*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
また・・・病気ネタです(1)
はぁ....。また病気の記事を書くことになろうとは思わなかったのですが、仕方がありません。
実はここ数日、主人の体調が思わしくなく、いろいろありましたので、個人的なメモ要素も兼ねて記事にしておきたいと思います。

実は主人、1ヶ月ほど前に転職して新しい職場で働き始めたところなのですが、最初の異変があったのが5月14日のこと。帰宅するなり、「今日はやばかったよ~。」と主人。その日の午後、軽くめまいがあったとのこと。30分程度休んでいたら治ったとのことでしたが、「めまい」と聞くとどうしても心中和やかではいられません。昨年10月に発症した前庭神経炎の時のこと(ブログ記事はこちらこちら)が頭をよぎりました。新しい職場で、疲れが出てきたのかもしれません。あまり無理しないでね、明日は金曜日だし、土日ゆっくり休めば大丈夫かななんて思っていたのですが。

翌日もいつも通り出勤した主人。けれど、いつもの時間を過ぎても「帰るメール」がなかなか来ないので、今日は残業?もしかして体調不良?と心配していたのですが、一番避けたかった不安が的中。主人から遅れて届いたメールには、 「また前庭神経炎になったみたい。今事務所で休憩中。だいぶめまいはなくなったからもうすぐ帰るね。」 の文字。メールが打てるってことは、前回より軽いってこと?とりあえず、無理しないように、気分が良くなってから帰宅してねと返事メールをしました。

その約40分後。なんとか、同僚の人に付き添われながら職場の最寄り駅まで着いたという電話を受けたのですが、電話の途中で気分が悪くなったらしくトイレに駆け込む主人。心配するも、家からかなり離れた場所だし、子供に1人で留守番させて迎えに行こうかどうしようか、迷ったのですが、私が行ったところで横で見守ることしかできないだろうし、とにかく、少しでも気分が良くなったらタクシーで帰宅するようにと主人に言うしかありませんでした。とは言いつつ、もし主人が身動きとれないようだったら駅員さんに電話して保護してもらえるようにしなきゃだとか、すぐに自分が出掛けられるように準備はしていました。子供にも急かして、早く寝てくれるように準備させて・・・

そして気付いたら1時間近く連絡が途絶えている慌ててメールしてみると、「なんとか電車に乗ったよ」との返事。乗り換えの駅に到着したら、無理しないで絶対にタクシーに乗ってね!!と返信しました。主人もさすがに体力ぎりぎりだったらしく、すんなりタクシーに乗って帰宅しました。結局、会社から帰宅するまで、約3時間も掛かっていました。(いつもは約1時間) あんな状態で、よく電車に乗れたもんだと呆れたのですが、タクシー代を少しでも減らしたくて、無理矢理電車に乗ったらしいです。。。体調悪いときぐらい、無理しなくてもいいのに この日は、以前の前庭神経炎の時よりはかなり症状は軽く、1度会社のトイレで嘔吐しただけだったようです。

翌日、なんとか立って歩けるものの、気を付けないと徐々に左に寄って歩いてしまう主人に付き添って、近所の耳鼻科へ。軽い前庭神経炎だろうと思っていたのですが、下された診断は、「良性発作性頭位めまい症」でした。(詳しい症状はこちらを参考になさって下さい。)

耳鼻科からも良性発作性頭位めまい症についての簡単な説明の書かれた紙を頂いたのですが、治療としては、まずはめまいが起こらない楽な頭位や体位をとって、安静に寝ることがとりあえずの治療らしいです。めまいが少しおさまったら、若干辛くても積極的にめまいを起こす頭位や体位を繰り返すと、だんだんめまいが起こらなくなるとのこと。

実は、このめまい症に「かかりやすい人」というのがあるらしく、

1.高血圧の人 2.頭に外傷を受けたことのある人 3.慢性中耳炎のある人

とのことです。主人の場合、2、3は思い当たらず、もしかして、高血圧が原因なんじゃないの?という話になり・・・・、土日明けの月曜日、近所の内科を受診することにしました。これがまた、次の症状への引き金となるわけですが・・・・


記事が長くなりそうですので、続きは次回書きたいと思います。



テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

・・・気をつけてください。

高血圧が原因ですか?
私も血圧は高めなもので・・・

次の症状へ・・・?

大丈夫ですか?
●小林さんへ

コメントありがとうございます~。
病気の話ばっかりですみませんi-202

詳しくは次の記事に書きますが、今は少しずつ体調を整えている感じです。
なんとか出勤できているので、とりあえず大丈夫?かな??i-229

小林さん、高血圧気味なんですね、そういえばそんなことを以前書かれていましたよね。
アラフォー世代は、病気世代でもあることを実感しております。。。

余談ですが、「アラフォー」とは、40歳前後(35~44歳)の女性を意味する言葉らしいです。
個人的には男女関係なく使っちゃってますけどi-201
ちなみに、私もアラフォーなんで、これからは病気に気を付けなくちゃ、
という感じです。小林さんも気を付けて下さいね~
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon