*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
小2息子の近況
気付いたら、新学期が始まって早1ヶ月が過ぎていました。
ということで(?)、息子の近況を書きたいと思います。

前回の記事に書いた息子の吃音ですが、未だに症状は残っています。けれども、聞き慣れたというのもあるかと思いますが、さほど気にならなくなりました。とにかく、息子が話しかけてきたら、手を止めて目を向けて、じっくりと集中して話を聞いてやるようにしています。まあ、今までもそうしてきたのですが、今まで以上に、(キミガハナスコトニ トテモキョウミガアリマス)という態度をとるように心掛けています。実際、息子の話すことに興味はありますし、無理して話を聞いている感じではないですが。

その甲斐あってか、今のところ、どもりながらも学校での出来事やその他いろんなお話を、こっちが聞かなくてもベラベラと話してくれます。こっちが余裕を持って聞いてやると、余裕を持って話してくれるので、吃音症状も微妙に減ってる感じもしますね。ですから、吃音に関しては、「そのうち、生活に支障がでないレベルまで治ってくれればいいや」という気持ちになっています。焦っても仕方ないことですもんね。

学校生活に関しては、2年生になり、給食を完食する日が続いています。あんなに好き嫌いの多い息子が、本当に完食してるのかは微妙ですが、本人がそう報告してくれるので、完食した日には、家にある給食の献立表に○印を付けています。それがまた、嬉しいみたいで、続けているのかな。ただし、詳しく話を聞いてみたら、給食を盛りつけてもらうときに、苦手なおかずの場合、給食当番さんに、「苦手だから少なくして!」などとお願い(命令?)しているらしいのですがまあ、それも生活の知恵?1年生の時よりは少し賢くなったと言えるのかもしれません(笑)

おかげで、家でもたくさんご飯を食べる日が増えてきました。その割には、あまり運動をしないので(インドア派)、この数ヶ月で、かなり太ってしまったようで・・・偏食で小食なのも困りますが、食べ過ぎても困るのね。これがまた、新たな悩みになりつつあります。運動させなくちゃ!

お友達と外で走り回って、勝手に遊んできてくれるのが一番の運動になるとは思うのですが、未だに1人で遊びに行くことに抵抗があるようで、そしてまた、遊べるお友達も少なくて、現在の状況になってしまっています。 
「1人で遊びに行くことに抵抗がある」というのは、どうやら、1人で出掛けるのが怖いらしいんですよね。怖い・・・つまり不安だってことかな?自分のやることに自信が持てないってことなんでしょうね。マイペースな息子なので、息子のこれまでの人生、私が急かしてしまうところが多々あったので、自分の意志で行動する機会が少なかったからかな?と、かなり反省しています。子供のペースで、自分から行動できるようにし向けていかなくては!今年の私の課題ですね

「遊べる友達が少ない」というのは、もともと息子が自分からお友達を誘ったり、声をかけて入れてもらったりということが苦手ということもありますが、そもそも、放課後に遊べる子供が少ないっていうのもあるように思います。息子のクラスは、26名なのですが、そのうちのほとんどが学童なんですよね。学童じゃない子が8名かな。その8名の中で、毎日習い事がある子が1人、息子と一緒に遊ばない子(女の子)が2人。息子も含めて残りの5人も、それぞれ習い事があるので、比較的まとまった人数で遊べるのは火金ぐらいなのですが、火曜は6時間授業なので、遊べても1時間弱ですね。後は、習い事のある日でも、早めに終わったら駆けつけて30分でも一緒に遊ぶみたいな感じです。 

息子の塾は、月曜、木曜の週2回なので、終わったら駆けつけて一緒に遊ぶ・・・という感じで約7ヶ月間続けてきましたが、みんなと遊ぶ時間を増やしてやりたいのと、塾の内容がどうもイマイチなのがずっと気になっていて(家でも十分、教えられる内容)、今月いっぱいで塾を辞めさせる予定です。前から塾を嫌がっていた息子は、大喜びです それなりに集中力は身に付いたし、短い期間ではありましたが、塾通いという経験も息子にとってはプラスになったのでは?と思っています。本当は、最低でも1年は続けさせたかったのですが、その分、家でフォローしていく感じになります。まあ、塾に通う前の状態に戻るだけの話です。低学年のうちだから可能な技でしょう(笑)

先日紹介した本『「育てにくい子」と感じたときに読む本』を、今少しずつ読んでいるのですが、ドキ!とする言葉がちらほら出てきています。第1章に出てくる「過保護」と「過干渉」の考え方には、ハッとさせられました。私はどうやら、息子に対して過干渉気味のようです。もっと「過保護」に、そして、子供が伸び伸び行動できる環境を作ってやりたいなと思っています。

ブログに息子の近況をちょこちょこ書かせてもらっていますが、近況を書いていると、客観的に息子の状況を捉えやすくなるみたいで、「ああした方がいい」「こうした方がいい」という閃きがどんどん出てきて、きっとこれは自分のために書いているんだなって思います。まあ、自分のブログなんだから、自分のために書いたって良いですよね(笑)ということで、これからも書かせてもらうと思いますが、よろしくお願いします^^


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

はじめまして。
ランキングからきました。
このURLのブログでは書いてないですが、もうひとつのブログでは場面緘黙症のこともちょこっと書いてました。
私自身が子供の時(幼稚園、小学校)場面緘黙症だったと思われます。
その後、無理して話そうとした結果か、吃音になってしまい、何十年もたった今もまだ引きずっています。
いつまでたっても人に慣れないです。
明るい人にあこがれていましたが、自分は自分だとあきらめてます^_^;
「過保護」でお大事に!
るいさん、こんばんは。いつもひたむきに息子さんと向き合いながら子育てをしていらっしゃるのですね。
息子さんもるいさんの「過保護?」な愛に包まれて、成長されていると思います。これからは、親子で楽しくホームワークでしょうか。

ところで、こちらは新型インフルエンザで大騒動となり各種学校が
休校となりました。私もマスクで外出しました。
そちらは大丈夫だと思いますが、確かるいさんご家族は以前流感で大変だったと記憶しています。
くれぐれも、うがい手洗いで「過保護」にお過ごしくださいね。
●ゆめさんへ

はじめまして。訪問、そしてコメントまでありがとうございます。
緘黙、そして吃音経験者なんですね。
自分自身も経験しているだけに、他人事とは思えないです。

私も、なかなか人に慣れません。ですから、話せる相手は限られてきますし、
その相手が私の知らない誰かと話してると、思い切り孤立してしまう自分がいます。
どんな人ともすぐに仲良く話せてしまう方たちがとてもうらやましいです。。

> 自分は自分だとあきらめてます^_^;

自分自身を受け入れられるってことは、すごいと思いますよ!
私も「自分は自分だから」と受け入れて、堂々としていたなって思います。
ブログ、お持ちなんですね。今度伺いますね^^
Re: 「過保護」でお大事に!
●ゆきんこさんへ

コメントありがとうございます!
子育てに関しては、悩みはつきませんねi-201
よく言えばマイペースな息子なので、いつも私の予想外のことをする事が多く、
なんですんなりいかないかな~と日々悩まされております。
過保護になりたいですね!どうもついつい口出ししてしまいます(苦笑)

> ところで、こちらは新型インフルエンザで大騒動となり各種学校が
> 休校となりました。私もマスクで外出しました。

とうとう新型インフルエンザが国内にも発生してしまいましたねi-240
今朝のニュースで、都内にも感染者が確認されたとかで、ビビっております。
1月に季節性インフルエンザに感染した時、マスクを箱で3箱ぐらい買ったものが
家にまだ在庫があったので、マスクが品切れになる前に買い置きできて良かったなと思ってます。

こちらも学校が休校になるのも時間の問題でしょうね。
新型インフルエンザが弱毒性であるとはいえ、あの頭痛をまた味わうのは避けたいものです。
手洗い・うがいを徹底して、なんとか乗り切りたいものです。
ゆきんこさんも感染しないようにお気を付け下さいね!
●05/19, 14:21 にコメント下さった方へ

こんにちは!またコメントを下さり嬉しいです。

子供の悩みは尽きないですね。
大人にとっては大したこと無いような話でも、子供にとってはとても伝えたいこと
だったりするんでしょうし、なるべく聞く耳を持とうと努力しているところです。

遊ぶ人数でもトラブルが起きやすかったりするんですね。
でも、それはそれで子供の経験に繋がりますし、逆に羨ましい気がします。
うちの子は、未だに1人で遊びに行けないので・・・

私が前向きな記事を書いているのは、前向きになりたいからであって、
今、自分が前向きに考えられてるからじゃないんですよi-201
書きながら自分自身に言い聞かせてる感じです。

マイペースな息子なので、イライラさせられることが多く、いけないとおもいつつ、
怒ってばかりです。わかっているのに、怒ってしまう。
もっと余裕を持って子育てしたいです。
自分自身に余裕がないのがそもそも原因なんでしょうけれど。

お互い、子育てがんばりましょうね!
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon