Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

 乙武さんのTwitterに思う

1週間ほど前でしょうか。「五体不満足」で知られる乙武洋匡さんが、2月16日、Twitterに日本の学校制度について「言わば『サラリーマン養成所』」だとコメントしたという話を目にし、興味深く読みました。以下、乙武さんのTwitterの一部抜粋になります。

「日本の学校は、言わば「サラリーマン養成所」。だから、サラリーマンに向いていない子や、そもそもサラリーマンを目指していない子にとっては窮屈な場所でしかない。」

「スティーブ・ジョブズもビル・ゲイツも発達障害だと言われている。もし彼らが日本のような「サラリーマン養成所」で教育を受けていたら、はたしてアップルやマイクロソフトはこの世に誕生していただろうか。」

「人には向き不向きがある。あきらかにサラリーマンには向いていないだろう子どもさえ、あたかもそこしかゴールがないかのように追い込まれていく。」

「日本の教育は、誰かの指示に従ったり、集団行動ができるようになることを重視する側面が強いように思います」



「サラリーマン養成所」とは、上手い事言いますね。でも、そういう場所を「学校」って呼ぶんじゃないの?学校ってそんなものなんじゃないの?と当然のように思っていたので、目からウロコの発言でした。全ての子供を1つの型にはめ込もうとするから、そこからはみ出た子どもたちが笑われたり、バカにされたり、変人扱いうけたり・・・といったイジメも起こるのかもしれませんね。
諸外国の学校が日本の学校と何が違うのか、私は知らないので比べようがないのですが、例えばスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツは、明らかに日本の学校とは違う教育を受けていた、という解釈でになるのでしょうか。彼らがどういう教育を受けてきたのかが気になります。私が過去に読んだことのある偉人伝などでは(難しい本ではなく、以前子どもと一緒に読んだ学習漫画になりますが)、行動力だったり、好奇心だったり、発想力だったり、観察力だったりといった力が子どもの頃から突出していたような人が多く、それ故に大きなことを成し遂げてるような気がします。偉人たちにとって学校が与えた影響の大小はどうなんでしょうね。

ただ、学校というシステムによって子どもの生まれながらに持っている良いところが失われるようなことがあったらイヤだなとは思います。息子を見ていて思うのですが・・・息子の場合は、学校のシステム云々よりもむしろ、学校の仲間に恵まれなかった事の方の影響が大きかったのではと感じます(特に小学時代)。人は生活環境の影響を大きく受けるもの。子どもの1日の大半は、学校で費やされるものですから、その環境が与える子どもへの影響力たるや、半端ないことでしょう。

乙武さんのTwitterでの発言には、賛否両論、いろんな意見が飛び交っているようです。「サラリーマンのどこが悪い!」という意見もあるかと思います。私には難しいことはよくわかりませんが・・・今の日本の学校に不登校の子が増えているのはなぜなのか。もしかしてそこに何かヒントがあるのかもしれません。子どもたちのために、真剣に考えようとしてくれている大人たちが1人でも増えれば、日本の学校もなにかが変わる日が来るかもしれませんね。乙武さんのTwitterでの発言に、そんなことを思いました。

乙武さんのTwitterはこちら



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。

0 Comments

Add your comment