をすることに決めて、最初に始まった治療は、リュープロレリン酢酸塩(リュープリン)を投与すること。これは皮下注射で、簡単にいうとホルモンの働きを調整する薬です。これにより一時的に閉経させ、貧血症状を改善させたり、子宮筋腫の核を小さくし、手術しやすい状態にしていくとのこと。この注射を4週間に1回、手術までの間に打つことになりました。

1回目の注射は、4月中旬に受けました。初回は月経開始後5日以内に病院へ来て投与するように言われて、なんでだろうと思い調べたところ、妊娠をしていないことを確認するためらしいです。皮下注射ということで、お腹のおへそ付近に注射。一瞬チクッとしただけで大丈夫でしたが、翌日、軽く腫れたような感覚があっただけで2、3日で治りました。注射を打つことで、生理が止まりますと言われて思わずガッツポーズ。散々悩まされた出血からやっと離れられることがほんとに嬉しい😃

注射をして10日ほどしか経ってないのに、明らかにお腹の出っ張りが半減❗ここ2年ぐらい穿けなかったジーンズが久しぶりに穿けたのには感動しました。てっきり中年になってお腹が出て来たとばかり思っていたのに、筋腫の影響がこんなにあったんだとビックリしました。

注射を打ってから3週間ほどして、軽いホットフラッシュの症状や頭のスッキリしない状態、関節痛などの症状が出始めました。これは更年期障害の症状ですね。薬で閉経させてますから、一時的に更年期の症状が出てくることは言われてましたので、こんな感じなんだと一足早く体験中。

そして今週、2回目の注射を打ってきました。先生に「出血は止まりましたか?」と聞かれ、「いいえ、ずっと続いてます」と報告。そうなんです。止まると喜んでいた出血は、先月の月経からフェイドアウトしてきてるとはいえ、微量な状態で1ヶ月以上続いていました。(この記事を書いている現在も続いてます)

2回目の投与で、完全に出血は止まるはずですからと言われ、その日を待つことにしました。2回目の注射から1日経ち、注射した箇所が痛痒くなり、軽く腫れ始めて心配しましたが、それから2日ほどで治りました。更年期症状が一段と強めに出てきたな、というのが現在の状態です。私が一番苦手としている吐き気までたまにしてきます(嘔吐恐怖症です)。そして、なによりダルい。眠い。

来月、3回目の注射の際には、手術に向けての事前検査?をやるらしいです。どんな内容かはわかりませんが、それにより手術前に血液を溜めておくかどうかなどを決めたりするらしいです。自分が手術するなんて、正直まだ実感が湧きませんが、確実にその日は近づいているんですよね。後悔の無いように、それまでの時間を過ごしたいと思っています。


応援ありがとうございますp(*^-^*)q



Secret