FC2ブログ
私の近況(その2)の続きになります。今回でとりあえず私の近況は終わりになるかと思います。

実は遡ること、約半年前。いわゆる不正出血?と思われる出血がありまして。今までにも不正出血と思われるようなことは2、3回あったのですが、その時は本当に少量のうっすらとしたしたもので、その時だけで治まっていたので気にしませんでしたが、この時の出血は鮮明で、量も結構あったんですね。しかもその数日前。仰向けに寝転んでいた時に、何気なく自分のお腹をさすったところ、異様に硬い部分があって気になっていたこともあり、思い切って産婦人科へ行ってみることにしました。

この時の診断は、不正出血はホルモンバランスの乱れによるもので、月経周期が早まっただけでは?少し様子を見ましょうということでした。この日は出血があり、超音波検査が出来ないということで後日、出血が落ち着いた頃にまた病院へ行き、超音波検査を受けました。出血はやはり1週間ほどで治まったので、月経が早まっただけだったようです。そして、超音波検査の結果ですが、予想通り子宮筋腫が発見されました。しかも6センチ大が1個、3センチ大が2個。さすがに、そこまで大きい筋腫だとは思っていなかったので、ビックリしてしまいました。私には母親と姉2人がいますが、いずれも筋腫の話は聞いたことが無く。こういうのって遺伝ではないんですね。

とりあえず今の時点で、子宮筋腫によると思われる腹痛や過多月経、貧血などの自覚症状はないということで、経過観察ということになりました。半年後に通院の予約をいれ、帰宅となりました。
そして先日、半年振りに産婦人科へ行って来ました。実は私の担当医、この半年の間に産休に入ったとかで、代わりの先生が対応をしてくださいました。そして、気になる自覚症状を話したところ、過多月経の可能性があるとのことで、念のため、血液検査とMRI検査をしましょうということになりました。この日は、血液を採取されて帰宅。数日後に予約を入れていたMRI検査を受けました。

そして、MRI検査の結果ですが。超音波検査では確認できなかった新事実が発覚しました。筋腫は、良性だったのでホッとしたのですが、私の子宮筋腫、どうやら多発性のものだったようです。確認できるだけで、85ミリ大、60ミリ大が1個ずつ、30ミリ大が2個の他に小さい筋腫がたくさんあるとのこと。何がびっくりしたかって、は、は、85ミリの筋腫!?と聞いた時点で、目が点になりました。そんなデカイものがお腹に!?そして、その後に医師が説明していることが頭に入ってこなくなって、慌てて記憶に留めようと努めて、聞き取ったことは、多発性の筋腫であること、筋腫があるので子宮のサイズが通常の3~4倍になっていること(レントゲンで確認しました)、多数ある筋腫のうちの1個が、子宮内部の経血となる部分?に接触しているため、今後、過多月経が進む可能性があるらしい。。。筋腫の手術には、筋腫だけを取り除く手術と、子宮ごと取り除く手術があります、とのこと。ここでなぜか医師から「ご結婚はされていますか?お子さんはいらっしゃいますか?今後、お子さんを授かる予定はありますか?」との質問。???と思いつつ答えると、私の場合、多発性の筋腫で再発の可能性が高いので、子宮全摘出する手術をお勧めします、とのことでした。し、し、し、 子宮全摘!?ここでまた目が点というか、もはや自分のことのように感じられませんでした。

不正出血が気になって通い始めた病院でしたが、なんだか大げさな話になっちゃったな、というのが正直な気持ちです。今のところ、日常生活に大きな支障が出ているわけではないので今すぐ手術をという話ではないのですが、心には止めておかなければならない事実です。実は今回の検査で、血液検査でも引っかかりまして。自覚は無かったのですが、貧血であることがわかりました。ここ数ヶ月、更年期症状かなと思っていた症状(軽い頭痛、動悸、息切れ、疲れやすい、立ちくらみ)が、実は貧血による症状だったんだとわかった時は、目からウロコでした。ホルモンバランスが乱れ、生理周期が早まった上に、月経血量も微妙に増え、しかもダラダラ続くことが増えてきていたため、そりゃあ貧血になるよね、という感じでした。3年前に血液検査した時は異常なしだったんですよね。生理周期が乱れてきたのが1年半ほど前からなので、それぐらいから貧血気味だったのかもしれません。1年半前・・・ちょうど息子が不登校になった時期と重なりますが。ホルモンバランスとストレスって、関係あるんでしょうか?わかりませんが。

ということで、まずは貧血を改善しましょう!ということになり、現在は鉄剤を処方され、朝晩飲んでいます。飲み始めて2週間ほど経ちますが、効果が出ています!少し前までは布団の上げ下ろしだけでも、動悸や疲労感がひどく、途中で休憩を入れるほど疲れやすかったんですが、疲れにくくなった!というのが大きな効果です。以前は、午前中に掃除・洗濯・買い出しに自転車で出掛けただけで、午後はグッタリして家から動けなかったんですが、鉄剤を飲むようになってからは、午後はお散歩に出られるようになりました。以前は、運動不足改善のためによく歩いてたんですけどね。久しぶりに用も無いのにあちこちウォーキング出来たのが嬉しかったです。私って、本当に貧血だったんだ、と実感しています。鉄剤は、効果があるかどうかお試しで1ヶ月間飲むことになっていますので、約2週間後、また病院へ行き、血液検査する予定です。

子宮筋腫って、40歳以上の女性なら4人に1人は持っているもので、そう珍しいものではないのですが、更年期の年齢と重なることから私みたいに更年期のせいだと思って体調不良をやり過ごしている方も多いのかもしれません。私、健康には自信があったのですが、まさか子宮筋腫で通院することになるとは思っても見ませんでした。

余談ですが、MRI検査の時、造影剤を使用することになっていて、看護師さんが一生懸命に私の血管を探していたのですが、なかなか探し当てることが出来ず。針を刺しては失敗してやり直して。造影剤を少し流してみて「あ、漏れてるね」とやり直し。別の看護師さんまで出てきて、2人がかりで私の血管を探していたんですが、「(血管が)逃げるね~」と。左右の手の甲2ヶ所と右肘の裏3ヶ所を針で抜き差しされて、しかも造影剤が私の体の中で漏れて激痛、結局あきらめて造影剤を使用せずに撮影して終わりとなりました。右肘を切り落としたくなるぐらい痛かったです・・・。(この後、内出血し、治るまでに2週間かかりました)

↓ 注射の失敗で痛んでる私の右腕
KIMG0886.jpg

↓ 私の救世主 鉄剤です
KIMG1088.jpg

意識して鉄分のある食材を摂取するようにして、出来たら手術は避けたいのですが・・・
今後もこの話題の記事をUPすることがあると思いますが、読みたくない方はスルーして結構ですので。自分のメモ的要素も兼ねてのブログですので、ご理解のほどよろしくお願いします。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


Secret