*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子の近況~
ふと思い立ったので、息子の近況を書きたいと思います。

何度かブログでも息子の「パパ嫌い」の記事を書かせてもらいました。1月にもそのことで記事を書き、だんだんパパと息子の距離が近くなってきたと書いたのですが、現在も順調に近づいています。

以前は主人が息子の近くに座っただけでも「あっち行け!!」と大騒ぎだったのですが、そういうこともほとんど見られなくなり、最近では主人と息子の共通の趣味であるゲーム「大戦略」大戦略WIN IIバリューパック セレクション2000で意気投合してよく遊んでます。主人はインドア派なので、息子とこういう付き合い方しかできないんだとやっと理解しました。残念ながら、私が主人に期待していたような、子供と外で一緒に元気に遊ぶとかいう発想はないようです。サッカーや野球、キャッチボールといったものは、父親が担当するものだと思っていた私がおバカでした。

でも、ゲームや電車・パソコンなどの知識は私はあまり興味がなくて付き合ったり教えてやれないので、その辺は主人に担当してもらって、その他、勉強を見たり、外で虫や生き物を捕ったり(主人は虫や生き物が苦手)、ちょっとしたスポーツは私が担当するということにして、それぞれの親が自分にできることを通して子供に接していけばいいんだとやっと感じたのでした。どうしても私は、主人に子供とスポーツをして欲しかったのですが。

公園に行けば、父親と息子がキャッチボールしたり、サッカーしてる姿をたくさん見かけます。私はそれが普通の姿だと思っていました。母親が息子とキャッチボールしたりサッカーしたりしている姿は、2,3才ぐらいの子相手ならみかけますが、小学生の息子相手にですよ?母親がキャッチボール!?という固定観念があったのですが、払拭することにしました。そういえば私、中学高校と6年間ソフトボール部でした。主人よりキャッチボールは上手なはずなんですよね。

ある本で、子供の身体能力は10才頃で決まってしまうと書いてありました。10才までに出来なかったことは、大人になってもできない、と。幸い、息子にはまだ10才までに1年10か月の時間があります。だから、これから出来る限り体を動かしてやりたいなと思っています。

という上記の考えもあって、去年から息子と二人でウォーキングを開始したりしていたわけですが、今年の入ってからは、ウォーキングという名目で、実は週末を利用して家族3人でちょこちょこ出掛けるようにしています。自転車や車を使わず、移動は徒歩や電車、バス。目的地は、近隣の博物館やその地のちょとした名所、地域探検など。とにかく、歩くことがメインです。同じ所をぐるぐる歩いてても飽きちゃいますからね。



ウォーキングで足腰が少し鍛えられたおかげか??ここ最近、息子にちょっとした変化が。

まず、縄跳び。
園児だった頃は、全く跳べなくて、運動神経ゼロだと半ば諦めていたのですが、息子が縄跳びで跳んでいる姿を初めて見たのが、小1の1月頃でした。その時は5回しか跳べてなかったのだけど、家で教えたわけじゃなかったので、すごくビックリしました。

そして小2の10月頃。学校の体育で18回ほど跳んでいるのをみて、(少しずつだけど、上達はしてるのね)と思ってはいました。そして3学期に入り、学校で縄跳び検定というのがあって、少しは縄跳びの練習をさせてみようと思ったのが、2週間前の日曜日のこと。その時に、5度目ぐらいのチャレンジでなんと60回跳べて、うわ~!!すごい、新記録だ!!と息子と2人で喜んだんですね。

一度自信が付くと、子供ってすごいですね。その5日後には「ママ!学校の検定で75回跳べた!」と報告があり、これまた新記録だね、と喜んだのですが、今週に入ってすぐ、今度は「110回の新記録が出た!!」と報告があり、まさか、こんな短期間でこんなに跳べるようになるとは思ってもいなかったので、耳を疑ってしまいました。

話を詳しく聞いたら、110回の新記録を出した時、跳んでいる時に周りにいたクラスメイトの数人が「ゴン、がんばれ!!」と応援してくれたと。あと、家で練習した時、私に「跳びながらだんだん腕が横に広がってくる癖があるよ」と指摘されたのを覚えていて、それを意識してやったら出来た、とのことでした。

そういえば、家で練習した時も私が「もう少しで50回!」「行け、行け~!」って応援してたなって思い出しました。周りで応援してくれたクラスメイトに感謝!応援って、確実にパワーになるんですね。

ちょっとしたアドバイス、周りの応援、それを糧に頑張った、息子。
「やれば、できる!」「努力が実る!」ということを息子なりに実感できた良い経験だったと思います。


その他にも、恥ずかしいのか照れてしまうのか、授業中、どうしても声が小さくなってしまう息子なのですが、先日、国語の授業で教科書の音読があって、「大きな声が出せた!」と息子から報告がありました。よくよく話を聞くと、班ごとに読むところを分担して発表する音読のスタイルだったらしく、班の人たちの読むスピードに上手く乗って読めるように息子なりに意識したらしい。

音読が終了した後、先生が「どうでしたか?」とみんなに評価してもらうらしいのですが、その時に一斉にみんなの手が挙がり、指された子が「ゴン君の声が大きかったです」と発言、周りの子のほとんどが「同じです!」となったようで、先生も、「そうだね、ゴン君の声がいつもより大きくてよく聞こえたよね!」とみんなの前で褒めてくれたと。これまた、すごく自信に繋がったようです。その後、先生からも個別に「ゴン君は、最近よく頑張ってるね!」と言われた、と嬉しそうに報告してくれました。

調子の良い時は、なんでも上手いこと連鎖していくものなのかな?って思います。やっぱり、親に褒められるのとはまた違って、第3者から褒められることって、すごく自信に繋がると思うんですよね。

最近は、仲の良い友達と遊ぶ時間を少しでも増やしたいからと、朝もてきぱきと登校の準備を済ませ、登校時間の数分前には準備万端、時間になるとすっ飛んで出掛けていきます。今までは、私が「あれやったの?」「これやったの?」と口うるさく言わないと動かなかったのが嘘のよう。時間を気にしたことがなかった息子が、時計を見ながら行動しているのをみて、だんだん成長してるんだな、と感じています。正直、本当に時計で時間が読めているか微妙なんですが どうもアナログ時計は見ないで、デジタル時計だけを頼りに生きてるみたいなので(笑)

そんな感じで、最近は調子の良い息子。この頃は、「一輪車をやってみたい!」とか「お小遣い欲しいからお手伝い頑張る!」と言い出したり、「パパに誕生日プレゼントをあげたい!」と言い出したり、自分から何かやりたい気持ちが溢れて出してきているようです。(パパの前にじいじ、ばあば、ママの誕生日があるのですが、それは無視)どうかこのテンションのまま、3年生に進級してくれたら良いなと思っています。

ただ一つ、心配なのは3年生へ進級する際、クラス替えがあること。せっかく出来た仲の良いお友達2人と離れませんように!それだけ祈っています。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。