実は先日、嬉しいことがありました。
息子の習い事のスイミングですが、先日、久しぶりに進級テストに合格しました!

息子の通っているスイミングでは、泳法のレベルごとにクラス分けされていて、2ヶ月に1回、進級テストがあります。

飲み込みの早い子は、どんどん進級していくのですが、息子は、飲み込みが悪いタイプ。あとから入会してきた子にどんどん追い抜かれていくことが常で。。。いつもクラスのお局様?原住人のような存在になっていました。

小2の6月に、スイミングを始めた息子。

水慣れのレベルを卒業するのに、6ヶ月。
伏しキック(普通のバタ足のことです)、背キック、回転キックを卒業するのに、1年4ヶ月。
初歩クロール25mを卒業するのに、10ヶ月。
そして、今回のクロール25mを卒業するのに、1年。(正しいフォームを叩き込まれます)

仲良くなった子が、先に進級してしまって取り残されるという寂しい思いをすることが多く、息子も「もう辞めたい」と言い出すことも1度や2度ではなく、彼なりに辛かったようですが、せめてクロールが泳げるようになるまでは、頑張って続けてみようよ!と言い聞かせ、本人も納得した上で続けてきました。

クラスを卒業するのに時間がかかるため、息子と同じクラスの子は常に息子より2~3才下の子が多く、並んでいると、息子だけ頭一つ分ぐらい飛びぬけてデカイので、正直、親のほうが恥ずかしく感じることもありました。(見学室にいると、「大きい子がいるね!」と言われてるのが聞こえるので・・・)

けれど、途中で投げ出させたくない、ゆっくりペースでも、続けていれば出来るようになるということを実感して欲しいのもあり、半ば無理やり続けさせて来ましたが、今回、1年ぶりに合格の知らせを聞いて、本当にホッとしました。クロールが出来ないまま、小学校を卒業してしまうことになったらどうしようと思っていたので

でも、そんな中でもスイミング中の息子の様子を見てると、良いところも見えてきたりして。クラスの中で体が大きい息子は、同じクラスの男の子たちからすれば、「お兄ちゃん的存在」みたいで、息子の姿が見えると駆け寄ってきて、話しかけたり、ちょっかいを出してきたり。その相手をしてあげてるって感じの息子。意外と楽しそうに話をしたりする姿が見られ、一人っ子の息子としては、もしかして弟が出来た気分なのかな?と思えて。年下の子にも優しく接してやれる息子の姿を見て、実は、ニヤニヤしていた私。

体力づくりという意味でも、泳げるようになって欲しいと思い、息子の希望もあって習い始めたスイミング。今では、いろんな人と係わり合いを持つという経験を積む、という点でも、息子にとっては良い効果が出ているんではないか?なんて感じています。

「とりあえず」の目標にしていたクロールが泳げるようになった息子。「辞めていいでしょ?」といわれるかと思ったら、意外にも、「もうちょっと続けてみようかな。」と言われたので、新しいクラスのスイミングキャップを購入してから帰宅しました。

次回のクラスでは、背泳ぎの練習が始まります。小学校を卒業するまでに、背泳ぎが出来るようになるかな?息子の今後の頑張りに期待したいところです



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


Secret