Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

 進路、大詰め!そして息子の近況

こんにちは。寒い日も増え、インフルエンザ、ノロウイルスが流行りだしていますね。毎年、誰よりも早く感染する傾向のあるのがうちの息子。ストレスを感じやすい体質であるが故、体の免疫力がずば抜けて弱いんだろうなと感じています。昨年は、2学期の期末テストが終わった後、誰よりも早くインフルエンザB型に感染し、楽しみにしていた「職場体験」に行けなかったという悲しい思い出が・・・(こちらの記事(後半です))。

そして今年度も先週、2学期の期末テストが終了し、昨年インフルに感染した同じ時期を迎えています。昨日から「腹の調子がおかしいんだよね」と言い出した息子。息子の風邪の引き始めは、いつもお腹の不調から始まるんですよね。今年は息子が受験生だということもあり、生まれて初めて家族全員でインフルエンザの予防接種を受けましたので、もし感染したとしても軽く済むだろうとは思いますが、絶対感染しないというわけではないので心配しているところです。

そうそう、先週終わった2学期末テストの結果ですが、もう少し取れるかと思っていた教科が伸び悩んだり、以前と変わらずの教科もあったりしたのですが、期待していなかった教科がちょこちょこ点を取ってくれまして、結果、フタを開けてみたら9教科合計点が定期テスト史上、最高点となりました特に嬉しかったのが数学!期待以上に伸びてくれたので助かりました~(たぶん、図形の問題が多く出題されていたおかげ)。そして、なぜか実技教科が得意な息子。安定の得点に加え、なぜか美術がダントツの高得点で、今回の総合得点を支えてくれました。これで少しは内申点がUPしてくれると良いんだけどな~。

息子の進路の話になりますが、前回の記事で書いていた「通学時間が長いから」という理由だけでずっと却下していた私立のC高校。ホームページも見て、パンフレットも取り寄せて見た上で、先日、息子と2人で説明会にも参加してきました。印象は、すごく良かったです。息子みたいに初歩的なところが理解できていない子を想定していて、学習の学び直しが出来るようにという配慮が随所にあり、先生方もしっかりした印象、生徒さんの話も聞いたのですが、やはり中学の授業についていけなくなってしまい、C高校でやり直したいという思いから入学したという子が多く、そういう目的意識を持って入学しているためか、真面目な感じの子が多く見受けられました。そして、校内アンケートによるとこのC高校に在学している生徒は、いじめられた経験のある子が7~8割ということで、多少の小競り合い程度のトラブルしかないとのことでした。生徒さん達の雰囲気が息子に似ているな~と思っていたのですが、なるほど、息子と似たような経験をしてきた子達が集まっていたわけなんですね。とりあえずで都立の普通科(しかも底辺校)へ行くんだったら、断然C高校が良いねという意見で、息子と一致して帰宅しました。(ちなみに、C高校は普通科)

C高校、気に入ったのは良いのですが、やはり気になるのが通学時間。うちからだと、ドアツードアで約1時間20分。どうなのよ?ちなみに、C高校の説明会の帰り、電車の中でいびきをかいて寝ていた息子。・・・・こいつ、1人だと必ず寝過ごすに違いない!!とさらに不安になったのでした。肘で突っついて起こすと、「あれ?寝てた?」って、自分が寝ていたことに気付いてないし。息子はどこでも熟睡できるのが特技の一つ。勉強中もシャーペンを持ったまま寝オチするし(寝てないと言い張る)、そういえば、以前友達と電車で遠出した時も、帰りの電車で熟睡したらしく、「よく電車で爆睡できるね!」と友達に言われたといってましたね。(←この時は、降りる駅のちょっと手前で目が覚めたらしい。)私が隣にいたから油断してただけならいいのですが、通学することになったら、おそらく朝は6時45分ごろには家を出て、部活が終わって帰宅すると19時半ごろになるわけで。耐えられるか?と不安。個別相談で話を聞いたところ、C高校には、2時間ぐらいかけて通ってる子もいるのだとか。その辺は、息子の気力・体力と相談ですね。C高校には通信制もあり、週に数日通える上に登校時間が1時間ほど遅く、部活は土日だけで下校時間が早いみたいなので、私だけでも説明会に参加して話だけでも聞いてこようかと思っています。

そうそう、息子といえば、最近、息子の生活スタイルに変化がありました。中学校への通学へは、いつもバスを利用していたのですが、先週半ばから徒歩で通いだしました。そもそも、うちからだと私の足で22分の距離にある中学校。徒歩でも十分通える距離なのだけど、同じ小学校出身の別の中学校の子と通学路ですれ違うのがイヤだとか、カバンが重いので、登校だけで体力消耗してしまって放課後まで体力が持たない、という理由でバス通をしていました。(その代わり、下校は徒歩) きっかけは、雪。先週、都内でも雪が降った日、バスが混むのを嫌った息子が、「今日は歩いていくから」と言いだしたのがきっかけ。その日の帰宅後、「明日も歩いて学校行こうかな。意外と良かったんだよね。」と。学校へ着くころにちょうどよく体が温まって、授業が始まる前のウォーミングアップにちょうど良いんだとか。あと、バスの時間に急かされずに、自分のタイミングで家を出られるのがとても気が楽なことに気付いたんだとか。「授業で頭を使うから、その分、体を動かしておいた方がちょうど良いんだよ」と言い出したのには、私も主人も驚かされました。あんなに、徒歩通学を嫌がっていたのに。いつのまにか道で同じ小学校出身の子と会っても、動揺しなくなったようですし、ここに来てまた少し成長を感じたのでした。 

そういえば、先日も外部の模擬テストを受けるために1人で出掛けたのですが、以前みたいに緊張で何度もトイレに駆け込むことも無く、普通に「いってきまーす」と出掛け、会場では急遽、別の校舎へ会場が移動などという事態もあったようですが、ちゃんと対応して無事に帰宅、「成長したな~」と主人もしきりに言ってました。実は今月は、朝、頭痛のあった日があったのですが、「薬飲めば大丈夫だよ。」と言って登校。別の日の朝には、急に咳き込んだ拍子に吐き気をもよおして嘔吐したのですが、「大丈夫。落ち着いたから、1本遅いバスで学校行く」と言い、私が「遅刻すれば?」と言っても「遅刻も欠席もしたくない」と言い張り、登校した日もありました。(一時的な嘔吐で、病気ではないです) 小さい頃から親への依存・甘えが強く、精神的な成長が遅い子だったのが、ここへきて精神的にどんどん成長してくれているのを実感できるのは親として嬉しいことです。高校生になれたら、また変わるのかな?

上記のほか今月は、学校では卒業アルバムに向けての個人の写真撮影や部活ごとの撮影、授業風景の撮影などがあったり、先生相手に面接練習もあったりしました。受験にばかり気をとられていたけれど、それと同時に中学卒業も近づいているんですね。来月上旬には、最終的な進路決定となる、最終の三者面談があります。とにかく、体調には気をつけて乗り切って行きたいと思います。




2 Comments

小林 一弘  

・・・よかった!頑張って!!!(笑)

2016/12/09 (Fri) 21:22 | EDIT | REPLY |   

るい  

Re: タイトルなし

ありがとうございます!頑張りますv-290

2016/12/10 (Sat) 17:41 | EDIT | REPLY |   

Add your comment