*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
中1の時以来の快挙!!
こんにちは~。なるべく頻繁に記事を更新しようと思いつつ、週末は家族が家にいるものですから、やっぱり無理ですね。記事の予約投稿をした場合は別ですが、基本的には平日の更新になるかと思います。そうそう、ブログのカウンターの画像をセキセイインコちゃんの画像に変更してみました。いかがでしょうか?

実は今月に入ってからずっと息子のテスト勉強のフォローに奮闘していました。とにかく、ドリルやらノートやら提出課題が多くて。欠席して抜けている部分も多いのでお友達からノートを借りてコピーしたりと量も膨大、書字障害もあってその作業に時間がかかる~。でもそれは息子がやるしかないのですが、今回のテストは10教科で、提出課題ばかりやってると詳しく覚えている時間が無い!ということで、その間に私はとりあえずサッと見て確認できるように、要点をまとめたノートをずーっと作成しておりました。5教科(国数社理英)は、ドリルやワークがあるからそれをやれば良いとして、その他の教科(技術・家庭科・保健体育・美術・音楽)のまとめノートですね。2学期の期末テストの際、これを作ってやらせてみたところ、今までの2倍から3倍得点がUPしたので、今回もその作戦で。でも、とにかく時間が足りなかったので、息子がそれに目を通す時間もあまりなく、0点でなければ良しとしなくちゃいけないかもしれません。

そのテストが、先週の木・金曜と今日をいれた3日間でやっと終わりました。これだけテスト勉強したんだから、私もテストを受けたい気分です。そこそこ点は取れるんじゃないかと思うぐらい私も勉強しました(笑)息子、ちゃんと今朝も登校しましたし、健闘を祈るのみです。

実は先週の1週間、息子が不登校になって以来、初めて1週間休まずに登校することが出来ました。もちろん早退・遅刻無しの全授業参加で。息子自身も、「中1の時以来の快挙だ!!すごいよね!!」と自画自賛。もちろん、ここまで回復した息子の努力を思いっきり褒めてやりました。ここまで来るのに1年9ヶ月。心身症で松葉杖生活になり、半寝たきり状態になった時はどうなるかと思いましたが・・・良くも悪くも、周りの影響を受けやすい息子。単純にネガティブ思考がポジティブ思考に変化してきたことが良い結果に繋がってきているのかなと感じています。とにかく今は、前向きな発言が多くなりました。話す声もでかくなり、自分で考えて行動することも増え、だんだん自分に自信もついてきたようです。
10日ほど前にスクールカウンセラーと面談をし、息子がみんなの前で歌を歌った話をしたのですが、かなりびっくりしていました。学校で息子に放課後学習をしてくださっている先生とも話が出来たのですが、学校で息子に話しかけた時、とてもハキハキと応えてくれて、しっかりしてる印象を受けました、という話を聞きました。この先生とは、息子が1年の時、別室で定期テストを受ける際に何度かお世話になって以来のお付き合いなのですが、当初は話しかけても少し頷く程度か、ボソボソっと返答されていたらしく、この変わりようには本当にびっくりしたようです。

1週間休まずに登校できたことで、さらに自信をつけたらしい息子。「人間関係とかは問題ないから、あとは、勉強が追いつけば完璧だな!!」と自己分析。そうだね、おそらくそれが君が不登校になった諸悪の根源だと思うよ。でも、これが一番難しいのよ。なんてったってその原因がまた、LDによるものだということもわかってきてるので。

最近の息子、半年ほど前に体験授業を受けた個別指導の塾へ行きたがっています。少しでも早く遅れている勉強に追いつきたいらしく。そして、その時期を見計らっていた私と主人。塾の疲労が学校欠席に繋がるようでは意味がないですから。本人が本気でやる気になってきたこと。そして、学校の欠席も着実に減り、登校できるようになってきたこと。学校と塾の両立。そろそろ可能なんじゃないか??ということで、入塾を検討中。お友達もみんな、塾通いしてますからね。息子も意識はしていたようです。塾に通い、わかる教科が増えてくればまた自信に繋がってくれるかな?と少し期待。前向きな息子の姿を見られるようになり、嬉しい限りです。

そういえば報告し忘れていましたが、1月に受けた漢字検定の結果が少し前にわかりまして、無事に合格することが出来ました!とにかく、漢字に苦手意識があり、自信がなかった息子。今思えば、書字障害もあって画数の多い感じは天敵だったんですよね。それに加え、字は汚いし、クラスが荒れていてイジメによる怪我やストレスで体調を崩すなど勉強に集中できる環境ではなかったですし、もし受験して不合格だった場合、それもイジメのネタになりかねない学校環境という危惧もあったりで小学生の時は受験させなかったため、今回が人生初の漢検。初めての挑戦ということでこれは大丈夫だろうと思われる6級を受験したのですが、合格基準を結構上回る点数での合格となり、ホッとしました。本人は、「もうちょっと点数が上だと思ってたのにな」と不満気味でしたが、私は初挑戦から出鼻をくじかれずにすんだことが一番良かったかなと。「目指せ漢検3級合格」という新たな目標もできたようですし、受験させてみて良かったです。

このままトントン拍子に残り1年、最後の中学校生活も無事に終わることを願いつつ。来年度は受験生ですし、それはそれで忙しい1年になるだろうなと今から覚悟しておかなければいけませんね。私も体調を崩さないようにしなければ。最近、子宮筋腫による腹痛と貧血症状がちょっと強くなってきたようで、かなり心配なんですが。来月、3ヶ月ぶりの通院がありますので、悪化していないことを祈りつつ、今回の記事を〆たいと思います!


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

Secret
(非公開コメント受付不可)

こんにちは、先日はリンクどうもありがとうございました。

息子さん、すごく成長したんですね〜!
読んでいてほっこり暖かい気持ちになれました♪

これもお母さんの日々のサポートがあってこその結果だと思います(^^)
体調に気をつけて頑張って下さいね。
Re: タイトルなし
ヒカリさん!コメントいただけて嬉しいです!
こちらこそリンクの件はありがとうございました^^

ゆっくりマイペースな息子なもので、ヤキモキさせられますが、
確実に成長してくれていることはありがたいと思ってます。
こういう息子だからこそ、気付かされることも多々あるんですよね。

コメントしにくい記事が多いとは思いますが、ヒカリさんが
少しでもほっこりした気持ちになれたようで良かったです♪
また遊びに伺いますね!
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon