Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

 息子の頭痛

息子にとって辛い日々が続いていたことが発覚しました。
その一部始終を記録しておきたいと思います。
(かなりの長文ですので、お時間のある時にお付き合い下さい)

-*-*-*-*-*-*-*-
小4の息子のことです。

息子が頭痛を訴えだしたのは、2/12(日)の夕方でした。それ以降、毎日夕方や夜、短時間ですが頭痛を訴え、帰宅後に寝込む日が続いていました。頭痛が始まる前の週は風邪気味で「喉が痛い」と言っていたこともあり、また別の風邪をひいちゃったのかな?などと思っていました。

2/15(水)の朝、起床時は大丈夫だったようですが、登校時間が近づくにつれ、微妙に足首の痛みと頭痛を訴えだしました。朝から頭痛を訴えるのは珍しく、少し辛そうでしたが、どうしても無理なら保健室へ行くように言い、私が付き添って登校し、下校時には治っていたのでホッとしました。

2/16(木)、2/17(金)は、登校時間が近づくにつれ、窓越しの日差しでも目を開けているのが辛いレベルの激しい頭痛を訴えたため、学校を休ませました。でも、昼前にはケロッと回復するんですよね。

連日の頭痛で心配だったので、頭痛が治まったのを見計らって、金曜日に小児科へ連れていきました。喉が少し赤いので風邪かもしれませんが、何かストレスでもあるのかも?という話でした。風邪薬と痛み止めが処方され、帰宅。少し、様子を見ることにしました。

2/18(土)は登校日でしたので、普通に登校し、大丈夫かと思いきや、夜になってまた頭痛を訴えたのでお風呂に入らずに就寝させました。

2/19(日)は、久しぶりに体調が良さそうでしたので安心していたのですが・・・

-*-*-*-*-*-*-*-

2/20(月)の朝、また登校時間に頭痛を訴えました。でも、「これ以上休むと勉強が遅れるから。」と息子が言い、頭痛もどうやら先日のようなうずくまるほどのレベルではなかった為、心配でしたが付き添って登校させました。学校では、3時限目頃に頭痛がピークを迎え、光が辛いレベルになったために体育は見学したそうですが、下校時には回復していました。

小児科で頂いた薬が翌日分で無くなるので、「明日また頭痛がするようなら、脳神経の検査の出来る病院へ行かなくちゃね」という話をしつつ、先日小児科で言われた<ストレスがあるのかも>という言葉が気になり、「今、本当に悩んでることとか困ってることとか無いよね?」と息子に改めて聞いたところ、「実は・・・ずっと我慢してたことがある。」と息子が話し出しました。

ぽつり、ぽつりと話しながら泣き出し、途中からは泣きじゃくりながらも心の叫びをやっと声に出してくれました。おそらく頭痛の原因はこれだと思われます。

学校で同じ班の子の、嫌がらせでした。

息子の隣の席と後ろの席の子2人の合計3人が、先生の目を盗み、足で蹴ってきたり、息子の防災頭巾を蹴り飛ばしたり、防災頭巾カバーに落書きしたり(洗えばいーじゃんと言われたらしい)。
息子の知らないうちに3人のうちの1人の子の消しゴムが息子の机の中に入れられていて、「何盗んでんだよ!」とののしられたり。
息子の給食の牛乳パックの角をわざと潰して変形させ、「味が変わらないんだからいーじゃん」と言われたり。
その他、細かい嫌がらせが2学期後半に席替えをしてからずっと続いていたそうです。

時々、すごく暗い表情で帰宅することがあり、そのたびに「何かあった?」と聞いていたのですが、「いや、別に?」といつも交わしていた息子。それ以外の学校での出来事は、聞いてもいないのにおもしろおかしく話してくれるのに。。。

嫌がらせをされた直後、先生に言おうとしたことがあったそうですが、「もし蹴ってることを誰かに言ったら、もっとやってやるからな!」と脅されていて、誰にも言い出せずにじっと我慢し続けていたとのこと。そのことで学校で泣いたことも2、3度あったようですが、先生のいない時で気付いてもらえなかったこともわかりました。

「ずっと我慢してた」「ずっと学校へ行きたくなかった」「ずっと辛かった」と泣きじゃくりながら私にしがみついてきた息子を抱きしめながら、「ずっと我慢してたんだもの、頭が痛くなって当然だよ」「今までよく頑張ったね」「もっと早く教えてくれたら良かったのに。ゴンは悪いことしてないんだから。」と何度も何度も息子の体をさすってやりました。

学校で何かあったのでは?と時々直感で感じることはあっても、本人に真顔で否定されると、勘違いだったのかなとそれ以上の詮索をしなかった私。結果、親として子どもの辛い現状に何も気付いてやれなかった、何もしてやれなかったという事実、ただただ息子に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

息子から話を聞き、一日でも早く解決してくれることを願いつつ、夕方5時過ぎでしたがすぐに学校へ電話し、担任の先生と話をしました。一通り話した後、「話してわからない子達では無いと思うので、話を聞いてみます」と先生は言ってくれましたが、どうも3人の子達がそんなことをするはずがないというニュアンスの言い回しが何度かあり、息子の勘違いなんじゃないの?みたいな雰囲気が先生の言動からちらちら見えたので、先生が果たしてどう対処して下さるのか、かなり心配ではありましたが、先生の対応に期待してみることにしました。

-*-*-*-*-*-*-*-

2/21(火)は、昨日、悩み事を吐き出してすっきりしたのか、久しぶりに頭痛のない朝を迎えましたが、暗い表情でしたので、付き添って登校しました。

先生がどんな対応をとって下さるのか、どんな風に話が解決へと進んでいくのか、とても不安でしたが、息子はとても晴れやかな表情で下校してきました。ずっと頭痛で遊べなかったのですが、久しぶりにお友達の誘いに喜んで出掛け、「楽しかった~!」と帰宅。数日ぶりに頭痛のない元気な一日を過ごすことが出来ました。

息子から聞いた話では、2学期後半に行われた席替えは、くじ引きで決められたとのこと。
そして、嫌がらせしてくる3人(男子・女子A・女子Bとします)ですが、よくよく聞いてみたら、いつも3人が一斉に攻撃してくるわけではなくて、息子が言うには、「男子はそれほどでもないんだけど」とのことでした。

言い方が悪いですが、主犯は後ろの席の女子A、そしてそれに便乗する形で女子Bがちょこちょこ嫌がらせをしているらしいことがわかりました。「蹴る」「落書き」「脅し」は全て女子Aの言動です。

この日の先生の対応としては、給食後、息子と男子が先生に呼ばれ、教室の隅で密かに話をし、男子が息子に謝り、その時はそれで終わったようです。女子ABとは話をしていないとのこと。なので、実質この日は全く解決していないことになります。

先生としては、他のクラスメイトに気付かれないように、こっそりと事態を収束させたいということなのだと思います。3人全員と話をしていないからということなのか、この日は先生からの電話も連絡帳での連絡もありませんでした。

たまたまこの日は誰にも蹴られなかったようで、息子は「珍しく蹴られなかった!」と喜んでいましたが、女子と先生が話をしていない以上、翌日はまた蹴られる可能性も残っているわけで。

今すぐにでも席替えをしてほしい旨は、学校へ電話した際に先生にも伝えたのですが、「今の席が気に食わないからと、すぐに席替えをするわけにはいかない」、「今の状態のまま席替えをしても、また別の子に嫌がらせをするかもしれないので、席替えをすればすぐに事態が解決するというわけではないので」ということを言われました。

息子には、「3人がそういうことをしなくなったら、席替えをしましょう」と言ったそうです。ということは、3人が改心するまで息子はこのままさらに我慢してろ、と?あまりにむかついたので、電話では伝えきれなかったことを連絡帳にいろいろと書き、息子に持たせることにしました。

・頭痛は学校を休んだ日だけではなく、その数日前から連日続いていて、脳の検査も検討するぐらい、深刻になっていたこと。
・息子がこのことを言い出せずにいた理由の1つとして、「脅し」があったという事実。
・もし気付かずに長引いていたら、息子が登校拒否になっていたかもしれないことを考慮し、席替えを速やかに行って欲しいこと。
・すぐに席替えが無理なら、せめて女子Aと席を交換して欲しい。
・女子Aが後ろの席にいるだけで息子は不安で落ち着かない状態にあるということ。

明日、先生がどういう対応をとって下さるのか?

-*-*-*-*-*-*-*-

2/22(水)
嫌がらせの件を先生に報告して以降、息子の頭痛はぱったりと止みました。頭痛の原因はやはりこれだったのだと確信。

この日の下校してきた息子の第一声は、「急に優しくなって、キモいんだけど!」でした。昨日は、給食後に先生が女子ABを教室の隅へ呼び出し、話をしていたそうです。(なぜか息子は呼ばれなかったとのこと)

どんな内容だったのかはわかりませんが、女子ABの態度が変わったのは事実のようです。でも息子への謝罪の言葉は無かったらしく、男子の時と先生の対応が違うのが気になります。もし女子ABが謝罪してきたとしても、息子の中で「許せない」と思ったら、先生に気を使って無理に許さなくてもいいんだからね、と息子には伝えました。正直な気持ちが一番だと思うので。

そしてこの日の大きな動きとしては、先生が「来週、席替えをします。」とクラス全員に伝えたとのこと。これは、私が連絡帳で伝えたことを受け、ようやく緊急性を感じてのことだと思います。

昨日の連絡帳には、1ページ半に渡る長文でいろいろ書きましたが、先生からの返事はたった1行、「わかりました。いろいろ考慮してみます。」だけでした。しかも、一番知りたかった「3人がこういう行動に至った理由、3人とどういう話をしたのか」という質問には答えてもらえませんでした。

息子によれば、今日の息子のクラスの5時間目は、地域の先生方の参観による研究授業があったとかで、先生もかなりてんぱっていたようなので、いろいろと気持ちに余裕が無かったのかもと解釈し、連絡帳には何も書かず、明日の先生の対応を様子見することにしました。

-*-*-*-*-*-*-*-

2/23(木)

この時点で、今私が気になっていることとしては、

・先生側から「こういう対応をとりました」という報告が一切無いこと。
・3人と話した内容を教えてもらってないこと。
・女子ABから謝罪の言葉がないこと。
・再発防止のための対応として、どういうことをしていくつもりなのか。

特に「再発防止」については、今後約1ヶ月でクラス替えがや担任が替わる可能性がある以上、すぐにこの事実が薄れてしまい、再発の可能性が高い気がするので、家庭でのフォローや監視が絶対に必要だと思うんです。相手の保護者への対応無しに、このままなんとなくフェイドアウトされては、今回息子が辛い思いをした意味がありません。

なので朝、主人と話をした結果、今日の先生の対応次第では、校長にアポを取って直接話をしようということになりました。


今日こそ先生からの報告があることを期待して待っていたのですが何も無く、下校した息子に話を聞くも、今日は特に先生に呼ばれることも無く、普通に終わったとのことなので、これはいよいよ担任ではラチが明かないので、校長先生と直接話した方が早いという結論に達しました。

夕方4時過ぎ、校長室の直通電話に掛けたのですが副校長が出て、校長は出張中でいないとのことでしたので、翌日改めて電話をかけ直すことになりました。校長に電話したことが担任に知れて、もしかしたら電話が来るかも・・・と思っていたら、案の定、約30分後、担任からかなり慌てた様子で電話がありました。

最初の数分間、先生がかなり噛みながら話してたので、よほど慌てたんだと思います。「報告が遅れてしまいすみませんでした。会議が入っていて連絡帳に書く時間が無くて」という言い訳でした。

先生の報告によりますと、男子は、消しゴムの犯人が息子だとしてののしった件について、「○○(息子です)が盗んだとは思っていなかったけど、言ってしまった」、「今後はこういうこと(消しゴムを取ったり)をしている人を見たら注意していきたい」と言い、息子に謝り、息子も許したんだそうです。

女子Bは、消しゴムを取り、息子を犯人にしたこと、牛乳パックを潰したことについて、「それは私がやりました」と素直に認め、「今後はこういうことをせず、班の人と仲良くやりたい」と答えたそうです。

女子Aは、先生の「何かしちゃいけないことをしてしまったとかある?」の問いに、「ありません」と言い、一切、知らない、やってないと1つも認めなかったとのこと。「○○くん(息子のこと)については、どう思っているの?」という問いには、「大人しくて、あまり話したことがないのでよくわかりません。」と答えたそうです。

先生からはそれ以上責め立てるようなことはせず、「○○くん(息子)とあまりお話したことがないんだったら、女子Aさんの方から話しかけてみて、同じ班の人同士、仲良く出来るようにしてみたら良いですね」ということを話し、それで終わったようです。

上記のことがあって女子Aの態度が変わり、息子曰く「急に優しくなって、キモいんだけど!」になったんだということがやっとわかりました。

来週行われる席替えについては、息子のことがあったからではなくて、「3学期に入って1ヶ月が過ぎたので、そろそろ席替えをしましょう」という形でクラスには報告したそうです。

約1ヶ月後にクラス替えがあったり担任が替わったりすることで、すぐにこの事実が薄れて、再発するのでは?という不安があることに関しては、この件は、新しい担任へ必ず申し送りをするようにしますとのことでした。

再発防止という点で、家庭でのフォローが絶対に必要だと思うので、こういうことがあったという事実を相手の親御さんに報告して欲しい、ということについては、「わかりました」と即答してもらいました。ただし、女子Aについては、本人が認めていないので、先に保護者に報告してしまうと親御さんから一方的に叱られることになってしまい、本人が反省するチャンスが無くなってしまうかもしれないので、女子Aと時間を掛けて話をし、本人が認めてから報告したいということでしたので、それは了承しました。

それから、2年生の時にも似たようなイジメにあったことも先生へ伝えました。そのときの対応、その時の相手の名前を聞かれましたので全部お話ししました。今回は前回の時とは違い、体調に異変を生じるほどの激しいストレスを受けたこと、「脅し」という悪質な行為があったため、前回のように簡単に済ませて欲しくないということを強く伝えました。

一番気になるのは、女子Aが一切の行為を認めていないことです。電話を切った後に、また色々と思うことがあったので、また連絡帳にいろいろ書きました。

・頭痛で欠席した後の翌日と、先生に電話で報告した日にも女子Aにけられていること。
・もし3学期中に女子Aがやったことを認めなかったとしても、最終的には保護者に報告して欲しい。
・「黙っていれば悪いことをしてもバレない」という経験をしてしまうと、本人のためにも良くないし、再発するきっかけになってしまうと思う。
・けじめとして、男子だけではなく、女子にも謝ってもらいたい。

今回、先生と色々話すことが出来ましたので、校長との面談は止めて、先生の指導力がどんなものか、もう少し様子を見ることにしました。

-*-*-*-*-*-*-*-

2/24(金)

連絡帳を息子に持たせ、先生からの報告を待ちました。
息子が下校してくる前に新たな展開があり、先生から電話で報告がありました。

今日、先生がもう一度、女子ABを呼んで話を聞いたところ、昨日まで事実を否定していた女子Aが「やりました」と認めてくれたそうです。女子ABが息子に謝りたいとのことだったので、息子も呼んできて、謝らせたとのことでした。(息子が謝罪を受け入れたかは不明)

ということで、今日にでも先生の方から3人の保護者へ今回の件の連絡・報告をします、ということになりました。なので、こちらとしては保護者からの謝罪が目的ではなく、自分のお子さんの実体を保護者に把握していただいて、再発防止に繋げてもらうための報告だと思っているので、息子の名前は出さなくいいです、と先生には話しました。どういう形で報告したのかは、後日、保護者会で先生と会う機会がありますので、聞いてみたいと思っています。

-*-*-*-*-*-*-

2/27(月)
今日は学校で席替えがあり、優しそうな子ばかりの班に入ることが出来たようです。席も、先生の目の届く前方。とりあえず一安心です。

夜8時過ぎ、女子Bのお母さんから電話がありました。先ほど担任から電話があり、報告を受けてびっくりして、女子Bからうちの子の名前を聞き出し、電話をしてきたようです。

内容としては・・・今までこういうことで学校から電話を受けたことがないのでとにかくびっくりだし、ショックを受けている。娘は、「みんなと同じようにやってただけなのに、なんで私だけが責められるの?」と言っていた。娘は女の子らしくないところもあるので・・・すみませんでした。今までずっと同じクラスで、クラス替え後もまた同じクラスになるかもしれないのですが、その時はよろしくお願いします。

という内容でした。私から見れば、言い訳ばかりの内容ですが。まるで、うちの息子が過剰反応していておかしい、本当にうちの娘がやったの?とこちらを遠回しに疑っているような内容でした。先生からは、うちの子が嫌がらせによって頭痛を起こし、病院へも通い、学校を休むほどだったということも報告されたらしいのですが、自分の子が実際にそういう目に遭っていない以上、またそういう場面を目撃していない以上、信じられないんでしょうね。

他の2名の子の親からは電話は来ていません。こちらの名前を出すなとは言いましたが、普通の親でしたら子どもから相手の子を聞き出し、電話してくると思うのですが。いずれの親も、自分の子どもがそういうことをするはずがないと無いと思っているのでしょう。

ちなみにですが・・・相手の3人のお子さん達は、いずれも成績上位の子です。特に、主犯の女子Aは、学年でおそらくトップだと思います。そいう子達でしたから、先生も信じられなかったのでしょう。電話で報告した際には、3人の子をかばうような発言で一部の出来事に関して反論してきましたし。親も同様に、頭の良い自分の子が、そんなことをするはずがない、やって良いこと・悪いことの区別が出来ないはずがないと思いこんでいるので、信じられないのでしょう。




勉強も苦手、運動も苦手、いつもニコニコ、平和主義の息子。「やめて」などは言えるけれども強くは言えず、下に見られる傾向があるため、ちょっかい出されたり活発な子に嫌がらせさせられたりということが今までもありましたが、まさかこんな酷い頭痛を伴うぐらいのストレスを抱えることになるなんて。

「自分がやられて嫌なことは人にはするな」と言ってきましたが、「やられたらやり返せ」と教えた方が良かったのでしょうか。

周りの子にナメられないように、息子を変えてやりたい。けれども、人より勝っているところがほとんど無く、きっかけが掴めない。人一倍、臆病なところもあり、自信をつけてやることも難しいのが現実です。要領は悪いけれど、素直で優しく決して嘘はつかない、ひょうきん者の息子。少ないけれど、友達もいます。なんとかまた元気に登校出来る日が来るといいなと思っています。


今回は、相手の3人のお子さんを一方的に責める形になってしまいましたが、息子の素直でまじめすぎる性格が、余計に事態を悪化させたのかなとも感じています。息子が嫌な思いをしてしまったのには違いないのですが、少なくとも消しゴムの件は、よくあるイタズラで、冗談で笑って済む場面ではなかったのかと思うんです。

今後は、相手を責めるだけではなく、息子自身が自分で自分を守れるような策を、少しずつ身に付けて行動に移していけるよう、親子で考えていきたいと思います。とはいえ、今までも考えてはきたものの、何をどうしたらよいのか・・・模索中です。

精神的ダメージが大きく、疲れやすくなっているようで、ここ数週間は、息子は帰宅後に昼寝をするようになりました。私自身も、胃がキリキリと痛む日々が続いています。親子で小心者・・・なんですね(苦笑)



やられた側からすれば、嫌がらせが止まって、席替えをしたから今回の件はこれで解決、おしまいってわけにはいきません。現に、今日も息子は登校時間に合わせて頭痛を発症、学校を休んでいます。

もともと、学校嫌いな息子。嫌がらせはなくなりましたが、今回の一件でストレス性の頭痛を発症しやすくなってしまったようです。「学校へ行きたくないな」という気持ちが強くなると、頭痛を発症するようになってしまいました。精神的ダメージ、肉体的ダメージが回復するまでには、まだまだ時間が掛かりそうです。

私自身、子どもの「頭が痛い」という言葉を聞くと、ズキン!と動悸がするようになりました。不安で心配で、一気に顔や手の温度が引いていくのが自分でもわかるほどです。子どもの前では、堂々としているように気を付けていますが、自分自身、本当はものすごく小心者なので。。。。


これを機に、親子で変わらなきゃ、と本当に思っています。
こんな酷い思いをさせられて、今変わらなきゃ、いつ変わるの?って思います。
強い心をもって生きていけるように。息子を支えて育てていかなきゃと思っています。

長文にお付き合い下さり、ありがとうございました。



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


2 Comments

小林 一弘  

嫌がらせやいじめをする子供、自分の子供が何をしても関係ない馬鹿親、正義の剣を振りかざせない指導者達・・・みんなのんきでお気楽で平和ボケしていて腹が立つ!!
みんながるいさん家族を応援してますよ!!
がんば~!!

2012/03/08 (Thu) 11:31 | EDIT | REPLY |   

るい  

Re: タイトルなし

小林さん、いつもコメントありがとうございます。
こうして応援してくれる人が1人でもいると思うと、気持ちが楽になります。
一応、学校としての対応は、これ以上期待しないことにしました。
いろいろ書きたいことがありますので、後は記事にしたいと思います。

2012/03/12 (Mon) 08:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment