『僕と彼女と彼女の生きる道』 

2017, 01. 22 (Sun) 08:00

最近、年末年始にかけて録画しておいた番組を、少しずつ視聴しています。その中のひとつが、このドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』。ずっと見てみたいと思っていたのだけど見逃していて、今回やっと見ることができ、少しずつ楽しみに見ているところです。

まだ回の途中ですが、今日見た回では、つい涙腺が緩んでしまいました。以下、あらすじになります。

離婚してしまい、父子家庭になってしまった小柳 徹朗(草彅剛)と娘の凛(美山加恋)。ある日、学校で凛の靴が無くなってしまいます。徹朗は軽く考えていたのだけれど、それ以降も次々と凛の私物が無くなってしまいます。担任に相談しても、適当な対応。そのうち、凛は学校へ行こうとすると吐き気をもよおすようになり、不登校に。徹朗の父からは「甘やかせてきたからだろう。どうゆう育て方をしてきたんだ」とはき捨てられます。

再び、担任へ相談しにやってきた徹朗。しかし担任は「これ以上、私に何をしろと言うんですか」と聞く耳をもたず。ならばと校長に直接話をしていると慌ててやってきた担任は、凛ちゃんが父親の気を引こうとして盗まれたふりをしているのでは?と言い出します。

「凛は嘘なんかつきません!。本気でやってください!」と徹朗は激怒。徹朗の怒りを受けて、やっと動き出す担任。数日後、無くなった凛のクツと下敷きが見つかり、担任からも謝罪を受け、これで明日から登校してくれるはずと思っていたのですが、担任への不信感から「行きたくないです」と言い放つ凛。

数日後、登校する気持ちになり、徹朗と一緒に校門までやってくた凛ですが、校門の前に担任がいることに気付くと動けなくなってしまいます。しばらくして、校門の学校名の表札をまじまじと見つめた凛が、「お父さんが学校の中にいます」と言い出します。”校”の文字の中に ”父”という漢字が隠れていることに気が付く徹朗。

「りん、お父さんが一緒にいてくれると思って、がんばります。」 力強く、1人で校門をくぐっていく凛の姿。←ここで涙腺崩壊


ドラマのあらすじはここまで。
不登校に対する学校の対応だとか、その時の子どもの気持ち、親の気持ち、いろいろとリンクしてしまったのかなと思います。自分自身も、息子の不登校に悩んだ身ですから。

正直、思っていたより良いドラマでびっくりしています。調べたら、『僕シリーズ3部作』の2作目で、テーマは「絆」だとか。3部作の中でも視聴率は最高となっているとのこと。2004年1月に放送されたらしいので、13年も前のドラマだったんですね。どおりで出演者の皆さんが若いわけだ~。

視聴率の高いドラマだったようですので、ご存知の方も多いとは思いますが、不登校を扱ったドラマだということで、記事にさせてもらいました。これから最終回まで、どんな展開になるのか!?楽しみに見ていきたいと思います。

僕と彼女と彼女の生きる道 [DVD]
僕と彼女と彼女の生きる道 [DVD]
ビクターエンタテインメント 2004-06-25
売り上げランキング : 4274


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






コメント

コメントの投稿

非公開コメント