FC2ブログ
先月1月26日(木)、27日(金)の2日間にわたり、都立高校の推薦入試を受験した中3息子。その合否結果が、今月2月2日(木)午前9時に発表されました。前回の記事でも書いていたように、もし合格となれば、その場で事務的な手続きや制服の採寸・注文などをする必要があったため、私も発表へ付き添って行ってきました。

発表は、高校の正門をくぐったところの壁に張り出されているということだったのですが、まず高校までの道のりが怖い。息子も、「うわ~緊張する。試験受けた時よりも数倍緊張する。まさか発表の方が試験よりこんなに緊張するとは思わなかった」と言っていました。私も一応、高校受験の経験者ですが、田舎の山奥に唯一ある、落ちる方が難しい(笑)と言われていた高校の受験でしたので、「落ちるかもしれない受験」というのは初めての経験で、高校が近づいてくるにつれ緊張しました~(p´Д`;)(;´Д`q)ドキドキ

高校の正門をくぐる前に、張り出されている受検番号が遠くから見えたのですが・・・息子が遠目で素早くチェックして、「無いよ、無いよ、番号無いよ。」小声で言い、すぐに帰ろうとしたんですが、「ほら、ちゃんと近づいて確認しないと。」と息子を促して正門をくぐり、張り出されている発表用紙の目の前に立ち、目で番号を追って確認しました。

え・・・本当に・・・無い・・・? 気が焦ってくるのを内心必死に抑え、何度も確認しました。その結果・・・

『 合格 』  してました

そう。合格してましたよ~!最初、「受検番号がない!」と焦ったのも当然のこと。息子の受検番号は、第一志望の学科ではなく、なんと第二志望の学科の方に載っていました。なんというフェイント攻撃Σ(゚□゚(゚□゚*) 今思い出しても、受検番号が見つからなくて、ああ、ダメだったかと一瞬でも思った時の、あの絶望感たるや、ゾッとします。「受かったらラッキー」ぐらいに考えていたはずの推薦入試。でも、「もしかしたら・・・!」という期待を持たずにはいられかったのは事実。息子の学力的に、一般入試ではかなりの期待薄状態だっただけに、喜びも倍増でした。

合格を確認した後、いろいろ手続きをして、中学校へ戻った息子。学校ではまず、受験結果を先生に報告しなければならないのですが、担任の先生からは、「合格したって?本当か??」と何度も聞き返されたそうです。担任も耳を疑うほどの大金星だったようです。

ちなみにこの日、合格発表を見に行き、学校へ戻ってきた人から順に普段の授業へ合流したらしいのですが、息子のクラスでは体育があったようで、よりによって誰かがゴールしようと投げた剛速球のボールが息子の顔めがけて飛んできたらしく、不意打ちだったため避けきれずに当たり、息子のメガネがぶっ飛んだらしい。幸い、かすり傷程度で済んだのですが、担任に「いろんな意味で当たりの日だな。」と言われたとか。

ということで合格確定したこの日、夕飯時にお祝いでもしようかと思っていたのだけど、その予定は止めて、息子が下校後すぐにメガネ屋さんへ。メガネのフレームの一部が見事にバキッと折れていたので修理不可ということで、新しいメガネを新調するために時間がかかったため、夕飯はその辺で簡単に済ませちゃいました。翌日からは、高校の入学金など諸々の振込みをしたり、なぜか私が体調を崩してダウンしたり、息子のメガネの微調整のためにまたメガネ屋さんへ行ったり、お正月以来行けてなかった義父のところへ合格の報告を兼ねて行ったり、息子の散髪をしたりと、せわしなくあっという間に数日が経ってしまいました。ということで、息子の合否を気に掛けて何度もブログに足を運んでくださった方、報告が遅くなりスミマセンでした~。

私が一時的に体調を崩したのは、胃腸が異常にシクシクと痛かったことから、おそらく思った以上に息子の受験を心配していて、合格をいただいて一気に気が緩んだのだろうと思います。お蔭様で1日休んだら治りました。

息子は一足早く、合格をいただくことができましたが、推薦入試では大半の子が残念ながら不合格となり、一般入試を目指して頑張っているところだと思います。(息子の中学校でも都立推薦を受験した約40名のうち合格したのは10名だけだったとか。)息子の友達も1人は推薦で合格しましたが、他の友達はこれから私立の一般入試、それから公立の一般入試を控えています。猛烈にインフルエンザとか流行っていて心配ではありますが、とにかく受験本番まで病気をしないように気を付けて、全国の受験生のうち1人でも多くの子が合格を勝ち取れるよう、微力ながら祈っております。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


Secret