FC2ブログ
こんにちは。もうすぐ10月も終わりますね。息子が高校生になってもう半年が過ぎました。気を張っていたせいでしょうか、それとも充実していたせい?月日の流れがとっても早く感じます。ここ1ヶ月ほどの出来事を息子の様子を中心に書いていきますね。

9月から2学期が始まりましたが、今日現在まで無遅刻無欠席で頑張っております。10月に入ってからは久しぶりに風邪を引きまして(私も移されました(^_^;))、10日ほど酷いくしゃみ鼻水だったのですが、熱も出さずに完治。最近また少し鼻がぐずぐずしているようですが、薬を飲むほどでもなく元気にしております。小中学生の頃に比べてストレスが軽減したせいでしょうか、鼻炎も軽減し、体調不良が格段に減ってくれたのにはホッとしています。

そういえば9月には、義母の7回忌の法要も執り行いました。義父、主人、私、息子のたった4人だけの出席ですが。あれから6年が経ったんだな~としみじみ思いながら過ごしました。当時息子は9歳。お焼香の仕方も知らなくて、レクチャーしている時間も無かったものですから、葬儀の時には私と一緒に並び私の真似をするようにと言って二人並んでお焼香をしました。あれから6年。当然ながら1人でお焼香もできます。義母が亡くなってからのこの6年、息子は背も伸びて声変わりもし、中学生になって、高校生になって。受験も経験したし、いじめや不登校も乗り越えて。今の成長した姿を義母はどんなふうに見ているのかなと。喜んでくれていればいいのですが。

10月は、まず定期考査がありました。2学期の中間テストですね。これまた家で勉強している姿を殆ど見かけなかったものですから、今回は1学期より難しくなっているはずなのにどうなるんだろうと親の方がかなり心配していました。結果。やっぱりというか、全体的に1学期より低い点数を取ってきました。そしてそのうち1つが赤点。1学期は免れていた赤点をついに取ってしまいました。息子によると、学年全体の平均点が1学期より低く、息子が赤点を取った教科に限っては、クラスの平均点自体がすでに赤点だったとか(^_^;)・・・それって、先生の教え方の方に問題があるんじゃ??とも思いましたが、本人の努力が足りていないのも明らかでしたので、期末テストに向けて今から勉強をさせているところです。

そうそう、勉強といえば急ですが息子、今月いっぱいで塾を辞めることにしました。受験生じゃなくなった途端、塾の先生の指導が適当になったように感じたのと、塾でずっと教えてもらっているはずの数学の成績が全く上がらないことに対する不信感からですね。今回息子が赤点を取った教科も数学なんです。ということで、塾を辞めると決めた日から毎日、夜1時間~1時間半ぐらい主人が息子に数学を教えるようになりました。都合の良いことに、主人は数学が大の得意でして。今までは塾に通っているからと任せていたのですが、「俺が教えた方が早そうだ」と言い出して、仕事で疲れているだろうに頑張って教えています。

そして、主人が息子に教えるようになってわかったこと。それは、息子が基本的なところでつまずいていたということ。息子、おそらく小学生の時から数学の授業にほとんどついていけてなかったと思われます。それは私も中学まで息子の勉強を見ていて気付いていたのですが、主人はそのことにとてもショックを受けていました。息子は、表やグラフが苦手なんですね。縦の線、横の線が何を表しているのかが読めない。そもそも座標の意味がわからないとか序の口で。あと、基本的に分数とか割り算がよくわかってない。他には公式を使う計算があってもなぜその数字がそこに入るのかと考え込んでそこから前に進まないとか。なのでこの公式を使う理由とか成り立ちに納得しないと前へ進めないみたいなことになっていて、いちいちつまずいてしまう。

「とりあえず」というのが苦手みたいですね。必要以上に難しく考えてしまう。そして最悪なことに、一度覚えたことや教えられたことを翌日には殆ど忘れているという事実。ワーキングメモリが弱いですからね。。。それを目の当たりにした主人がショックを覚えるのもよくわかります。たぶん、息子の学習障害の症状に初めてまともに直面したんじゃないかと思います。こんな息子でも、好きな科目だけはテストで高得点を取ってくるので、「本当は出来るはず。」って思っちゃうんですよね。実際、今回の中間テストでも社会科(世界史)は高得点ゲットしてますし。その気持ちは良くわかるけど。そういうのって”好きなこと限定”で発揮されますから(^_^;) とはいえ高校を卒業するためには赤点を取らない方が良いに決まっているので、主人の気力体力が続く限り、パパ塾は開講してもらいたいと思っています。

それから10月といえば、文化祭がありました。テスト期間が終わってからたった10日ほどしか準備期間がなかったようですが、各クラスで企画の展示とかイベントがあったり、各部活動の発表があったり、雨続きの中で行われた文化祭でしたがそこそこ盛り上がっていたように思います。息子は自分が所属している部活で自分の作品を数点展示していました。なかなか良い作品でしたよ^^クラスの出し物では、あまり人数を必要としない出し物だったので、クラスの大半の子が暇そうに教室で雑談したりしていたのですが、その雑談組の中に息子もいました(笑) 私はPTAの広報委員として撮影のためデジカメで撮影をしながら校内をぐるぐる歩いていたのですが、息子のクラスにもそれとなく入りこんで、ただの広報委員の撮影ですよ~という振りをしながら息子の写真を撮ったりしていました。恥ずかしがると思ったのであえて息子には声も掛けず。けれども息子は私に気付いてそれとなくカメラ目線と笑顔で応えてくれたので、良い写真がいっぱい撮れました。

いったん息子の教室から離れてから1時間半後ぐらいにまた教室へ行き、こっそりと廊下から息子の隠し撮りをしたのですが、たまたま友達数人と一緒に大爆笑している息子の姿の撮影に成功し、大満足。しかもその笑い方が、家にいる時と全く同じ笑い方をしていて、高校生活を自然体で過ごせてるんだな、学校生活楽しそうだなというのが伝わってきて、そういう息子の姿を見られたのが今回の文化祭の何よりの収穫でした。

文化祭2日目には、中学卒業以来会っていなかった友達が一人、わざわざ事前に息子に連絡してまで来てくれて、小1時間ほど一緒に校内を回った後、帰ったそうです(過去のブログに何度か登場しているSくんです)。Sくんは息子の中学の友達の中で唯一、携帯をもっていなかったので連絡が取りにくい状態だったのですが、高校生になった今でもスマホをもっていないらしく、ライン交換しようと思っていた息子は「アイツらしい」と言って笑っていました。そうそう、ちょうど良い機会だったので、夏休みに出掛けた際に買っていたお土産を渡したそうです。せっかく買ったお土産、渡す機会が無さそうだと半ば諦めていましたが、先走って食べてしまわなくて良かったです(^_^;) 2日目は私は文化祭へ行かなかったのでSくんには会えませんでしたが、中学を卒業した今でも息子のことを友達として思ってくれていることがとても嬉しかったです。中学は3年間のうち半分ぐらいしか学校へ通えなかった息子ですが、こうして長く付き合える友達に恵まれたことは本当にありがたく感じました。

とりあえず息子の近況はこんな感じでしょうか。
2学期も無遅刻無欠席で過ごせると良いのですが。

近頃は、台風や秋雨前線のせいで雨の日が多くてほんとイヤになりますね。皆さんのところは台風被害の方は大丈夫でしょうか。急に寒くなって風邪など引かぬよう、お気をつけ下さいね。それから更新のない期間、訪問してくださった方々ありがとうございます。今後もマイペースで更新していきますのでよろしくお願いします。





Secret