Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

 最後の思い出作り

昨日、私は病院へ出掛けていたのですが、息子の方は、朝早くから学校の行事で校外学習へ出掛けておりました。校外学習といっても、卒業前の思い出作りみたいな行事ですね。

場所は横浜。基本は班行動ですが、お昼だけは全員集まって、学校で予約していた中華街の有名なお店で北京ダックを食べたとか。残念ながら、途中で雨がザーザー降ったそうですが、予定に入っていたので、めげずに遊園地で遊んだらしい。息子は高所恐怖症なのですが、流れでジェットコースター的な乗り物に次々と乗せられ、「口から北京ダックが出るかと思った」と言っていました。雨の中乗ったので服は濡れるし、雨粒が顔に当たり、みんなで「イテテテテ!」と騒ぎながら乗ったそうです。雨の中、遊園地へ出掛ける機会なんてまずないでしょうから、それはそれで楽しかった思い出になるのかもしれないですd(´ー`*)ね!
息子はカメラを持っていったのですが、お昼過ぎから雨がひどくて写真を撮る気分にならなかったと言って、午前中だけ撮ったようです。それでも80枚ぐらい撮ってたかな?その中で息子が写っていたのは2枚だけ。他の班員の子は、「カメラ忘れちゃった~」と言って、最初から撮られる気満々だったらしい。ずるいですよね~。でも、班ごとに1台ずつ配られていた携帯のカメラで写真を撮るミッションがあったので、そっちにちょこちょこ写ってると思うと息子が話していたので、そちらに期待したいですね。

ここのところ晴れが続いていたのに、昨日に限って雨。ついてるんだか、ついてないんだか(笑)とにかく、風邪引かなきゃいいけど。息子は、前日にも友達と出掛けていたので、久しぶりの外出が2日連続となり、お疲れ気味の様子。今朝も眠そうな顔で学校へ出掛けていきました。

息子が中学へ通うのもあと少し。土日を入れても10日しかありません。そう考えると、息子の詰襟姿も貴重なのかも。と思いきや、高校でも同じ詰襟なんですけどねヽ( ̄ー ̄ )ノ息子は「ブレザーはスーツと同じだから、大人になっても着られるけど、詰襟は学生の時しか着られないから、詰襟の方が良い」という今どき珍しい?詰襟派なので、喜んでいるのですが。

逆に、詰襟でも、ラウンドカラー(襟の上部に白いパイピングが縫い付けてある)ではなく、襟カラー(取り外し可能なプラスチックのカラー)の詰襟が欲しいと、連日、ヤフオクで検索しているほど。いつも思うのですが、他の子と感覚や趣味趣向の違う変わった子です・・・。

とにかく、元気に中学を卒業してくれること、ソレが一番!d(´ー`*)ね!


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


0 Comments

Add your comment