*All archives* |  *Admin*

2017/10
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
息子の近況です
約2ヶ月ぶりに息子の近況を書きたいと思います。
実は夏休み中、私とべったりだった息子。夏休みの前半2週間、後半2週間は、学校のプールとサマースクールがあったのですが、前半のサマースクールは全出席したものの、プールは嫌だというので、体調の良いときに1回だけ参加。後半は、「学校行きたくない。家で勉強頑張るから」というので、サマースクールもプールも全欠席となってしまいました。

ということで、夏休み中は、午前中はびっしりお勉強。午後からは自由時間という生活をほぼ毎日送っていました。とはいえ、お友達と遊びに行くのかと思えば、「ママと遊ぶ」と息子。学校のお友達と遊べば?と思ったのですが、息子曰く、「友達がいない」とのこと。自分から電話するでもなく、誘われるわけでもなく、本当に友達がいないのかな?と不安に思いつつ、とりあえず家に引きこもってばかりいられては体が鈍ってしまうだろうと思い、ひたすら息子と二人で公園へ行く毎日でした。

暇さえあれば虫取り。そして虫取り。また虫取り。
飽きてきたら、カエルの捕獲。そしてカエル捕獲。またカエル捕獲。
そんな感じでした。

そして2学期。サマースクールにも参加せず、プールにも行かず、息子はクラスのみんなに忘れ去られていやしないかと心配したのですが、そうではなかったみたいです。学校へも近所のお友達と一緒に登校してくれ、心底ホッとしました。

そして、昨日の放課後のこと。家の窓から公園の様子が見えるのですが、公園に同じクラスの男の子4人の姿が見えました。

「ほら、●●君とか●●君とかが来てるよ。遊んでくれば?」と私。
「ん~、でもな~(もじもじ)」と息子。
「行ってみなよ!『よ~!ゴン!!』って言われるだけだよ。『あっち行け~!』なんていつも言われないでしょ?」
「ん~、そういえばそうだなあ。行ってみるか!」

息子の重たい腰を上げるのは、いつも大変です。後込み後込み・・・まるでザリガニみたいです(笑)ベランダから様子を見ていたのですが、どうやらクラスの子達と合流した息子、すぐに遊び始めた様子でした。

それから約1時間後。久しぶりにクラスの男の子5人ほどと公園で遊んできた息子。帰宅後の開口一番 「いや~、ボクにも友達がいたんだね!」 と嬉しそうに話してくれました。

「誘ってもらうのを待ってちゃダメなんだよ。自分から行かないとね。」と私。
「うん、どうやらそのようだなぁ。」と息子。言葉遣いは大物っぽいんだけどなあ...

そして今日、帰宅後、すぐに近所のお友達がピンポーンとやって来て、遊びに出掛けています。
学校で遊ぶ約束をしたんだそうで。そうそう。どんどん遊びに行ってくれ~!!
子供には、子供同士でしか学べないことがいっぱいいっぱいあるんだぞ~!!
そう思いながら、見送ってやりました。

基本的に小心者の息子。実は1人で自転車に乗って外をぶらぶらすることも出来ません。道は知ってるようなのですが、1人で判断しながら行動することがまだまだ不安のようです。ということで最近は、私と一緒に自転車でスーパーなどに出掛けた帰り、行きは私が先頭、帰りは息子が先頭になって自転車走行をするようにしています。

最初は、「え~!なんで~?」と言っていた息子ですが、息子が先頭で走行する際、キャラを変えて、「隊長が先頭でお願いします!」言うと、なぜか喜んで走行するようになりました(笑)まだ始めたばかりなので効果のほどは??ですが、何事も慣れだと思うので、そのうち、後ろに私がいようがいまいが、1人でお出掛けできるようになってくれればいいなという感じです。

そうそう、塾を辞めてすぐに初めたスイミングスクールですが、今のところ、順調に続いています。始めてから2ヶ月半ぐらい経ち、水に顔を浸けるのすらまともに出来なかった息子が、水に潜るのが平気になり、水中で目を開けられるようになり、だるま浮きもほぼ出来、今は、けのびの練習と背面浮きの練習をしています。プール嫌いだった息子が、辞めたいと言わずに続けてくれていることが奇跡です。

でも、プール内での息子の様子をよーく見ていると、なにやら怪しい動き。水に潜った状態でビート板を頭に乗せ、移動している。。。。どうやら、水中に隠れた忍者をイメージしているらしい。怪しすぎるこの頃、忍者にハマっている息子、どうやらスイミングは忍者の修行として捉えているらしい。・・・・ま、続けてくれているのでそれはそれでいいのかもしれません(笑)

とにかく、マイペースな息子。言われてからじゃないと行動しないことが多すぎる。ついつい、口出しして命令口調になっている私。このままではいかん、いかんと、最近は意識して命令口調にならないようにしたいのですが、これがなかなか難しいですね。

子供自身に考えさせ、自らの意志で行動させる。 『待つ』ことの難しさを実感しています。子供の成長をひたすらじっと『待つ』こと。それが育児の基本なんでしょうね、きっと。どうも私は焦りすぎているようです。 一日のうち、「早くして~!」を何度言っていることでしょう。ゆっくりしたいマイペースな息子に、早くして欲しい、口うるさい親(私)。今気付いたのですが、私がしてることって、息子の行動を否定しちゃってることになるんでしょうね、きっと。。。マイペースな息子自身を親である私自身が認めていくことが、今後の私の課題なのかなって思います。

もっとゆっくり、ゆったりした気持ちで息子の成長を見守っていきたいです。
その方が気持ちも楽だし、息子の笑顔も増えるかな。そんな気がします。

なんか文章がまとまりませんが。。。。
2学期は、運動会に、学校の秋祭り、PTAのお手伝いなどの行事が盛りだくさんです。
気持ちが落ち込まないように、テンションを上げて乗り切っていきたいなと思います。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 10/13:るい

  • 10/06:小林 一弘

  • 10/06:るい

  • 10/03:小林 一弘

  • 07/13:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon