*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝負の3学期、始動!
とうとう昨日から3学期が始まりました。受験生の息子にとっては、勝負の3学期です。

今年の冬休みは、上手いこと土日祝日が連結し、例年より少しだけ長い18日間の冬休みとなりました。受験生でなかったら大喜びだったのでしょうが、生憎、受験生である息子。冬休みの3分の2は塾へ通っていました。とはいえ、1日、2~3コマですので、他の子と比べたら少ないのですが、学校の宿題もありましたので、ちょうどよい感じだったのではないかと。年始に少しだけ頭痛を訴えた以外は特に体調を崩すことなく、塾の全てのスケジュールをこなし、学校の宿題も追い込まれずに済ませることができました。

学校側も子供達に受験勉強に専念してもらいたいという思いがあったのでしょう、宿題が例年より少なく、数学ワーク約30ページ、英語ワーク約20ページ、書き初め、家庭学習20ページ以上ぐらいだったので助かりました。例年だとさらに国語・社会・理科・音楽の宿題もありましたので、ヒイヒイ言ってましたが、今年はスムーズに終わりました。

冬休み中は、主人の実家へ2回ほど顔を出したのと初詣に出掛けた以外は、特に外出は無く。息子に限っては、他校に通っている友達から数ヶ月ぶりに電話があって、1時間だけ外出し友達とおしゃべりする時間が持てたのが唯一の息抜きでした。とにかく、勉強漬けの冬休みでした。それでも、まだまだ油断できない状況なんですけどね。。。

そうそう、初詣で毎年恒例にしているおみくじを引いたんですが、なんと息子、人生初の大吉を引きました!!受験生で大吉とは、縁起が良過ぎます!ちなみに私は小吉、主人は末吉でした。去年は私が大吉だったんですよね。それで息子の不登校が改善してくれたのかな?今年は是非、息子に良いことが起こります様に。新しい場所で新しいスタートが無事に切れますように。お守りも新しいものを購入しました。こういう時だけ、神頼み^^;;

冬休み中に塾や家で、都立入試の過去問をひたすら解いていた息子。昨日の夜、ぽつりと言っていました。「入試問題をさんざんやってみて、学校の定期テストがすごく簡単だってことがやっと分かった。今なら学校のテストで高得点取れる自信がある。」と。まあ、実際には怪しいものですが、それぐらい都立入試の過去問は難しいようです。私も息子の勉強に付き合ってちょっとやってみたのですが、とにかく読まなければならない文章が多い!例えば理科。片面で収まりきれない量で実験図や実験の経過の様子、実験結果をまとめたものがズラ~~~~~っと書いてあり、(問1)が出てくるのが次ページだったりする。・・・書字障害などの障害がなくても、読みたくないレベル。それとも私が最近、老眼気味だから?(笑)息子が「目がチカチカする~読みたくない~読める気がしない~」と言っているのがよくわかる。でも、「えいっ!」と気持ちにムチ打って読んでみると、実はたいした内容じゃなかったりするんですよね。4択の問題なんかも、基本がわかっていれば自然と答えを絞り込めるようになっているし、難しそうにずらずら書いてあるけれど、基本的なことさえしっかり押さえていれば、なんとかなりそうじゃない?なのに、見た目の文章量で腰が引けてしまう息子。困ったものです。。。

そんなことなら、そういう問題形式に慣れる為に、入試の過去問を中3になってすぐにでも始めれば良いのに~なんで塾では冬休みに入るまでやらせなかったの~と私が愚痴っていたら、主人が一言「そんなことしたら、みんな頭が良くなり過ぎて、塾に通う子が減るからだろ。塾だって商売だからな」だって。・・・大人の事情なのね。よくわからないからって、塾に受験対策を丸投げっていうのは良くないんだなと言うことを今さらながら実感した私なのでした。

そんなこんなで今週末は、第一志望の都立高の入試説明会があるので、息子には学校を早退してもらって参加予定。23日は、都立高の推薦願書の提出日。息子は、推薦入試を受験する予定なので、提出には私が行かなくちゃならないのかな?と思っていたのですが、どうやら生徒本人が提出するらしいとの噂。ということは、一旦登校してから各自、高校へ出掛けるのかな?それが中学校側の指示なのか高校側の指定なのかはわからないけれど。息子曰く、まだ詳細は不明らしい。そして、26日、27日が都立高の推薦入試日。2日間に渡って行われます。息子の志望校では、1日目が集団討論と実技検査、2日目が個人面接が行われるらしい。集団討論の練習は、学校で最終練習が1回行われるらしいですが、個人面接の練習は学校ではもうやらないらしく、家でやるしかないですね。時間を作って、これから毎日5分でもやらせようと思っています。

実技検査に関しては、作図をさせるということなので、とりあえずこんなのが出るんじゃないの?という予想で、技術の授業で習ったものを練習中。あとは、似たような高校の実技検査の過去問をネットで見つけてきて、それをやらせてみたり。実は、真っ直ぐな線を引くのが苦手な息子。約1年前に学校の技術の授業でやった作図(キャビネット図、等角図)は、角が繋がってないし、途中で歪んでるし、そもそも辺の長さが違うなど全て×、不思議絵?トリックアートのような作図をしていたのだけど、今回やらせてみたら、なんと!意外とサクッと書けるようになっていてビックリ!どういうこと!?とにかく、少し希望の光が見えてきました。入試の時は、なるようになれ!っていう感じです。

運を味方につけて。なんとかなりますように。息子の努力が実りますように。



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。





テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。