またまた、記事の更新が途絶えてしまってすみません。

実はG・Wの前半から息子が体調を崩してしまい、今も体調が思わしくなく、療養中です。
症状としては、胃痛、吐き気、軽い下痢ですね。

4月29日に、地域のイベントへ行きたいと息子が言うので、徒歩で移動中、10分ほどで腹痛を訴え、運動不足で横っ腹が痛くなったのかも、と息子が言うのであまり心配はしなかったのですが、会場へ着いた時には、吐き気も訴え、うずくまってしまいました。

ちょうどお昼前だったこともあり、もしかしてお腹が空きすぎて気持ちが悪いのかも?とコンビニでおにぎりとジュースを買ってきて飲食させてみたら多少回復したようでしたが、20分後、今度は下痢になり、しばらく様子を見ていましたが、結局、胃痛も吐き気も治りそうになかったので、下痢が落ち着いた頃にタクシー拾って帰宅。胃腸の薬を飲ませたら回復したようでしたので、一安心していたのですが。

4月30日朝。食欲もあり、いつも通りに朝食をとったのですが、学校へ行く時間ごろに胃痛と吐き気を訴え、うずくまってしまったので、病院へ寄ってから学校へ登校させることにしました。1時間ほど休んで少し落ち着いた頃に徒歩で家を出たのですが、歩くだけで胃痛と吐き気がするらしく、何度も立ち止まり、うずくまり、普段15分ほどで着く道のりを、40分ぐらいかけて病院へ。

診察の結果、原因はよくわからないようで、たぶん胃炎だろうということで、胃潰瘍などの薬と、整腸剤を処方されました。ストレスなども関係しているかもと言われましたが、息子自身は、思い当たらないらしく。結局、病院からの帰宅途中に学校へ寄ったものの、担任の先生と話し、体調が思ったよりよくないということで欠席させることに。

息子はといえば、胃が空っぽになってくると体調は回復するらしく、家路の途中で「腹減った!」と。食欲はあるのですが、食べると胃が痛むみたいです。家にいる時は、ほとんど体調を崩すこともなく、遊んだり、少し自習する余裕すらありました。食事内容に気をつけてる以外は、普段通りの様子。

5月1日、朝。普通に朝食をとりました。多少、胃が痛んだり、下痢気味ではありますが、処方薬も飲んでるし、薬が効いてくれば大丈夫だろう、とりあえず登校して体調が悪ければ保健室へ行くなり、早退するなりしようね、ということで登校させました。

毎朝、玄関で息子を送り出した後、ベランダへ出て、息子が登校する後ろ姿が見えなくなるまで見送っているのですが、この日もベランダで見送り、ああ、今日は無事に行けたな、と思い、部屋へ戻ろうとしたら、息子が早歩きで引き返してくる姿が見えました。家に引き返してきた息子、どうしたのかと思ったら、途中で猛烈な吐き気に襲われ、道端で吐いたらやばいと思って気持ち悪いのを我慢して引き返してきたらしい。。。

ということで、徒歩による体の揺れでまだ吐き気をもよおすんなら、学校生活は無理だろうと判断、この日も学校を欠席させました。しばらく玄関でバケツを抱えていた息子ですが、結局、嘔吐することなく、1時間ほど休んだら回復。なので私がちょっと買い物へ出ようとしたところ、「腹減った!」と。まだ10時半なんですけど とりあえずまだお昼には早いからと我慢させて、自習をさせて買い物へ。帰宅後、すぐに昼食にしたのですが、ペロッと平らげて、午後は本を読んだり、ネットしたり、遊んだり。普段と変わらないんですけど?

そして今日。またまた登校時間が近くなった辺りから、胃痛と軽い吐き気を訴え、軽い下痢もあるようだったので学校へ電話し、様子を見て遅刻させることに。2時間ほど休ませてから、一緒に付き添って登校させました。通学時間10分ほどの間に、気持ちが悪いと3回ほど訴えてきましたが、立ち止まりながらも学校へ。

学校ではちょうど中休みが終わって、外で遊んでた子達が校舎内へ入ってくる時間と重なってしまい、「うわ~目立ってしまうな~」と思いましたが、息子と同じ幼稚園だった同じクラスの女の子が私を見るなり「ゴンのお母さん~」と話しかけてきたので何かと思ったら、「みんな心配してたよ」と。本当かどうかはわかりませんが、そう言ってもらえるとなんだか嬉しいですね。

教室は3階なので、階段を結構上がるんですが、途中で息子に「大丈夫?トイレ寄れば?」と話しかけたところ、「大丈夫!」と。息子が教室へ入ると、「おお~!ゴンが来た!久しぶり!」と誰かが言い、息子の友達が1人、たまたま近くを通りかかったついでかもしれませんが、息子にしがみついてきたりして、そういう様子を見ていたら、息子には学校にちゃんと居場所があるんだなと思えて、嬉しかったりしました。約半年前、息子が学校を休んだ時には、赤チョークで机に名前を殴り書きされていて、死人扱いされて不快な思いをしたんですが、その時と同じクラスのメンバーだとは思えません。あの時と今と何が違うのか?といえば、息子が、「やられたらやり返せる子」になっただけなんですよね。こんなにも周りの対応が変わるもんなんだと驚きました。

結局、今日の午後は授業ではなく、学校の行事をやるだけだったようなので、息子は3、4時限だけ授業を受けて、給食を食べた後にすぐに早退させてもらいました。息子に「学校で気持ち悪くならなかった?」と聞くと、「大丈夫だった」とのこと。

処方薬もゆっくりではありますが効いているのか、症状が一番辛いのは、どうやら朝の数時間のようです。たまたまなのか?一番辛い時間帯は、登校時間と重なるようなので、学校へ対するストレスの疑いも拭いきれませんが・・・。(思い当たるのは、前回の記事の続きで書こうと思っていたことぐらい)

とはいえ、実は最初に体調を崩した4月29日の前日、都内ですが、お出掛けをしたんですね。そこで昼食を久しぶりに外食で済ましたのですが、その時、息子はちょっと油っぽいハンバーグを目一杯食べたんですよね。全部食べきれないからと残すぐらいの目一杯の量です。もしかしたら、それで胃が荒れたんじゃないかな・・・という気もするんですが、食べ過ぎたぐらいだったら、1日、2日で治りますよね?なので、おそらく原因はコレだけじゃないとは思うんですが・・・。食欲あるし、胃腸風邪ではないと思うのですが。

こんなわけで、我が家のG・Wの後半は、大人しく家にいるだけで過ぎ去る予定です。それでもって息子の療養とストレス発散に励みたいと思います。皆さんも、くれぐれも体調には気をつけて、残りの連休、充実させてくださいね!


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


Secret