*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
小林麻央さんに思う
2017年6月22日、小林麻央さんが乳がんで亡くなられました。麻央さんは、昨年6月よりブログも始められていたので、時々訪問しておりましたし、そもそも海老蔵さんのブログはそれ以前からちょこちょこ見ておりましたので、麻央さんが乳がんだと知った際にも大変驚いたものです。けれども、テレビからもブログからも気丈な様子が伺えたので、(きっと回復するだろう)って心のどこかで思っていたのですが、、、麻央さんの訃報には、本当に驚きました。ただただ、驚きました。

ご主人がああいう職業の方ということもありますし、ご自身もアナウンサーという職業柄、健康には人一倍気を使っていたに違いありません。それがどうした?と言わんばかりに麻央さんの体を蝕んでいった癌。癌って怖いんだなと心底感じました。まだ若いのに・・・可愛い幼い子供達を残して・・・と世間は思うでしょうが、麻央さんは人生を精一杯生き抜いたのですから、辛い闘病生活からやっと解放されたのですから、この旅立ちは辛いことばかりではなかったのだと思い、今はただ彼女のご冥福をお祈りする気持ちです。

2011年に亡くなった義母も病気が直接的な死因でしたが、病気を発症してから約45年間、毎月病院へ通い、毎日大量の薬を飲む生活を送っていましたから、最初はただただ悲しんでいましたが、「もう病院へ通ったり薬を飲まなくていいんだよ。好きなお酒もたくさん飲めるし、良かったね」と思うようになってからは気持ちがだいぶ楽になったものです。海老蔵さんをはじめ、残された方々は今はただただ辛くて悲しいだけでしょうが・・・いつかはみんな、通る道。いつかはまたあの世で会えるのですから。。。

どうして小林麻央さんのことを書いたのかと言いますと。実は最近、私も「もしかして、癌?」という経験をしたものですから、ついつい気になってしまいました。2017年5月21日の記事内で、さらっと「がん検診でバリウムを飲んできました。」と書いたのですが、約3週間後に届いた検査結果に愕然。胃がん検診でひっかかりまして、要精密検査という文字が。

今月の中旬に、生まれて初めて内視鏡検査(経鼻)をやりました。結果は、良性のポリープだったのですが、検査結果が出るまでの期間、「もしかして・・・・?」という不安な気持ちを存分に味わいました。今回はたまたま良い結果でしたが・・・人生っていつ終わるか分からないし、何が起きるか分からない、毎日を大切に過ごさなきゃ!という気持ちになりました。

やりたいことを後回しにせず、やってみる。今までの私は、ほとんどが後回し。それを変えただけでも人生、充実してくるような気がしています。最後に、改めて麻央さんのご冥福を心よりお祈りいたします。



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

お元気で何よりです。
すみません~!ご無沙汰してしまいました。
内視鏡検査お疲れさまでした。
(私苦手!二度としたくない)
良性ポリープでほんとによかったですね。
安心しました。
ガンをはじめ、いろんな病気が、いまや人いごとではないのが良く理解してるつもりなので、検診やその他、出来ることはすべてやるような気持ちで日々送っています。
るいさんご家族も皆さまご健勝でいられますように!!
最近、悲しい出来事が多いので、少し滅入っているかもしれません。
健康には気を付けて!!
Re: お元気で何よりです。
小林さん!こちらこそご無沙汰してしまいすみません(^_^;)

いろんな病気が他人事ではない・・・私もそう思います。
ここ数年、特に実感してますね。歳と共に病気が身近になりますね。

内視鏡検査、私もイヤですよ~!小さいポリープは消えるらしいですが、
大きいポリープはそのまま残るため、たぶん毎年胃がん検診で引っかかり、
内視鏡検査は毎年のようにやることになりそうです。。。

> 最近、悲しい出来事が多いので、少し滅入っているかもしれません。

そうなんですね、心労お察しします。
無理して体調を崩さぬよう、気を付けて下さいね。
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon