*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三者面談ウィーク
「三者面談ウィーク」という言葉があるかどうかは別にして。たまたま先週、高校の三者面談と塾の三者面談があり、面談してきました。

まずは、高校の三者面談。私が体調を崩すことが予想されたため、主人に会社を早退して面談へ行ってもらうつもりでいたのですが、思ったより体調が良かったため私も行くことになり・・・ちょっと大げさですが四者面談となりました(^_^;)息子には、「は?パパだけの予定じゃなかったの?」と後から言われましたが、親としては入学式の日にチラ見しただけの担任がどんなヤツか知りたいじゃないですか。

で、どんな先生だったのかというと、30代男性、体育教師、この高校では初のクラス担任を任され、まだ初々しさが残っている感じ。話の流れでつい自分の高校時代の駄目っぷり(赤点を取りまくったとか)をベラベラと話し、保護者によっては(この担任で大丈夫かしら)と思われることもあるだろうに、そんなことは考えずに話してしまうあたりはとてもバカ正直な印象も受けましたが、そこはやっぱり体育教師、言葉の端々や態度から熱血で真っ直ぐな気持ち、真面目に生徒と向き合っている様子が感じられました。トータルで「なかなか癖があって面白そうな担任」(主人曰く)。

息子の学校での様子も、今のところ順調のようです。クラスの雰囲気もこれと言っていじめのようなトラブルも無く、最初はビックリするぐらい静かだったクラスでしたが、今はだいぶクラスの雰囲気も変わり、和んできているようです。そうそう、中間考査の成績表が渡されました。クラス順位、学年順位がはっきりしました。どちらも真ん中ぐらいですね。中学の授業を半分しか受けていないにしては健闘したのではないかと思っています。一番良かった順位だけ言うと、高得点だった世界史は、クラス順位1位になってて、思わず二度見しました。こういうのってテンション上がりますね。2週間後には期末考査が控えてますから、学年全体順位を真ん中から這い上がれるように頑張って欲しいものです。(相変わらず、家では勉強せず。。。)

次は、塾の三者面談。こちらは、主人と息子の2人で行ってもらいました。息子が中3へ進級する直前の中2の3月からお世話になっている塾。入塾してから1年3ヶ月が経つんですね。息子が休まずに高校へ通えてること、実習の授業を楽しみにしていることを伝えると、塾長からは「高校が合ってるみたいで良かったですね~」としみじみ言われたらしい。それから、息子が高校生になってからちょっと変わったとのこと。「明るくなった」とも言われたらしい。講師と楽しそうに雑談したりやり取りする様子が頻繁に見られるようになったとか。息子が塾へ通っている時間帯は生徒が少ないらしく、通常2~3人に対して講師が1人担当するのですが、4月ごろから1対1で教えてもらっているとのこと。なんかお得な感じになっていたようです(笑)実は、塾を辞めさせるという話も家でチラッと出ていたのですが、息子も塾では楽しそうに勉強しているみたいだし、1対1でお得だし、勉強の習慣もこのまま定着させたいしというところで、塾は続けることにしました。

そうそう。塾長も言っていた様に、息子は高校に入ってから随分と変わりました。それは、私も主人も感じていて、「ゴンは変わったよね。」と先日も会話したぐらい。どんなふうに変わったかというと、一言で言うと、すごくしっかりしてきました。よく気が回るようになりました。無駄な動きも減ってきたように思います。それは息子自身も実感として感じているらしく、「最近、頭の回転が良くなった気がする」「パッと思いつくんだよね」とか言っているぐらい。気のせいか、記憶力も良くなったような!?先日、学校で原子記号の記号と原子名を書くという小テストがあったらしいですが、中学の時は何度覚えようとしても数えるほどしか覚えられなかったのに、小テスト前にさらっと表を見ただけで37問中36問正解だったとか。びっくりです。息子の変化に伴い、顔つきも変わってきて、先日家族で出掛けた際、遠目で息子を見たら、いつの間にかどこからどう見ても高校生っていう雰囲気になっていてびっくりしました。主人も「いつの間にか高校生って感じになったなぁ」と言っていたので確かです。

ついこの間までは、わからないことは自分で調べもせず、とりあえず親に聞くというスタンスだった息子。自分で調べ物をすると手間取って必要以上に時間がかかることを知っているからこその行動だったのだと思うのだけれど、そのスタイルすら変わってきました。先日は、CDの音源をスマホに入れたいと思った息子。私に聞いてくるのかと思ったら、自分でネット検索して調べて、四苦八苦して1時間半ぐらいかかりましたがちゃんとCDの音源をスマホに入れることに成功。(今までだったら途中で諦めて「後でパパに聞けばいいいや」とか言い出していたと思われます) この間も、主人の実家へ行った時に、義父から古い振り子式の掛け時計を譲り受け、壊れてるから直すといってネット検索で振り子時計の構造を調べて、時計として使えるところまで直してましたし。っていうか、不器用だったはずなのに少し器用にもなってきてる??

といった風に、息子が変わりました。いや、今も変わっている途中なのかも。学校の雰囲気が、授業の内容が、出会ったクラスメイトが、息子に新しい刺激を与え、それが良い方向へ動いてくれたのではと思っています。きっと、進学した高校が息子に向いていたんでしょう。好きなことを学校で学べるって大事なんですね。「学校楽しいか?」って聞かれて「楽しいよぉ!」って本気で答えている息子を見られる日が来るとは思いませんでした。悩みまくって大変だったけれど、しっかり高校を選んで良かった、と思います。偏差値だけで高校を決めちゃ駄目ですよ、受験生の皆さん。

とはいえ、授業が難しくなってきたら息子の様子もまた変わるかもしれませんが(^_^;)とりあえず、現状では順調という事でこの記事は〆させてもらいます。



テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

Secret
(非公開コメント受付不可)

質問です〜
こんにちは。息子さん、順調そうでなによりです^^

さて工業科に進学されたとのこと、1つお伺いしたいことが。
学科によって違うのかもしれませんが、実習のレポート、大変ではありませんか?

実は先週の土曜に、専門学科の高校を見学してきたんです。
そこは美術デザイン系、機械工作・設計系、電子工学系、商業簿記系の4分野があり、そのうちどれかを選ばなくてはなりません。

そこで、たまたま電子工学分野の先生がおっしゃっていたんですが、「レポートがかなり大変です。学校見学会でそんな話してなかったーとあとから苦情言われまして」とのこと。そこでレポートの見本を見せていただいたところ、手書きでA4のレポート用紙にわりとびっしり。4,5枚から10枚くらい書くこともあるとか。それってケロ太にはかなり大変だなと思いました。それが11月くらいまで、毎週のようにあるとか。。。(カンニング防止のため、PCではレポート作成できないそうです)

その電子工学系の分野って、プログラミングでロボットを動かしたり、電気回路でなんちゃら(^^;)したりするところです。

ケロ太の第一志望は機械工作・設計系で別の分野なんですが、そこでもレポート大変ですかと聞くのを忘れてしまって。また説明会に行ったときに質問するつもりですが、ごんくんの高校ではレポートどんな感じですか?

そういえば、去年見学した農業高校でも、「レポートが大変なので、書くのが苦手な子はちょっときついかも」と先生がちらっとおっしゃってました;; やはり実習があるようなところはレポートはつきものなのかしら,,, LDだと苦労しそうですね。

あ、いま思ったけど、PCでレポートを書いて、それを書き写せばなんとかなるかも。
Re: 質問です〜
ケロ子さん、ご無沙汰しております!(とはいえ、いつもブログは拝見しておりますが(^_^;))高校見学、受験の年ですからいよいよ真剣みが増しますね。お察しします。

ご質問いただいた、実習のレポートの件ですが。息子は電気系の学科ですので実習もありますし、やはりレポートもあります。私も「息子に書けるかしら?」と心配でしたが、息子の学校の場合、入学後の最初の実習の時にレポートの雛形のプリントが配られたようで、それを参考に仕上げているようです。

実習の後半にレポートを書く時間が与えられており、出来なければ居残りなんだとか。息子は時間内に書き上げて提出しているらしく、また実習日に提出となっているので家に持ち帰ってくることも無いので、私はレポートの現物を見たことがないので、どんなものなのかはお伝えすることができません。スミマセン。

ただ、ケロ子さんが見学された高校のように何枚も書くことはなくて、A4用紙1枚程度(多くても2枚ぐらい)のようです。まあ入学して約2ヶ月半の現時点での話ですので、実習の内容によって枚数が増えることもあるかもしれません。息子の場合、実習が好きだということで、そんなに頭を抱えることなく比較的スラスラと書けているようです。小学生、中学生の時に作文が書けなくてあんなに居残りと持ち帰って宿題を繰り返していたのに、信じられないことですが(^_^;)好きなことに関しては、言葉が頭に次々と浮かんでくるんだそうです。

反面、同じクラスの中には実習が全く面白くないという子も。そういう子はやっぱりレポートも時間内に仕上げることができなくて、居残りだといつも愚痴っているようです。チラッと聞いた話だと、そういう子は偏差値だけで高校を選んでいるようで、工業系に興味が無いのに入学しているんですよね。そういう話を聞くと、やっぱり高校選びは大事だな~って思います。ケロ太くんも興味のある学科の実習であれば、もしかしてレポートなんてスラスラっと書けるかもしれませんよ^^
No title
るいさん、お返事ありがとうございます〜

質問してから、高1じゃまだ実習ないかな?とも思ったのですが、ちゃんとあるんですね。ひな形があったとしてもスラスラ書けるなんてスゴイです! 励みになります。

最近思うんですが、以前は苦手だったことでも、少しずつできるようになってるなぁと^^ 漢字を書くのだけはいまだに苦手だけど、以前より要領がよくなったなあと感じることがあります。文章を書くことも、まったく苦手というわけではなさそう。凹凸くんなりに、成長しているんですね。

ごんくんは電気系なんですね。ちょっとした電気工事ならおまかせできるようになるかも!? また学校生活の記事を楽しみにしています♪
Re: No title
ケロ子さん、こんにちは^^

そうなんですよね、とってもゆっくりかもしれないけれど、子供は確実に成長しているのです!っていうことを私も実感しているところです。ケロ太くんもなかなか良い感じじゃないですか~。受験生っていう緊張感が子供なりに意識させられるみたいで、また一段と成長させてくれますよ^^

>ちょっとした電気工事ならおまかせできるようになるかも!? 

あ~それ良いですね!理想です!実は主人や義父が電気系の仕事に携わっていたことがあり、家の中の簡単な工事ならできちゃうので、そういう姿を子供の頃から見て密かに憧れていたみたいですね。不器用な息子には向いていないと思っていたのですが、高校生になってずいぶん変わってきたので、隠れた才能も開花してくれればもしかして?と期待(笑)とにかく、自分のやりたいことがこの3年間で見つけられれば良いかなと思っています。

ケロ太くんの成長も楽しみにしています♪
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。