*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
家庭訪問にて 
小学6年生の時のこと。

家庭訪問がありました。担任は、5年生から同じ男の先生。家庭訪問では母親と先生が面談し、無事に終了。後から母に、「なんか言ってた?」と聞いたら、「『るいさんは、怖い』って言ってたよ」と言われました。先生が私を怖がっている?・・・少し思い当たる節がありました。

担任の先生は、私に対しても他のクラスの子と同様に接してくれていました。先生とクラスの生徒が教室でふざけて遊んでいることがよくあったのですが、教室の隅でその様子を眺めているだけの私にも、時々ちょっかいを出してくるのでした。それが当時の私にはとてもうざくて、くすぐるマネをしてくる先生をキッとにらみ、手を払いのけていました。今思えば、反抗期だったのかなあ?とも思うのだけど。

先生にしてみれば、遊びの輪に入るきっかけを与えてくれていたのかも。とにかく、なんだか知らないのだけど、とてもウザイ存在だったのでした。そういう気持ちで先生を見ていたので、たぶん、先生を見る目がかなりきつくなっていたのかもしれません。先生に怖がられた理由はそれだけではないのかも知れないけれど・・・・今となってはそれを知る術はありません。

ちなみに、この先生は私が中学生の時に他校への異動が決定したのですが、当時の小学校の父兄にとても支持されていたらしく、異動を取りやめるように父兄が働きかけていたりしました。そんなに良い先生だったのかなあ?緘黙児の私にも平等に接してくれていたところを見ると、良い先生だったのかもしれません。当時の私には実感はなかったのですが(^_^;)



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

う~ん。確かに・・・向こうは厚意のつもりでも、当人にとっては「大きなお世話」って思えること、ありますよね。
私も小学校4年生の頃の担任教師に対して、同じような心情を抱いてました。
その先生は私と一生懸命「関わろう」としてくれてたのに、その先生が歩み寄ってくればくるほど、私は逃げてた。
優しくされることに慣れてなかったし、それより何より、人と関わることが「怖く」て仕方なかったんですよね。きっと。
相手の優しさが時には辛い時ってあるのかもしれませんよね。
もしかしたら自分自身が望んでいることを相手がやってくれているのかもしれないけれど、そのやり方がちょっとでも違うと、違和感を感じて退けてしまうっていう感じ?

緘黙児にとってコミュニケーションのストライクゾーンっていうのかな?そういう部分はかなり狭まっていたのはいえるかな~とは思います。わかりやすくいうと、「ガードが堅い」ってやつね(笑)なかなか自分のスタイルを崩せないというか。良く言えば”意志が強い”のだけど、悪く言えば”頑固者”だったり。中間の対処方法が身に付いていない状態なのかもしれませんね。
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon