*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
新年度で、いろいろと。
こんにちは~。ちょっと間が開いてしまいましたね。実は風邪を引いてしまいまして、記事の更新を控えていました(長文なので意外と気力・体力・時間が要るんです)。先週土曜日に主人が風邪で体調を崩し、インフル後に無理して仕事してたからね、って話していたら、私にも感染したらしく。おととい病院で薬をもらってきて、やっと喉の痛みと頭痛から開放されてきたところです。幸い、息子には感染していません。

そうそう、テンプレートを変えてみました。迷った挙句、これに落ち着きました。以前も使っていたものなんですけどね。なかなか新しいテンプレートで気に入ったものがなかったので・・・でも、環境の変化に弱い私は、使い慣れてるぐらいのほうが落ち着きますね。

新年度のこの季節、いろいろとバタバタしてました。今年度は、「町会役員」という肩書きが我が家に回ってきまして、仕事内容はよくわかっておりませんが、前年度の方から引き継ぎまして、途端に次々とやらなければならないことが多々あり、追い立てられるように幾つかこなしたりしてました。学校のPTAの数倍、忙しいんですけど。昔ほど酷くはないですが、対人や電話恐怖症持ちなので、同じ町会の面識のない方と連絡取らなければならないのがかなり苦痛ですが、来年3月までの辛抱です。
先週の金曜には学校の保護者会へ参加してきました。年度初めの1発目の保護者会では、「PTA役員決め」という、それはそれはとても恐ろしい試練があります。これがイヤで、わざと欠席する保護者が結構いるんですよね~。私は昨年度、しっかり務めましたから、またやらされることはないでしょう♪と気軽な気分で行って来ました。

ところが中3ともなりますと、大半が役員を経験済みという状態になっており・・・当然、未経験者に優先的やっていただこうという流れになるのですが、実際数名しか居らず。そのうち保護者が外国の方で、日本語が全く理解できないという方も数名おり(暗黙の了解で免除)、結局数人が2度目の役員を引き受けなくてはならないという最悪の事態に。

当然ですがなかなか決まらず、話し合いは予定時間を大幅に過ぎ、どうなるかと内心ヒヤヒヤしおりましたら、痺れを切らしたのか2度目の役員をやってくださるという神様、仏様のような方が現れまして、なんとか役員を逃れることができました。町会役員ってだけでも結構ギリギリな状態だったので本当に助かりました。

話はちょっと変わりますが、この保護者会では息子の友達Sくんのお母さんに会いまして、気さくに声を掛けていただきました。うちは通学区域外からこの中学に通っていますから、知ってる保護者は子どもが同じ小学校だった子の保護者3人ぐらいしか知らないので、Sくんのお母さんは数少ない貴重な顔見知りです(Sくんと友達になった息子に感謝!)。Sくんのお母さんは、顔見知りが多いようで、声もよく掛けたり掛けられたりしてるのにそんなに群れて行動する感じではなくて、私に声を掛けてくださった時にも1人で椅子に腰掛けていましたので、お断りして隣に座らせてもらいました。

お会いする機会も少なく、学校の保護者会ぐらいでしか会えないのでちゃんとお話したことがなかったのですが、待ち時間でお話しする機会があって、なんだか嬉しかったです。子供の話がメインですけどね。Sくん、学校での出来事をベラベラ話してくれるタイプだったのに、半年ぐらい前からある日急に話さなくなったらしく、「どうしたの、あんた病気なの?」って聞いちゃったとか。お風呂の後も去年までは素っ裸でうろうろしていたのが、着替えてから出てくるようになったとか。体を触られるのも嫌がるのだとか。「急にお年頃になっちゃったんだね~」なんて話をしてました。 思春期って別名「第二反抗期」っていうらしいですね。Sくんのお母さんは、「急に話してくれなくなって、寂しいわよ~」って言ってました。

それに比べ、うちの息子。学校から帰ってきたら、カバンを床に放り投げ、「あー疲れた」から始まって、ベラベラベラベラベラベラベラベラ・・・一通り話し終えると、やっと自室へ行き、着替え(笑)夕方、勉強はリビングでやっているのですが、その間にも「あ、そういえばママ!」と話しかけられ、ベラベラベラベラ・・・と数回。私がキッチンや別の場所にいると、わざわざ歩いてきてベラベラベラベラ。勉強よりしゃべってる時間の方が長んじゃないの?という感じ。(基本的に、どんなに忙しくても子どもの話を拒否せずに、その場でまたは後から必ず聞いてやるスタンスでやってきたので、話しやすいのかもしれません)

お風呂上りに関しては、息子は素っ裸で歩くようなことは小学低学年ぐらいまでですかね。後は腰にタオル巻いてるか、パンツ1枚でいるか、下半身だけパジャマに着替えてから出てくるとか。その辺の意識は早かったかな。

上記のように、まったく反抗期のカケラも見られないうちの息子、やっぱり精神年齢が幼いのか?と少し気になっていました。以前息子に、「親と話ししたくないとか、触られたくないとかないの?」と聞いたところ、「なんで~?兄弟がいれば兄弟で話すからいいとか、スマホ持ってたら友達とラインするからいいとかなるかもしれないけど、兄弟いないし、スマホも持ってないし(息子はガラケーです)、っていうか、友達が携帯持ってないし、親とも話さなくなったら家にいても面白くないじゃん。」という返答。「親と出掛けるのとか、嫌がる子もいるよね」と言うと、「え?別に全然平気だけど?」とあっけらかんと言われました。 主人に「自分が中学ぐらいの時、反抗期あった?」と聞いたところ、別になかったかなという返事。(主人の場合は、義母が口を挟めないぐらいのマシンガントークだったので、ほとんど聞き役に徹していたそうで、そのため家では常に無口だったらしく、もし思春期があったとしても気付かなかったらしい。※主人は決して無口な人ではないですよ。)そういえば私も親と口を利かないとかなかったよね、と思い出し、息子に反抗期が見られないのは、精神年齢が云々以前に親からのそういう遺伝と、持って生まれた性格に違いないと思ったのでした。

主人いわく、「Sくん、急に話さなくなったってことは、好きな子でも出来たんじゃないの?」と。う~ん、どうなんでしょうね?徐々に話さなくなるんじゃなくて、ある日を境に急に話さなくなるって確かに怪しいかも。うちの息子のように、女の子の気配がまったく感じられないのもある意味、寂しいですが(笑) 息子が家で話をしなくなるなんて、今のところ全く想像付きません。できれば息子には、ずっとお話してて欲しいと思う私なのでした。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。



テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

うちも中2だけど中2病とか反抗期ってほどのものはないですね〜まだまだかわいいです♪
無口なほうだと思うけど、中学生になってかなりおしゃべりしてくれるようになりました。
そして3学期ぐらいから、「なにか質問ない?」とわざわざ向こうから仕掛けてくることが増えまして;; おぉ、なんでも話してくれるのか!と思ったら、これがそうでもなくい。質問の内容がかなり限定されるので、かえってムズカシイのです。
たとえば「部活(美術部)でなに描いたのー?」とか「どんなこと話しながら帰ってきたのー?」という質問はOKなんだけど、「クラスの女の子でだれがいちばんかわいい?」とか「明日の5時間目はなに?」「塾の宿題どれくらい出た?」といった学校関係の質問はNGで、「ダメ! 質問2つ追加!」となります。もうひねりだすのが大変;; いつかブログのネタにしよう。

ケロ太は現実世界では女の子と話しませんが、いま大人気の広瀬すずにニヤニヤしてまして、「ちはやふる」も観に行きました。すずちゃんが学校にいれば速攻学校に行くのにねーとイヤミを言ってやりました(ケロ太「もちろん行くよ!!」)。そのうち青春してくれるといいなと思います。

おっとそろそろ起こさないと。平日は相変わらず午後からでないと起き上がれませんが、目は覚ましてもらいますよ♪
ケロ子さん、コメントありがとうございます!コメントが遅れてしまいすみません。

ケロ太くんへの質問、なかなか難しいんですね。微笑ましく読ませてもらいました(笑)是非、ブログのネタにしてください!

そうですか、広瀬すずさんに夢中とは、それはそれで青春してますね~。
そうえいばうちの息子、テレビとかドラマ、映画はさんざん見ているのに、
好きな芸能人とかでも女性の名前は聞いたことないんですよね。

>すずちゃんが学校にいれば速攻学校に行くのにねー

ホントですよね(笑)そういう存在がいればどれだけ助かることか!

楽しいコメントありがとうございました^^
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon