2006.03.12 名前の由来
私の名前は、母が名付けてくれました。

小学生の頃、学校の宿題で「自分の名前の由来を聞いてくる」という宿題が出されました。それまで自分の名前の由来なんて考えたこともなく、その時初めて名前の由来を知りました。

その昔、母の知人でとても器量が良く、憧れていた女性がいたとのこと。その人のように素敵な女性になって欲しい。そういう願いを込めて、母はその人の名前をそのまま私に付けたのだそうです。姉の名前は父親が酔っぱらった勢いで付けたのに対し、私の名前は唯一、母が付けてくれたらしいので、感謝しています。

私の名前の由来となったその女性については、私はその人について名前が同じだということ以外、全く知りません。 その人のフルネームもどこに住んでいたのかとか、母とどうやって知り合ったのか等々。機会があれば是非、母に聞いてみたいと思っています。

さて、学校でこの宿題を発表するはずだった授業中、先生は机の並び順に指名していき、みんなそれぞれ自分の名前の由来を発表していったのですが、私の番になると先生は、「るいは発表しなくていいから。名前の漢字を見ればすぐにわかるから。」と言い、私の名前に使われている漢字から名前の由来を先生が勝手に決め付けて発表し、結局、私は発言することなく後ろの席の人へ順番は移ったのでした。

先生が推測で発表した私の名前の由来は、当然のことながら全く違っており、私は内心、「勝手に決めつけるな!!」と憤慨したのですが、緘黙だったため文句も言えず、そのまま今に至ります。この時の担任の先生にはこの時以外にも何かにつけて私に対して嫌がらせ的な態度をとっていました。悔しかったので、今でも先生の名前をフルネームで覚えています。この先生との間にどんなことがあったのかは、追々思い出したら書きますね。(ちなみに、K先生といいます)


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


Secret