*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
雪が降りましたね
新年の挨拶後、なかなか更新せずにすみません~
みなさんは、年末年始をどのように過ごされましたか?

私の場合ですが、12月末~1月上旬にかけての約2週間は、クリスマス、年末年始、息子の誕生日、とイベントが盛りだくさんで、いろいろと忙しく過ごしました。

それなりに楽しかったのですが、大変だったのはおせちの準備ですね。義母がいた頃は、義母がうちの分までいつも全部準備してくれていたのですが、今回からはその義母の習慣を私が受け継いでいこうと思っていたので、出来る限りのものは作りました。

義母は、黒豆、栗きんとん、豆きんとん、数の子豆、煮しめ、を毎年手作りしてました。が、それを全部作るのは私には無理だったので、黒豆、栗きんとん、煮しめ、伊達巻、年越しそば用兼お雑煮のスープを作りました。伊達巻は甘みがぜんぜん足りずに失敗でしたが、見た目はそれっぽく仕上がったので、次回は大丈夫かな。煮しめは、なぜかゴボウだけがやけに固く仕上がってしまいました。大きくきりすぎたみたいで失敗。でも、おせち料理は作ったほうが断然安く済むので、出来る限り買わないで作る方向でいこうと思ってます。

作ったおせち料理は、現在一人暮らししている義父にもお裾分けしました。お雑煮のスープもタッパーに入れてお届け。後は、お餅を焼いて入れて具をのせるだけという感じで。12月29日~31日にかけて、キッチンに何時間こもっていたことでしょう?っていうぐらい、キッチンにいました。義母も毎年大変だったんだなって身をもって知った年末でした。

冬休み中には、息子の誕生日があるので、義父を招待して誕生会をしました。これまた、朝からキッチンにこもって準備。誕生日プレゼントは、以前から約束していたので、年始早々に自転車を購入しました。26インチなので、私や主人も乗れるサイズです。同級生の子は、ずいぶん前から大きいインチの自転車を乗り回していたので、22インチだった息子は、ずっと恥ずかしかったそうで、念願の自転車にご満悦でした。

そして、学校の冬休みが終わる頃になってもさっぱり終わらない、息子の宿題 2週間しか無いのに、夏休み並みの宿題の量!先生、なぜ故!? 冬休みのラスト3日間は、息子は家から一歩も出ず、宿題と格闘。わからないから教えてといわれるので、私も付きっ切り。・・・疲れました。

年始で出掛けた先は、主人と私の実家、最寄の神社、そしてブックオフ(笑)主人の実家は、まあ毎週顔出しているのでいつものこと。私の実家は、滅多に行けないのですが、毎年2日には集まって、新年会を開いているので、それに参加。甥っ子と姪っ子計5人にお年玉を手裏剣の如く配ってきました。

初詣では、おみくじを引きました。主人・末吉、息子・小吉、私・大吉。息子のおみくじには、それなりに厳しいことも書かれてありましたが、「今までの悪い運も開けて栄える御籤(みくじ)です」と書いてあり、息子は大喜びしていました。昨年1年間は、とにかく、いじめや嫌がらせによるストレス・怪我が耐えない1年だったので、今年はいじめによる無駄な時間が無くなり、その分、別のところでいろいろ充実していってもらいたいなと願っています。

私の大吉は、振り返ってみたら実に3年ぶりのようです。一番気になっていた病気の項目は、「重くない癒(なお)る」と書いてあったので、一安心しました。昨年は、大病ではないのですが、ちょこちょこ具合が悪かったんですよね。ブログに書いたことのある、頭痛、手首の痛み、手の指の痛み、腕の痺れ、の他に、酷いかゆみを伴う発疹、足の指の痛み、腰痛、首の発疹、目の充血などがありました。昨年の1年で、10年分年取ったのかと思うぐらい、体の調子が悪い1年でした。

ちなみに、病院での診察結果を言いますと、手首の痛みは、靭帯が少し伸びているらしく、完治はしないらしい。手の指の痛みは、レントゲンを撮るも、原因不明。酷いかゆみを伴う発疹は、顕微鏡検査で、カビによるものと判明。今は治まっていますが、再発しやすいらしく警戒中。足の指の痛みは、レントゲン撮影で「外骨腫」と判明。左足親指の右側に、カッコみたいな形( 』)の骨が出来てました。おそらく子どもの頃に出来たものと思われるが、成長期に痛みを伴うのが普通で、大人になってから痛む人は珍しいと言われました。処方は、塗り薬の経皮鎮痛消炎剤。現在は治まってます。首の発疹は、にきびの一種では?ということで塗り薬で様子見。年末に急に発症した目の充血は、アレルギーによるものということで、目薬の処方。なんとか年内に治りました。

今年は、病院へ通うようなことの無いよう、ある程度、健康でいられたら幸せかなと思います。

ブックオフは、三が日で全商品20パーセントオフ!という触れ込みに誘われ、家族で2回ほど行っちゃいました。趣味で絵本を集めているのですが、いつもよりお得に買えたので、年始早々、ありがたかったです。息子と主人は、漫画を買いあさっていました。

そんなこんなで、始まった2013年。昨日は、爆弾低気圧で積雪があり、東京も一面雪景色に早変わりしちゃいました。みなさん落雪や路面凍結などで怪我の無いよう、お気をつけてくださいね。私は、雪がある程度解けるまで、家に引きこもっているとします(笑)


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。



Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon