Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

 今日から高校生

4月になったので、息子は今日から高校生になりました。今日はエイプリルフールですが、嘘ではないはず(笑)

1週間ほど前には、注文していた体育着の一式と、上履き、体育館履き、柔道着、水着などが届き、昨日は学生服の一式が届きました。うちで注文したのは、学生服のズボンとベルト、校章バッジと学生服のボタンだけなんですけどね。詰襟は中学のものをそのまま使えるので、入学式までにはボタンの付け替え作業をしなければ。。。といったところです。

息子は、体育着が届くとすぐに試着。注文時、学生服の上からの試着だったのでよくわからず、「小さいよりは大きい方がいいよね!」と大き目のサイズを注文していたので、ブカブカだったらどうしよう・・・と思っていたのですが、試着してみたらピッタリ。

柔道着も試着しようと試みたのですが、「・・・これ、どうやって着るの??」と息子。 ・・・まずはそこからですか? (^_^;) 確かに、中学でも柔道の授業はあったはず。けれども、息子は1度も柔道の授業に出席できず。そうか、わからないよね。不登校の経験者あるあるですね。

ということで、息子はパソコンで柔道着の着用を教えてくれる動画を探し出し、それを見ながらなんとか試着。これ、入学前に何度か練習して覚えておかないとね、という話になりました。学校へ通えてなかった分、周りの子よりいろんなことの経験が少ないですから、ちょっとしたところで差が出るんだなと早速思ったのでした。

高校へ通いだしたら、中学の時に不登校だったなんてことは一切考慮されないわけですから(息子自身もそれを望んだのだから)、それなりの覚悟を持っての高校生活になるんだろうなと思います。そう考えるといろいろ不安ですが・・・やってみたら意外とすんなり行くかも?というポジティブなイメージで望んでもらいたいと思います。

そうそう、「中学最後の撮り鉄の旅 」の記事で書いたように、朝早くから友達と出掛けていった息子ですが、その日、夜9時半ごろに汗だくで無事に帰宅しました。お土産を購入していたら、40分に1本しかない電車に乗り遅れたり、乗り継ぎで乗った電車で「車内トラブル(ケンカ)」があったとかで電車が止まったりして帰宅が遅くなったんだそうです。そういうのも旅の思い出ですよね。

ちなみに、息子たちの出掛けた先は「こちら」。3月末で閉館となる「こちら」の記念館にも寄ったり、めがね橋まで歩いていこうとして、挫折した先で偶然見かけた「レンガの建物」へ寄ってみたりしたんだそう。他にもどこか寄ってたかな?無計画な、行き当たりばったりの旅ですが(笑)昼食は、「こちら」の本店で頂いたらしく、お土産に釜めしと箱菓子まで買ってきてくれました。ありがとう!

この撮り鉄メンバーは、たぶん一生の仲になりそうな感じです。高校でも、良い友に恵まれますように。。。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。



0 Comments

Add your comment