*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
高校生活、1週目。
高校へ入学してから今日で1週間が経ちました。今のところは休まず、今日も自転車で元気に登校。初めてのお弁当持参の1週間でもありましたが、意外にも完食してくれてます。食べられそうなものを選んで入れていますからね。ミニトマトが食べられないので、カラフルな色が添えられず2色弁当みたいになってますが(白いごはん・揚げ物とか)。色を加えるとしたら、卵焼きのイエロー、スパゲティのオレンジ、レタスかキャベツの千切りのグリーンでしょうか。白いご飯は梅干しのレッドに頼ったり(ふりかけ・ごま塩は嫌い)、わかめご飯の中の微妙なワカメのグリーンに頼ったり。あとはカラフルなお弁当カップに頼るしかない(笑)すでにレパートリーが出尽くした感じ。「そろそろネタ切れでしょ?」と息子に言われ、「いーや、まだ戦えるぞ!!」とは言ってみたものの、ちょっと試行錯誤してみる必要がありそう。これでも給食のおかげでかなり偏食も改善されたんですけどね。あえて1品は嫌いなものにチャレンジしてもらうっていうのも手かな。

学校ではこの1週間は授業は無く、テスト、ガイダンス、2・3年生との対面式、校舎見学、健康診断、部活体験、といったことがメインで行われていたようです。3日目ぐらいにクラス内で簡単な自己紹介の時間があったらしいですが、名前と趣味をさっと言っただけで終了。名簿も配られてないので、名前もよくわからないということもあってか、クラスはとっても静かで怖いぐらいらしい(笑)とはいえ、他のクラスはそこそこガヤガヤしているらしいのですが、なぜか息子のクラスだけ雰囲気が違うのだとか。そんな中でもクラスの中で2つぐらいはグループができ始めているらしいんですが、未だ8~9割ぐらいの子は1人でお弁当を黙々と食べているらしい。息子もその1人なのですが、他の子は耳にイヤホンをつけてスマホを見ながら(音楽を聴きながら?)お弁当を食べたり休み時間を過ごしてるみたいで、話しかけられる状態じゃないらしい。息子はスマホは持ってないので、食べ終わったら自習をしたり家から持ってきたコミック本を読んだり、たまに同じ中学だった子と会話するぐらいらしい。お年頃だからかな。なんか異様な空気ですよね。

このままじゃ、学校で友達はおろか、会話する相手すら新たに出来そうにないな~と心配していたところに、救世主となったのが部活体験。部活体験は3日間あったのですが、1日目、他のクラスの子と話をする機会があったらしく、「久しぶりに楽しかったよ~」と帰宅。2日目、1日目とは別の部活に顔を出したところ、そこでまた別のクラスの子2人と話す機会があったらしい。早めに体験が終わったので、3人で別の部活にも探りを入れに行ったり、空いた時間で廊下で話したりしたらしいのですが、似たような趣味の子がいて会話も盛り上がったらしい。3日目も2日目に知り合った別のクラスの子2人と同じ部活体験をしたとかで完全に顔見知りになったらしい。トイレで偶然会ったりしても「よ!」と挨拶したりとか、息子の話から楽しそうな雰囲気が伝わってきました。「何が嬉しいって、学校で声を出せたってのが一番!やっと喋れた~!って感じ」だったそう。今日が部活決定の日らしいのですが、気の合いそうな子と同じ部活だったらありがたいのですが、どうなってるのかな?帰宅が楽しみです。

意外にも息子、学校で気になったりわからないことは、担任に話しかけて質問して聞いてるみたいで感心しました。それから、メモ帳をしっかり使ってる!中学の頃は担任との連絡帳みたいな、その日の出来事や翌日の時間割などを書く冊子があったのですが高校にはないので、たぶんその冊子を書いていた時の習慣が残ってるんでしょうね、学生服の内ポケットに入るぐらいのメモ帳なんですけど、その1ページを使って日付と明日の予定、そしてその日の出来事を1行日記みたいに書いてて、びっくりしました。中学の時は書くのがメンドクサイーと言っていたのに、それを自ら書いているっていうのが素晴らしい。良い習慣だと思うので今後も続けて欲しいなと思います。

今のところは授業が始まってないので良いのですが、授業が始まったら難しくて辛くなってくるのかな~。昨日の部活体験では、簡単な電子工作みたいなものを作ったらしく、その時に担当の先生から説明を聞いて、そこで初めて”数学を勉強する意味がわかったような気がした”らしくて。身近なところで数学の知識がこうやって活かされているってことを初めて実感したのだとか。少しは勉強に対してもっと知りたいっていう欲が出てきてくれるといいのですが。

とりあえず、今週は無事に高校生活終了!と言っていいのではないでしょうか。息子には土日でしっかり英気を養ってもらうとします^^



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon