*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
頑張ったね、息子よ
思い返せばこの1年、同級生からの嫌がらせ・いじめ・言いがかり等、トラブルや怪我が多く、こんなに心身ともにぐったりした1年も初めてでした。そんな中、3学期は比較的落ち着いた状態で過ごせたことだけが救いでした。

昨日は、息子の通う小学校で修了式がありました。「5年生」として学校へ通うのもこの日で終わり。
1時限目に修了式があり、全校児童が集まっている体育館の中、担任に選出された代表者が一人、壇上へ上がり、クラスを代表してクラス分の修了証書(兼、通信簿ですね)を校長先生から受け取るらしいのですが、その代表者になんと突然ゴンが指名されたらしく、緊張しつつもクラス代表としての役目を果たしたとのこと。下校後、その話を息子から聞いた私は、超びっくりしました。

息子によると、その代表は先生から見てすごく頑張ったとか努力していると認められた子が選ばれるらしく、どうやら先生から見てゴンは、今学期、とてもよく頑張っていた、ということだったらしいです。先生、認めてくれてありがとうございます

実際、ゴンが持ち帰ってきた通信簿の中身も、1,2学期に比べ、3学期は「よい」の数が増え、常にあった「もう少し」の評価がゼロになり、微妙に成績UPしていました。(よい・ふつう・もう少しの3段階評価です)

そういえば、3学期は持ち帰ってきたテストの点数も、得意分野によってムラがあるものの、80点以上のものがいつもの3倍ぐらいあり、いつもより小銭を多く取られる羽目に。(普段、お小遣いはあげておらず、テスト80点以上は点数をそのまま資金化する約束になってます)

3学期は、1,2学期に比べ、嫌がらせ等が減ったことで、ストレスが大幅に減り、授業中の集中力も微妙にUPしたのかもしれません。先生からのコメントには、「積極的に取り組む姿が増えました」とのコメントもあり、久しぶりに嬉しい通信簿となりました。

5年の担任は、若くて経験は足りないものの、いつも子どもの気持ちを優先し子どもの話にも耳も傾けてくれる先生で、息子はなかなか相手に心を開けないタイプなのですが、そんな息子にも積極的に話しかけてきて、学校や勉強とは関係ない、テレビや映画の話などの雑談をしてくれたりといった配慮をしていだけたみたいで、そういえば先生と雑談するようになってからでしょうか、息子も先生のことを信頼できるようになったみたいで、徐々にやる気スイッチが入りやすくなったように思います。

いろいろあったけれど、終わり良ければすべて良し。スタートの時とは違い、平穏な気持ちで5年生のゴールを迎えられたということに、とにかく感謝・感謝・感謝の言葉に尽きると思います。

来年度はクラス替えがありませんので、また同じクラスのメンバーで新6年生となるわけですが、願わくは、今の担任がそのまま持ち上がりになってくれるといいなと密かに思っています。

そうそう、以前記事にも書いたことのある息子の友達のIくん。
約2ヶ月間、不登校だったのですが、先週の半ば、突然何事も無かったかのように登校して来たとのこと。そして早速、Iくんに誘われ、息子を含めた3人で遊ぶ約束をしたらしいのですが、「昼食を食べたら集合」ということだったらしく、待ち合わせ時間が曖昧で、Iくんはなぜか直接我が家へ息子を呼びに来てしまい・・・その後、待ち合わせ場所にはちらっと行ったようなのですが、もう一人の友達(Kくんとします)がまだ来てなかったらしく、Iくんが歩き始めたんで、息子が「ほっといていいの?」と言うと、Iくんはためらうことなく「ほっとけ!」と言い放ち、息子は(いいのかな?)と思いつつも、Iくんと移動してしまったとのこと。

息子が出掛ける時、「3人で遊ぶ」と聞いていた私。帰宅後、「2人だけで遊んだ」と聞いたところから発覚したこの事実。成り行きとはいえ、Iくんの言いなりになって一緒に遊ぶはずだったKくんを少しでも待とうとせずに、結果としてKくんのことを無視した行動をとったことに対し、どうしても許せず、息子を叱ることになったのでした。

以前、Iくんのことを「嘘つきだから、信用できない」と言っていた息子。遊び相手を指定してきたり、何かあると「ハブくぞ!」と脅すような言い方をすることのあるIくん。上下関係(もちろん、息子は下)の影もちらちら見えていたので、そもそも今回、息子自身は、本当にIくんと遊びたかったのかどうか、というところから確認をしました。

今回は、Iくんに強引に誘われたわけではなく、息子自身も遊びたかったらしいことはわかりました。ただ、3人で遊ぶ約束をしたのに、Kくんのことを待たなかったのは、約束を破ったことになるということ。Iくんと息子が先に遊びに行ったとは知らずに、その後、Kくんが何分もその場で待っていたとしたら?そして、もしそれがKくんじゃなくて、自分だったとしたら??

そもそも、Iくんの意見は絶対なのか?Iくんは「ほっとけ」といったけれど、ゴンは「自分はこう思う」と対等に言えないような関係なのか?ゴンの良いところは、誰に対しても優しく、嘘をつかないことなのに、その良さがIくんによって出せなくなっているのは、とても悲しいことだということを伝えました。(事実、息子は、約束をすっぽかされたことはあっても、すっぽかしたことは今までにありません)

帰宅した主人も、今回の話を聞き、「悪い友達と付き合うと、自分も悪いことに慣れてしまい、悪いことをするようになってしまう」ということ。そして、「(息子が)ゲームに釣られてIくんと早く遊ぶほうを優先したように感じ、それが情けない」ということを言っていました。我が家は、ゲーム機の類は買い与えない主義なのですが、Iくんは、wiiはもちろんのことDSを複数台もっていたりするので、気軽に貸してくれるらしく。以前、Iくんには「ゴンがオレのDS、壊した」という嘘を言われたこともあり、トラブル防止の意味で、友達からゲーム機は借りないように言ってあり、Iくんも不登校の間、散々家でゲームばかりやっていたようで、今回はゲームはやらないという話だったのですが、結局、ゲームしてるし・・・。

ということで、本来の息子の良さを失って欲しくないため、主人と2人で時間をかけて息子にいろいろと言い聞かせたのでした。Iくん、学校へ来て早々、息子を振り回してくれますなぁ。。。私が見た限りだと、うちに遊びに来ても挨拶はしっかり出来るし、子ども同士、話をしてても面白いらしいので、嘘をつく癖と、自分勝手な言動が無くなってくれたら良い友達になれるのにな、と残念でなりません。まあ、そういう人間関係を経験するのも、息子にとっては良い経験になるのだと思うのですが。

とはいえ、Kくんと遊べなかったと隠さずに親にしゃべってしまうあたり、やっぱりゴンは、嘘のつけない正直者だっていう証拠でもあるのですが(笑)


来年度は、いよいよ息子も6年生です。
学校では、最高学年として、行事などでリーダーとして行動する場面が増えるようです。これを機に、自分の意見を持ち、自分の意思で行動できるように少しでもなってくれたら、と淡い期待を持っています。親としては、息子が心身ともに少しずつ成長してくれることを願い、応援する次第です。

それはそうと、春休み・・・息子は、昨日、今日と午後は我が家へ友達を招きいれ、仲の良い友達と2人で遊びまくってます。トミカ・プラレールが共通の趣味のこの2人。リビングの床は、もはや足の踏み場も無いほどミニカーや電車で占領され、行き場を失った私は和室に避難し、コレを書いているわけで(笑)友達とマニアックな親交を深めるのも良いが・・・願わくば、勉強も頑張ってくれよ、息子よ(笑)



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。



テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon