Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

 やる気スイッチ、ついにON!

こんにちは~。記事を更新しようと思いつつ、バタバタしていて少し間が空いてしまいました。

さて、息子ですが。5月、6月は修学旅行の事前準備 → 修学旅行 → 運動会の練習 → 運動会と学校行事へ向けての活動がずっと続いていて、登校時間は早まるし、帰宅時間は遅くなるし、息子にとっては結構ハードな日々でした。運動会も終わり、少しは休めるかと思いきや、実は運動会の約1週間後には漢検、約2週間後には期末テストを控えていたので、上記のスケジュールの合間に漢検と期末テストの勉強も同時進行しておりました。とはいえ、疲労でダウン寸前の日も多く、その日の塾と家庭学習(毎日やって翌日提出)を終えるだけで精一杯、漢検やテスト勉強まで手が回らない日も多く、どうなることやらとヤキモキしていました。

漢検の勉強は数日置きに過去問を合格するまでやったのですが、なかなか合格点が出ず。完全に練習不足、時間が足りない( ノД`)それでも、せっかく息子がやる気を出して申し込んだのですから、「とりあえず放課後、頑張って受けてこーい!」と息子の背中を押して学校へ送り出したのが約2週間前。「こう見えて、本番に強いんだよね」と、どこから沸いてくるのかわからない自信を見せていた息子、どうなることやら・・・と思っていたら、帰宅後の第一声が、「やべえ!漢検、思ったより書けたんだけど!」でした。完全に諦めムードだったのに、ちょっと期待させる展開!?ドキドキしつつ結果を待っているところです。
期末テストの勉強は、今回は塾も利用していこうと思いまして、臨時でコマを数回入れまして、テスト1週間前からは毎日塾通い。息子にとっては初めての経験です。そして帰宅後は夕飯後にもまた勉強、その後にお風呂入ったり時間割揃えたりで寝るのが0時過ぎ・・・という感じ。随分頑張ってるな、体調大丈夫かなと思っていたら、案の定、テストの3日前に風邪を引いてしまいました。聞けばクラスで似たような風邪が流行っているらしく、熱出して休む子もいたり、喉が痛いと言っている子、マスクしてる子もいたり。息子も喉の痛みと頭痛を訴え、いよいよ欠席かと思った日もあったのですが、「どうしても休みたくないんだよな~」と息子が言うので、頭痛薬を飲ませて少し休ませたところ、幸い頭痛が消えたので遅刻で登校しました。以前だったら完全に欠席していたパターンです。この日の朝、遅刻しますということを担任に電話連絡したのですが、「いや~、本当に逞しくなりましたね」としみじみと言われました。

先生がそんな風に息子のことを感じるのもわかります。いつも近くにいる私や主人も「明らかに今までと違うね、強くなったよね」と会話してしまうほど、近頃逞しくなりました。約2週間ほどあった運動会の練習で、ちょっと体力がついたと実感したらしい息子は、「せっかくついた体力をこのままキープしたい」と言い出し、運動会終了後からは自分から意識して体を動かしたり鍛えるようになりました。とはいえ特別なことはしていなくて、普段はバスで通学しているのですが、帰りは意識して徒歩で帰ってきたり(←これは以前からやってました)、うちはマンション住まいなのですが、エレベーターを使わずに階段で上がってきたり(←具体的には書きませんが我が家は6階以上10階以下の階なので、重たい鞄をもって上がるとなると結構ハードです)、以前から寝る前に腹筋10回、あとは気まぐれでアームバーをやっていたのですが、運動会後からはアームバーを曲げた状態で腹筋をするという技?を自分で考え出したようで、それをベッドの上で40回前後やっているようです。先日息子に、「ちょっと見て」と言われ、息子の体を見たところ、息子のポヨンとしていたお腹が少し引っ込み、二の腕が少し硬くなってきていたので、(本気でちゃんとやってるんだ~!)と実感しました。

2週間ほど前には塾の面談があり、主人も一緒に塾の先生と会い、今後の話などをいろいろとしてきました。そのさらに2週間ほど前には学校側に「進路希望調査」というものを提出しなければならないということで、その頃から進路についての会話が家族間でかなり頻繁に繰り広げられていたわけですが、その流れからのいいタイミングで「塾の面談」があり、主人がどんどん塾の先生にあれこれ聞きまくるものですから、かなり突っ込んだやりとりが行われたと思います。私もそうですが、息子もかなり刺激を受けたようです。その日の夜、息子が言った一言。「なんか今日、変なスイッチが入ったんだけど!」塾の面談でいろいろ話を聞いているうちに、なんとなく息子の中で進みたい方向、目標らしきものが見えてきたらしく、なんだかしらないが、やる気がみなぎってきたのだとか。それってつまり、「やる気スイッチ」ってヤツですね?待ってましたっ!!ヽ(≧∀≦)ノ

息子の「やる気スイッチ」が入ったのが漢検の翌日だったのですが、その後のテスト勉強は、「やってる  やらされてる」という感じになり、前回に引き続き、今までのテスト勉強の合計時間記録をまた更新しました(2390分)。まあそれでも受験生としては少ないんでしょうけれど。3年になり学校を休まずに登校するようになってすぐ、いつもより1本早いバスで登校するようになった息子。登校時間に正門に立っている校長先生や係の子に挨拶されるのがイヤだ、という理由らしいですが、早めに登校して人もまばらな教室で息子は1人何をしているのかと思ったら、なんと自習をしていることが発覚。ドリルとかノートとか急に提出だと言われてもやりこなせないから、少しずつ自習で進めているんだそうです。それでも間に合わなくて、テスト期間中、提出課題にかなり手こずりましたが。でもね、その頑張りと意識は凄いと思う。基本的に真面目で素直な息子。こんな風に人知れず努力してもなかなか結果を出せないことだらけで悔しい思いもしているけれど、いろいろな苦難を経て今、こうして自分から努力して頑張れるようになった息子を私は心から凄いと思うし、息子が今後ずっとこういう気持ちを持ち続けられるならきっと何らかの形で何かに繋げていけるはず。よくわからないけど、今の息子ならきっと大丈夫なんじゃないかって思えるようになってきました。

そうそう、今回の期末テストでは息子にとって1つ、大きな成長がみられました。それは、国語のテストで入試を意識して200字程度の作文を書かなければならないのですが、作文が大の苦手な息子が、なんと今回初めてぎっしりと書けたんだそうです。作文への配点が10点もあるのに、毎回空欄にしていた息子。今回は、「ちょっとでも書けば、お情けで少しでも点数くれるかもしれないから、少しでいいんだから書くんだよ」と助言したのですが、「うん、わかってるよ」と言っていた息子。今まで作文をすらすらと、しかも短時間で書いたことがなかったんですよね。それが今回、マスが足りなくなるぐらいびっしりと書いたと。書き出したら止まらなくなって、逆に言葉を削って無理やり200字以内に仕上げたと言うんですから、天変地異の前触れかと思いました。首都直下型地震とか急に来るかもしれません。みなさん、お気を付け下さい。

そんなこんなで、今日もまた出席日数を更新中。息子が頑張ってるんだから、私も頑張んなきゃ、ですね。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。

2 Comments

ケロ子  

おはようございます♪

息子さん、どんどん変わってますね!
自分からすすんでやっているなんて、すごい。

もしかしたら、うちの子もいきなり気持ちが切り替わるときが来るかも。
いまスクールカウンセラーさんにせきたてられて、不登校の子向けの学校見学に行き始めたところですが、普通の学校も見にいかなきゃ〜と思いました。本人の気持ちがどこで切り替わるかわかりませんものね。

高校の授業公開、学校見学って、日にちが限定されてますよね。特定の時期に集中していて、調整するのが大変そう〜
息子さんに合いそうな学校がみつかりますように。

2016/07/02 (Sat) 07:17 | EDIT | REPLY |   

るい  

Re: おはようございます♪

ケロ子さん、こんにちは!

そうですよ、ケロ太くんだっていつスイッチが入るかわかりませんよ~。
うちもつい数ヶ月前までは、息子が学校へ普通に通う日がくるとは思えませんでしたから。

とはいえ、どうしても学力が今の授業に追いつかない現実。
高校選びはしてみるものの、現状ではどこも難しい状態です。

ケロ子さん、どんどん高校見学に行かれててすごいですね!
うちは夏休みに入ってからかな。正直、まだどこへ見学に行くかも決めてません。
見学したいと思っていた学校の日程が数校かぶってしまったので、どうしたものかと検討中。

ちょっと頑張って少し上の学校を選んで、運よく通えることになったとしても、授業についていけなくてまた不登校になるのも困りますし、
だったら今の息子が入れる学校を選ぶとなると、すごく評判が悪かったりで困っております。。。
チャレンジやエンカレッジはイヤだって言うし。気持ちとしては、みんなと同じことをしたいんですね。

とにかく、中学で苦労した分、高校では充実した学生生活を送らせてあげたいですよね。
ここだと思える高校に、お互い巡り会えますように!

2016/07/04 (Mon) 10:19 | EDIT | REPLY |   

Add your comment