震災から1ヶ月 

2011, 04. 11 (Mon) 17:08

いやいや・・・1ヶ月もブログをほったらかしにしてしまいました。

3.11の大震災から早くも1ヶ月が経ったんですね。ニュースでは被災地の様子などを随時伝える報道が連日流れ、それと平行して原発問題の続報報道。水道水から放射性ヨウ素が検出され、パニック騒動。あらゆる物の買い占めが起こり、そして品薄状態。計画停電が実施され、より一層の節電モード。野菜には出荷制限などが出され、。そして、相次ぐ余震。

本当にテレビから目が離せない1ヶ月でした。そして、これからも目が離せませんね。原発問題が収束しない限り。「枝野官房長官」「原子炉建屋」「放射能」「ヨウ素」「東電」などの言葉(名前)、連日のニュースを見ていて息子が覚えてしまいました(他にもいろいろ覚えてました)。

汚染水を海に流したというニュースを見た時には、信じられませんでした。我が家では一斉に大ブーイング。

 「え~!?なんで流すの!?」
主人 「他に方法があんだろよ~?」
息子 「海の魚たち、早く逃げて~!!」

大気が汚染されてしまったのは、原発が存在している以上、片目つぶって仕方がないとは思いましたが、わざわざ海を汚染するようなことをする必要は無いんじゃないの?って思うのは素人の考えなんでしょうか。(それ以前に、ピットから漏れていたという事実はありますが・・・)

今の私に出来ることは、出来る限りの節電への協力、必要以上の買い占めをしないこと、そして、東北の食材を選んで買ってやること、ぐらいでしょうか。町会を通して、少ないですが義援金も支払いました。平等に配分しなければならないため、なかなか被災者の手には届かない現状みたいですが。

ちなみに、「義援金」と「支援金」は、意味が違うようです。前者は、被災者の支援のために寄付されるお金のことで、後者は、被災者を支援する活動をしている人達(ボランティア団体・NPOなど)の活動に使われるお金だそうです。知りませんでした~。

1日でも早く、被災地が復興への歩みを進め、1日でも早く、原発が収束に向かいますよう、ひたすら祈るばかりです。大きな余震も続いています。みなさん、くれぐれも怪我などせぬよう、お互い気を付けましょうね。

次回からは、震災以外の記事をUPしていきたいと思います。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント