テスト勉強、真っ只中! 

2016, 05. 09 (Mon) 15:57

こんにちは~。
GW中は家族が家にいましたので、ブログの更新が出来ず、久しぶりの更新となります。みなさん、どんなGWを過ごされましたか?我が家では、息子の中間テストの予定が迫っているということで、テスト勉強に必死に取り組んでいた関係上、どこかへ出掛けるということはなく。息子の希望で近間のリサイクルショップとブックオフへちょっとだけ行ったぐらいでしょうか(笑)

春休みもどこにも行けませんでしたから、GWはどこかで息抜きさせてやりたかったのですが、受験生ですし。不登校で勉強がすごく遅れてますし。課題がてんこ盛りですし。ということで残念な連休となりました。テストが明けましたら、短時間でもどこかでリフレッシュさせてやりたいと思っています。

5月に入り、今のところ、息子の欠席なしの快進撃は続いています。かなり疲れ気味ではありますが。学校へ登校しただけでヘトヘト。テスト勉強するにも疲労が邪魔をして、合間に昼寝が入りがち。中3でまだ日常的に昼寝してるって。幼児じゃないんだからって感じですが、眠くてウトウトしながら勉強しても効率が悪いですから、仕方がない。これがまた1度寝てしまうと、2時間から3時間はぐっすり寝てなかなか起きないので困り者。以前は2時間で起きてくれたんですが、ここ最近の昼寝は3時間の時が多くて。そういうところからも、かなりお疲れなんだなって察しています。4月から急に休みなく、学校のスケジュールをこなし始めたんだもの、急激な生活スタイルの変化、それは疲れるよねって感じです。
中間テストが近いと言う事で、毎度の事ながら、私も息子の勉強に付き合ってやっています。期限付きの提出物、ノートやらワークやら問題集やらが幾つかありまして、これが結構な量。いつもでしたら、「どうせテストで点が取れないんだから、せめて提出物だけでもきちんと出そう」という考えから、提出課題をこなすのを優先し、それだけでテスト期間が終わってしまっていたのですが、今回は少しテスト期間の取り組み方を変えてみました。

提出課題を優先してしまうと、どうしても取り組める教科に偏りが起き、勉強できるテスト範囲も限定されてしまうんですよね。英語・理科・国語のワークだけやって、他の教科が一切勉強できないとか、ワーク以外のテスト範囲に手が届かないとか。そうなると、必然的にテストの点にも響きますし、悩みどころではありました。ということで、今回は勉強した教科と時間が一目瞭然の簡単なグラフを作って、5教科をバランスよく勉強していけるように工夫してみました。

KIMG1546.jpg


なんてことはない、手書きのグラフですが。1目盛り10分で作ってます。どの教科の勉強が疎かになっている、っていうことがこのグラフで一目瞭然なので、グラフが凹んでいるところを見て、「じゃあ次、この教科をやろう」ってなりますので、バランスよく勉強できるようになりました。学習内容は、提出課題を意識しつつ、他の範囲もやるように仕向けていますが、これが凶と出るか吉と出るか。このやり方だと、たぶん英語と数学のワークは提出期限に間に合わないとは思いますが、テスト本番までの残った時間でどこまでやれるか、ですね。答えを丸写しするのは簡単なんですけど、それでは意味がないと思いますし。期限内に無理やり終わらせたとしても、結局、通知表では最低ランクの評価のことが多いので、どうせなら期限が遅れても、身になる勉強をさせてやりたいと思っているんですが。心境は複雑です。期限に間に合うような努力だけはさせていくつもりです。

うち以外のLDの傾向のあるお子さん達は、どんな勉強方法を行っているのか?っていうのは、是非知りたいところではあります。周りに聞ける人がいないので、知る術はありませんが。一応、塾で数学を週1でやり始めてから、数学の苦手意識は少しずつ減ってはいるようです。私に質問することなく数学のワークを1人で解いている姿、ここ数年で初めて見ました。英語に関しては、be動詞から始めなくてはならないような致命的なレベルなので、こちらも近いうちに塾にお願いしようかと検討中。耳コピが得意みたいで、英語の発音だけは良いんですけどね(笑)

他の勉強方法に関しては、息子はゲーム感覚での勉強なら比較的気軽に取り組んでくれるので、以前、ベネッセから出ているDSの学習ソフトをヤフオクで落札し、それをやらせてテストの成績が伸びたこともありました。提出課題優先で勉強していると、DSで学習する時間すらなくて最近は使ってなかったんですが。いろいろ工夫して、効率よく勉強させたいなと試行錯誤しているところです。

テストが終わったら、今月末には修学旅行、来月頭には運動会と予定がいっぱいです。どうか無事に過ごせますように。



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント