約2週間ぶりの更新になります。
昨日、病院へ行って来ました。前回記事に書いていたように、貧血が薬で改善されているかどうかの検査を受けてきました。病院へ着いてすぐに採血していただいて、検査結果待ち・・・待っている時間が微妙に長く感じました。

血液検査の結果、ヘモグロビン濃度が前回8.8g/dlだったのが、今回11.9g/dlにまで増えてました!ちなみに、成人女性は12.0g/dlぐらいが理想らしいので、もう少しですね。でも、体感的に疲労度が以前と比べてかなり少なくなったのは、本当にありがたいです。少し動いただけで、心臓がバクバクしてましたから。今は変な動悸もなくなり、貧血の症状だったんだな~と実感しています。ヘモグロビンが少なくて、体が常に酸欠状態だったわけですよね。疲れにくくなって、少し若返った気分です。

薬の効果が見られたということで、今度は毎日飲んでいた鉄剤を月経後の2週間だけ飲むということになりました。これを2ヶ月間続けてみて、どれだけ効果があるかみたいんだそうです。まるで人体実験のようですが、いきなり手術というのもイヤでしょうから、とお医者さんが仰っていました。私の場合、子宮筋腫によると思われる症状が貧血以外みられないものですから、薬でなんとかなるなら是非そうしていただきたいです。
余談ですが、薬により貧血がほぼ改善されたことで、私自身にある変化がありました。鉄分が含まれる食品を意識するようになったのはもちろんですが、それ以外に1つだけ。それは、アーモンドが食べたくなくなった、ということ。

実は私、去年の1月に突然、アーモンドにはまり出しまして、それから約1年と10ヶ月の間、つい先日まで、毎日食べていたんです。塩分が気になるので素焼きアーモンドではありましたが、去年なんかは、本能に任せてすごい食べてましたね。1キロ入りの袋を購入して、1ヶ月もたなかったぐらいです。中毒症状のように、気が付けば食べてました。一日の食べる量を制限しようと思っても、つい手が伸びてしまって・・・。(ここ半年ぐらいは、さすがにヤバイと思い、1日15~20個にセーブして食べていました。)

昨年は、息子の心身症と不登校が始まったこともあり、ストレスのはけ口がアーモンドへ向かってしまったのかもしれませんが、当時の自分には止められませんでした。食べたい衝動が止まらないって、怖いですね。でも。今回、貧血を指摘され、自分でもいろいろ調べていたら、貧血の症状でこんなのを発見。

「硬いものを無性に食べたくなるなどの異食症」 (参考HPはこちら

よく氷などをがりがり食べるのが好き!なんて人がいますが、あれも貧血の症状である可能性が高いらしいです。硬いもの・・・確かに、アーモンドを食べている時の、あのポリポリした歯ごたえが気持ちいいんですよね!もちろん、味も好きなんですけど。でも、貧血が改善されてきたのとは逆に、アーモンドを食べなくなったということは、貧血による症状の1つだったんだなと思わざるを得ません。実は、素焼きアーモンドの買い置きがまだ家にあるのですが、それに手を付けないなんて、今までだったらありえないですから。

アーモンドは、ミネラルやビタミン類も豊富で、もちろん鉄分も摂取できるし、体に良い!と思って食べていたのですが、食べ過ぎは良くないです(当然ですが)。私は、アーモンドの食べすぎによる体重増加はありませんでしたが、内臓脂肪が微妙に増えてしまいました。運動不足もありますが、怖いことです・・・。でも、お肌のキメは細かくなったような。そんな気はしますが。 アーモンドは、貧血予防に良いといろんなサイトで書いていますが、「ただし、子宮筋腫などの婦人科系疾患の方を除く」との一文を私は是非付け加えたい。貧血にも、いろんな原因があることを身をもって私も知りました。

とりあえず・・・子宮筋腫の手術は見送ることが出来たみたいなので、普段の食事からも鉄分を摂取するように、心掛けていきたいと思います。皆さんも健康にはお気をつけください。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


Secret