Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

 『トビラノムコウ』

私のブログからもリンクさせていただいてる、きりんさんが本を出版されましたので、この場を借りてご紹介したいと思います。

トビラノムコウ
トビラノムコウ山下 康代

マキノ出版 2006-03-14
売り上げランキング : 949122


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新刊本『トビラノムコウ』

写真・著/山下康代
発行/株式会社マキノ出版
装丁/山田満明
発行定価/本体¥1300(税込¥1365)
体裁/46判上製・328頁
出版/3月15日(水)

~あらすじ~

長い間、深い海の底へ閉ざされていた記憶が今、ここによみがえる。

緘黙、いじめ、喘息、自閉、登校拒否、高校中退、引きこもり、セックス依存、リストカット、 自殺未遂、 精神科病棟…。
「吃音(どもり)」という十字架に囚われた「私」がホントウに欲しかったものとは、いったい何なのか? 未完成のパズルを一冊の本にまとめ上げた時、「私」はようやくトビラノムコウへの第一歩を踏み出す。

もし、あなたの娘が、妻が、暗くて長いトンネルの中へ迷い込んでしまったとしたら・・・? もし、あなた自身が、深い沼の底へ引きずり込まれてしまうとしたら・・・アナタハ、ドウシマスカ?ナニガデキマスカ?

紀伊国屋書店、ジュンク堂書店、丸善、文教堂、八重洲ブックセンター等、全国書店の他、Amazon.co.jpやセブンアンドワイ、楽天ブックス等オンライン書店でも発売中!

※追記※
この本の出版によって私個人が得た収入(印税)は、吃音や弱視、難聴、心の病など、見た目には分からない障害や症状、病気を抱えた人達がこの世で少しでも生きやすくなるために身につける「マイノリティー・マーク(仮称)」、及び彼らを手助けしたい人達が身につける「マイノリティーサポート・マーク(仮称)」の開発費用に利用させていただきます。
詳細はこちらまで⇒http://www.geocities.jp/minority_net/

山下康代kumakumaheart-0810@yahoo.co.jp

(本の詳細は、きりんさんのHP「マイノリティー☆サポート」より引用しました)

きりんさんは、緘黙の経験者でもあり、そのことも著書の中で触れているようですので、この場で紹介させていただきました。実名で自分自身をさらけ出した、勇気ある出版です!私もまだ読んでいないのですが、近々入手して読もうと思っております。同じ緘黙経験者として、見逃せない1冊だと思っています。(注:回し者ではありません(笑))

尚、きりんさん本人も書いていましたが、この本で得た収入は、「マイノリティー・マーク(仮称)」、「マイノリティーサポート・マーク(仮称)」の開発費用として利用されます。このマークの意図は、きりんさんの日記(3/10分)に書いてあります。このマークに少しでも賛同される方は、本の購入を検討されるよう、私からもお願いします。



2 Comments

きりん  

きゃ~♪
本の紹介を載せていただいて、ありがとうございますm(_ _*)m
もう、びっくりするやら嬉しいやら・・・感激しまくりです☆★☆
実名を晒したのは、なんか、良かったんだか悪かったんだか・・・w
今となっては、ちょっと後悔してなくもないかな^^;

2006/03/22 (Wed) 22:14 | EDIT | REPLY |   

るい  

実名での出版、後悔されてるんですか??
いやいや、私は実名での出版は良かったと思いますよ~。
本の内容が内容だけに、名前だけがセキララじゃないのは、
逆に違和感があったりしませんか?
きりんさんのこの本に対する思い入れも感じますし、
だからこそ出版社さんも大きく広告を出したんじゃないかなって思うんです。

まだ読んでいないので感想など書けませんが、
個人的にきりんさんのファンとしても応援していきますね(^^)/

2006/03/24 (Fri) 18:00 | EDIT | REPLY |   

Add your comment