気が付けば、2ヵ月半ほどもブログ更新をしていなかったようです。
息子が小学校卒業、そして中学校入学という人生の節目を迎えるにあたり、そういうかしこまった場が大の苦手な私にはその間、ブログを更新する気持ちの余裕すらありませんでした。私以上にプレッシャーやストレスに弱い、息子の体調がかなり心配だったのもあります。息子の体調を案じるあまり、私自身も胃痛を起こしたりとか・・・。親として面目ない限りですが。

2月から3月にかけては、卒業の時期に向けての行事がたくさんありました。しかもそんな過密スケジュールの時に、6学年がインフルエンザで学年閉鎖になってしまい、予定が後半にずれ込んでしまい、あらゆる行事がギュウギュウ詰めのような事態になったりと、余計にバタバタした感じでした。仕方が無いのですが、全校児童の前で6年生が一人ずつ台詞を言わなきゃならないような行事が目白押し。もちろん、うちの息子は人前で発表なんて大の苦手なので、そのたびにストレスを感じているのは手に取るようにわかるので、親としても見てて辛い感じ。そんな中、息子はやっぱり吐き気や頭痛を訴えて倒れ・・・本番の前日に復活し、かろうじて参加したり。

それが終わりホッとしたのもつかの間、その翌日、息子がまた体調不良。主人が1週間ほど前にこじらせていた風邪が息子に移ったようで、のどが激痛で声が出せない状態。1週間後にやっと声が出るようになって良かったね、と思ったら、今度は私にその風邪が移り、私がダウンしたりしてました。

息子のほうは、その間にも卒業式の練習や卒業文集の追い込みなどがあり、親のほうも謝恩会に向けての準備や練習で夜に学校へ集合させられたり、昼間も集合させられること数回。これも私にとっては結構なストレスでした。主人は主人で、ちょうどこの時期、会社の人事異動で転勤があって、バタバタしたりと落ち着かない状態。主人は、環境が変わると大抵、体調を大きく崩しがちなので、そっちの方にも気を配りつつ、卒業や入学の準備。

沢山の行事をなんとかクリアして、小学校最後の行事、卒業式が土日祝日を抜いてあ1日と迫った日、息子はまた吐き気でダウン。小学校最後の登校日だったので、なんとか登校させたいと思う私。担任の先生もそう思っていたようで、お昼休みに心配して電話を下さいました。午後、5時間目の時間帯に何とか登校。担任の先生も、「お~!これでやっと全員そろった!!」と喜んでくださったみたいです。

卒業式本番前の3日間は3連休だったのですが、息子は体調不良で卒業式のリハーサルにちゃんと参加できなかったということもあり、「3連休の間に学校に来られそうだったら練習しに来て」と先生に言われていたらしく、言われたのはいいが、時間がわからないと息子が言うので、自分の用事なんだから、自分で確認を取りなさい、と息子に学校へ電話させたところ、人生初の学校への電話!で息子はドキドキ。電話するまでに時間がかかるかと思いきや、結構すんなり学校へ電話していて、主人と2人、密かに「息子よ、なかなかやるな?」と思ったのでした。ちょっと前の息子だったら、たぶん1時間以上モジモジしていたんじゃないかと思うんです。意外なところで息子の成長を見られました。

そして、卒業式本番。卒業証書を受け取る際、ステージ上で一人ひとり、自分の将来の夢や中学で頑張りたいことなどを発表しなければならず、息子にとっては最後の試練でもありました。で、本番はどうだったか?と言いますと、大成功!!でした。息子の発表をこの6年間、何度も見てきましたが、卒業式が一番出来が良く、感動しました。卒業ギリギリまで体調不良が続いたので、どうなるかと思ったのですが・・・生まれて初めて息子の本気を見たような気がします。

卒業式終了後は、仲の良い子たちと写真を撮りまくり。担任の先生とも2ショットを撮ったり、お世話になった先生もとっ捕まえて息子との2ショットを撮ったり。いろいろありましたが、小学校最後の日が楽しく終わって本当に良かったです。最後に一緒に写真を撮りたいと思えるような先生が息子の担任であったこと、一緒に写真を撮りあえる友達や仲間が息子にいたことに、心から感謝です。(私自身には、小学校の卒業式に集合写真以外の写真を撮った記憶がありません。友達もいなかったので当然ですが。)

卒業式の翌日、息子の希望で、6年間学校で使った自分の机と椅子を引き取りに行きました。(息子の学校では、事前に申請して希望すれば、引き取ることが出来ます。)その際、担任の先生にまた会ったのですが、卒業式の後に先生方だけの簡単な打ち上げ?みたいなことをやったそうなのですが、その際、息子の卒業式での発表の話が出て、今まで練習した中で本番が一番良かったね、と先生たちの間で話に上がったんだそうです。担任以外の先生方も息子の声が小さいな・・・と内心気に掛けて下さっていたようで、その話を聞いて、親や担任以外にもそんな風に思っていた先生方がいたことに、改めて感謝、感謝の気持ちでした。




中学生になってからの話も書きたいのですが、そろそろ息子が下校してくる時間なので、次回にとっておきますね。
個人的な記録も兼ねておりますので長々と書いてしまいましたが、とにかく、体調を崩しながらも無事に小学校を卒業しました!ということだけ、報告させてもらいます。

間隔があいてしまいましたが、ブログは閉鎖する予定はありませんので、次回の更新を気長にお待ちくださいね(笑)



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。





Secret